Home > ラーメン今昔物語 > ~映画「ラーメン侍」ついに公開~ラーメン今昔物語146

~映画「ラーメン侍」ついに公開~ラーメン今昔物語146

ラーメン屋の香月均

 久留米のまちと屋台を舞台にした本格ラーメンムービー「ラーメン侍」が、ついに今月二十二日に(久留米はTジョイ)公開されます。そこで読者の皆様にだけ、この映画の見どころを「こそ~っと教えちゃあたい」
 見どころその一、渡辺大君扮する主人公・光(父・昇との二役)の麺上げシーン。これは一切「手タレ」を使わず、本人がやっています。実は大君、クランクイン前に横浜の大砲ラーメン・ラー博店で一ケ月修行をしたのです。さすが大君、そのわずかな期間に麺上げの技術を見事に習得しました(僕よりうまいかも?)。
 見どころその二、大御所・津川雅彦さん扮するヤクザの親分の家で、ヒロイン・嘉子役の山口紗弥加ちゃんが夫・昇の命乞いをするシーン。脚本では、ただただ泣き落としの命乞いをするということでしたが、本番直前、紗弥加ちゃんが「それだけでは面白