Home

くるめ-コラム

むすんで、ひらいて!! vol.84

「コロナ禍で育つ子どもの発達に影響は?」

一般財団法人田中教育研究所

幼児心理カウンセラー  野田 鏡子

202105_wakaba.jpg

子どもは、生後7~8か月になると、知っている人と見知らぬ人とを明確に識別し、見知らぬ人を怖がるようになります。生後9か月頃には、まわりの人から感情を読み取ろうとする行動もみられ、1歳位にもなると、信頼出来る相手への親しみや愛情表現もするようになります。

大人の表情・声・行動などから、たくさんの情報を得て子どもは育っていきます。また、乳児期の環境や経験の違いは、感情の発達に大きな影響を与えます。

1~2歳の子どもは、お父さんやお母さんに抱かれ外に出ますが、コロナ禍の今、外を歩いている人は全てマスクをしています。黙って歩いている人は、皆同じ顔に見えるのではないでしょうか。

私も1歳の子どもと一対一で向き合って教育することがあるのですが、笑顔や唇の動きは感情を育てる上でとても大切です。

しかし、マスクをしていると非常に感情が伝わりづらく、特に、言葉の発達の遅い子や自閉傾向のある子どもは難しく感じています。

喜びの感情・悲しみの感情・怒りの感情を目や声で伝えるしか方法がありません。

人の気持ちは、親以外の大人と接して、にこにこ笑いかけたり話しかけたり褒められたりするという経験、つまり、人と接触し人に慣れていくという生活によって理解出来るようになります。

知らない人に声を掛けられ、あやされ笑みかけられることがほとんどない今、お父さん、お母さん、気をつけて子どもの目を見て笑みかけたり話しかけたりしてあげて下さい。出来る限り!

3歳までが豊かに感情が育つ非常に大切な時期です。

香茶店〝香り不思議発見〟 Vol.127

母の日は、母を想う日 !

香star

天地の いずれの神を 祈らばか

愛し母に また言問はむ

天の神、地の神、どの神様に祈ったら

愛しい母と、また話ができるのでしょうか

大伴部麻与佐 万葉集二十巻 4392番歌

千年以上の時を隔てても亡くなった我が母への思慕、年老いた母への悔悟の念、この歌には作者の母親に対する共通の哀惜が綴られています。

言葉にすればなかなか難しい表現も母親が好きだった花や香りを贈ることで気持ちを伝えてみませんか !

天年堂はお母さんへのありがとうの言葉を香りにかえて贈ります。

202105_tennnnenndou2.jpg
ありがとうのお香…880円

文字の出るお線香。3タイプ(香木のかおり、草原の香り、バラの香り)

202105_tennnnenndou1.jpg

心ばかり…1,100円

花の香りのお香(10種各3本入り)

いろんなお花の香りが楽しめます

202105_tennnnenndou3.jpg

掛け香…660円

好きな言葉や贈る言葉を

リクエストしても可・要予約

コーヒー産地を訪ねて…一枚の写真 vol.144

2021年4月 大川店

“喫茶室コロイコ”リニューアルオープン

写真と文 安達  和宏

202105_adati.jpg

今日の一枚は、この4/10にリニューアルした大川店“喫茶室コロイコ”です。ヴィラベルディという南欧風の商業施設の中庭に面した1階にあります。リニューアル以前も2年程カフェを運営しておりましたが、厨房施設の増築も含めゆったりとしたスペースにして寛いで頂ける様に改装しました。コーヒーと共に手作りスイーツやランチもご用意しています。ネーミングのコロイコ=COROICOは、ボリビアの古い町の名前で、私が初めて参加したCOE=カップオブエクセレンスの会場でもありました。尊敬するボリビアのコーヒー生産者でもあるペドロさんが、開拓の進む大地を指さし「ポテンシャル!Potencial!」と、何度も続けた言葉が心に刻まれています。それはコーヒーだけでなく私たちの身の回りにあるモノたちにも掛けられた言葉だと感じました。そして私は大川の「ポテンシャル」を信じて、まずはヴィラベルディをコーヒーで盛り上げて行こうと思っています。小さな小さな力ですが、想いを込めて歩いて行きます。

久留米文学散歩 vol.101

田中吉政公 お慕い申しあげそうろうゆえ 第十五回

おあむ物語 文/江﨑久美子

石田三成の家臣、山田去暦の娘であった老尼が、少女時代に体験した関ヶ原の戦の様子を語った話を筆録して正徳年間に成立させた「おあむ物語」があります。

父山田去暦は、石田三成の配下として大垣城に家族を連れて籠城します。おあむは、徳川家康方から石火矢を討ち込まれる中、母や城内の女性たちと城の天守で鉄砲玉を作り、見方が討ち取った敵将の首に札を付けて並べ置きました。後の恩賞のために位の高い武将に見せようと、おはぐろを付ける作業をしていました。気になる所の文章を拾ってみます。

「毎夜御前0時頃に、誰かわからないが、男女三十人ほどの声で、『田中兵部どの、田中兵部どのぅー』と泣き声がしていました。うとましく恐ろしいことでした」

それをおあむは、訳が分からず幽霊かもしれないと恐れました。

「その後家康様よりの攻撃軍が大勢城へ向かい、戦が夜昼続きました。その寄せ手の大将は、田中兵部殿という人でした。大砲を撃つときは、城の周囲に触れ回っていました。それはどうしてかというと、大砲を撃てば、櫓もゆるゆると動き、地も裂けるかと思うほど、すさましいものでした」

吉政達の軍は攻撃するのに、事前に知らせたというのです。それが本当なら、吉政の心の内が見えるようです。そして、落城という日に、吉政の命で、父親は矢文を受け取ります。

「北の堀脇より梯子をかけ、釣り縄を使って下へ釣り下げました。そのうちたらいに乗って堀を渡りました」

この物語は、吉政は大垣城へは行っていないので、これは佐和山城という説と、佐和山城は、山城で堀が無いので大垣城だという説。大垣城だとすれば、逆に行っていないという証拠もありませんから、三成が捕えられ、吉政が「井口陣所へお連れ申せ」と言い、その足で馬を飛ばせば往復出来る距離なので、救出後に、家康の許へと三成を連れて行ったのかもしれませんね。

新・落語スズメvol.33

『ライブにて』

文/松田 一成

文/松田 一成 福岡に制限が出るちょっと前、コロナ禍になって初めて、マニアックに愛しているロック歌手のライブに出掛けた。親と子ほど年は離れているのだが、愛しているのだから仕方ない。福岡まで来てくれるのだからと、少し緊張して会場に。ロゴスでもブードゥーラウンジでもなく、雑居ビルの貸ホール。入場にスマホのQRコードを読み込ませるところから始まった。扇形に間隔をとって椅子を並べ、要の部分に、白い箱を積み上げた畳2枚分程のステージ。すぐ後ろには、空気の入れ替えの為、カーテンの引かれていない大きな窓から天神の夜景が見える。ロックバンドなのにドラムもベースもないギター一本だけのソロライブ。開催すること自体、非難されることかもしれない、アタシも客の一人として椅子に腰を掛け会場を見回して、コロナ禍に配慮したこの空間に考え込んでしまった。アタシはまだいい、表現者であるアナタはどうなんだと。ロック歌手であるアナタはこんな屈辱的な制限を受けた中、何を伝えたいのかと。結局、開演中、客は一度も大声を上げることなく、一人も椅子から立ち上がることなく、静かに終わった。ただアタシは思い違いをしていました。中途半端なライブになるであろうとする最初の予感は、そのロック歌手の登場とともにすべてが吹き飛んだ。この時間を共有できることの喜びに比べれば、そんな制限なんて苦行でも何でもない。自分の欲求は抑えきれない、自分の思いは伝えたい、でも迷惑はかけられないという客と演者の真摯な思いが、静かなライブだからこそ余計伝わったかもしれないなと。あまりこんな経験はしたくないけど。

追伸 そんななか浅草演芸ホールのお知らせが洒落てます。東京都から「無観客開催」の要請があったことに対し、「『社会生活の維持に必要なものを除く』という文言があり、大衆娯楽である『寄席』は、この『社会生活の維持に必要なもの』に該当するという判断から、4月25日以降も通常通り営業することといたしました」と。エンターテーメント、かくあるべし。

高良川縁起 その4

『筑後の米作りと水車の歴史』

文/高良川 ほとり

さあさあ、先月は水車の話題でございました。当くるめすたいる筒井編集長も大好きな筑後のおさけの歴史に深くかかわる「水車」でもあります。

水車といいましても、その回転力を生かして動力とするものと、水をくみ上げ田畑を潤すためのものとの二種類に大別できます。製粉、精米に使われるものは前者のタイプ、朝倉の三連水車は後者のタイプですな。日本酒の原料といえば米、その米をつくるためにはいかに田んぼに水を引き込むか、くみ上げるか、ということに苦心してきたのであります。水車が普及する前は、川から桶をつかいくみ上げるほかありませんでした。

江戸時代の初期に大阪の方が発明した踏車(とうしゃ・ふみぐるま)という足踏み式の灌漑水車を、三潴郡大莞村(いまの大木町)の猪口万右衛門さんが改良されたそうです。「万右衛車」といいまして、当時の価格は米一石と同じといいますからなかなか高額な機械だったことがうかがえます。この踏車、大川でつくられ、久留米のみならず佐賀など筑後平野一円で活躍していたようです。

筑後平野には森林資源の豊かな八女もありますし、また、玖珠や日田の木材を筏に組んで大川に集積し、木工細工にたけた職人が多数いたという人的資源もありました。こういった背景に支えられて筑後平野の米作りは発展していったのです。

余談ですが幕末に久留米の田中近江、のちのからくり儀右衛門は水車機の改良も手がけました。のちに東芝が我が国初の水車発電機を明治27年に京都の蹴上発電所に納めたのも、なにかのご縁なのかなと思います。

202105_tanaka.jpg

Agri Pop Life

ひきこもりの中から、自分を見つめ直し、

世の中に貢献できる人に。そんな社会活動をしている

「就労支援せんたーまんまる」。利用者成長の物語

就労支援センターまんまるでは、就労支援A型のスタッフに『食改善』プログラムによる体と心の改善に取り組んでいます。

●食改善について

前号で紹介したA・Kさんが体験した「元気っこ」と「50回噛むこと」は食改善へのスタートでした。そして結果としてA・Kさんの体も心も大きく変化しました。なぜそんなに大きな変化が起きたのでしょうか?実は人間の体は食べたもので出来ているのです。体に良い食べ物を食べると心も体も良い状態になります。逆に体に良くない食べ物を摂れば心も体も病気の原因を作り出します。

●『元気っこ』ふりかけについて

元気っこふりかけは、いりこ、焼きあご、昆布などの海産物や農薬不使用のおなか元気農園の人参の葉などを粉末にした天然の微量ミネラルやビタミンが豊富なお手軽ミネラル補給ふりかけです。

長崎県佐世保市で菌ちゃんふぁーむを営む吉田俊道さんは(大地といのちの会理事長)は、地元保育園での食改善の実践例で、元気野菜や、元気っこふりかけを使った食事療法で、2年間で病欠者が激減し園児の年間平均病欠日数が5.4日から0.5〜0.6日になりました。

●元気っこふりかけの愛用者の声です!

「菌ちゃん元気っこは私にはとても美味しいです。魚の匂いも気にならず、何にでもかけています。特にお味噌汁は一味違ってとても美味しく感じられます。実家の両親にも勧めました。特に感じるのは寝付きの良さや朝起きた時、良く寝たなーと気分爽快です。」

「もともと健康なのですが、一昨年、原因がよくわからず、多分、加齢やストレスと言われた病気になりまして、今は落ち着いているのですが、今後も菌ちゃんで心も元気になれればと思います。」

202104_win_01.jpg

[重ね煮]

重ね煮は2つの改善と5つのステップの食改善カリキュラムの一つです。野菜の旨味を最大限に引き出す調理法です。切った野菜を層にして重ね、そこに塩をふり、火にかけ、野菜の水分だけで蒸し煮します。同じ野菜を普通に煮たものと重ね煮したものは、味も見た目も違い、野菜ひとつひとつの旨味が出ていて野菜本来の優しい甘味がします。

202104_win_02.jpg

[重ね煮が美味しくなるコツ]

1.野菜の切り方 大きさを揃える

2.重ねる順番 3.感謝の心

基本:下からきのこ、玉ねぎ、人参(根もの)、野菜が大地からどのように生長していくかに関係する。大地を基準に上に向かって伸びる力の強い野菜ほど下の層に重ねる。

●第3水曜日9時より、ほとめき庵にて

「重ね煮」の講習会開催中。

問)ほとめき庵 TEL.0942-47-4222(担当 四ヶ所)

歯は健康のバロメーター vol.47

〜落合先生のお口のお話し〜

1歳児はじめての歯科健診について

歯磨きを始めるタイミングは?3

おちあい小児歯科医院 院長 落合 聡

前回、前々回と歯が萌出する前は指で、下の前歯が萌出したらガーゼ・脱脂綿で、段階を踏んで口の中の手入れをすることをお話してきましたが、1歳前後、上の前歯が萌出したら普通の形の歯ブラシで磨く時期となります。上の前歯は下の前歯と違って、大変虫歯になりやすい!それまで指、ガーゼあるいは脱脂綿での手入れをお勧めしてきましたが、実際に歯についた虫歯の原因となる汚れ(歯垢)は歯ブラシでないと除去することはできません。ところが上の前歯の周囲は大変敏感な部分で、多くの子どもたちが歯ブラシの感触を好まない、これが歯磨き嫌いになる大きな原因です。

ただ、今まで指のマッサージやガーゼ・脱脂綿での手入れをしてきていれば、ある程度の刺激には慣れていますので、歯ブラシの当て方に気を付ければ、スムーズに歯ブラシを受け入れてくれます。

まず最初は、1本磨き用の歯ブラシを使って、毛先が歯と歯肉の境目に当たるように磨くことから始めましょう。1本磨き用の歯ブラシの毛先が歯と歯肉の境目に当たる、という感触を大体把握できたら、いよいよ普通の形の歯ブラシを使います。歯ブラシは仕上げ磨き用で、ブラシの毛の高さが短いものの方が毛にコシがあり磨きやすいです。その歯ブラシの毛先の角の部分(ヘリの部分)を1本磨き用の歯ブラシの毛先だと思って、歯と歯肉の境目に当てて2本ずつ磨くつもりで横に動かします。その際、歯ブラシは歯の真上からではなく、少し斜め上から当てると、毛先が歯と歯肉の境目に当たっていることが目に見えて確認できますから、歯ブラシは歯に対して斜め上から当ててみて下さい。文章でお伝えすると複雑なようですが、実際にやってみると難しいことではありません。歯と歯肉の境目に歯ブラシの毛先を当てる、というつもりで磨いてみて下さい。

むすんで、ひらいて!! vol.83

「頭の良い・悪いの違いは幼児期の体験が影響している」

一般財団法人田中教育研究所

幼児心理カウンセラー  野田 鏡子
2021_wakaba_04.jpg

心理学では、知能とは「生まれながらの能力」、学力は「学習によって身に付く知識、能力」と定義されています。そして、知性は生まれながらの能力(知能)に経験で得られた能力が加わったものであるという考え方があります。では、知性はどのように育つのでしょう。それは、幼児期におけるさまざまな遊びの体験です。

脳生理学者研究者の澤口俊之氏は、『幼児教育と脳』の中で「楽しくない、つまらないこと、ドーパミンが分泌されない状態は、知性を育てるのに有効ではない」と述べています。

子どもの学びは全て遊びからの経験によって身に付いてきます。そして、楽しくなにかに取り組むことで、ものごとに対して熱心に取り組む意欲、実践する集中力も育っていきます。

知性=

知能+経験で得た能力+意欲

知的障害と診断された子も、実はこの経験が不足していたということもあります。

私のところにも、就学時検査で知的障害の特別支援学級をすすめられ相談に来られる方が毎年いらっしゃいます。再度、個別式発達診断をしますと、発達しそびれている部分が明確に見えてきますので、障害というよりも発達しそびれているという方が正しいのではないかと思うことがよくあります。

また、幼児の場合は、その日の気分や場の雰囲気によって答えられない場合もあり、一度の検査で障害と判断するのは危険です。支援級に行った方が良いか普通級が良いかじっくり検討する必要があります。

大人にとっては簡単なことでも、発達途上の子どもにはできないことがたくさんあります。少し工夫した楽しい経験を与えてあげるよう日々の生活の中で気をつけて育てられると良いと思います。

コーヒー産地を訪ねて…一枚の写真 vol.143

“2021年 ボリビア オファーカッピング”

写真と文 安達  和宏
202104_adati_01.jpg
今日の一枚は、2021年 ボリビアのオファーサンプル(買い付けサンプル)カッピングの模様です。残念ながらボリビア現地ではなく大川店内ではありますが、場所変われど気を引き締めて挑みます。買い付けに関してはコロナの影響が無い時も現地でのカッピングとは別に日本に送られてくるサンプルを評価し、合わせて買い付けロットを決める事も多々あります。例年よりも遅れてきた30数個のサンプルで、評価はとても高く全部買い付けたい位でしたが、ここはグッと堪えてシビアに絞り込みます。中には90点以上のロットもありましたので、今から入荷が楽しみ。皆様にも早くご紹介したいですね!

Home

Search
Feeds
Meta

Return to page top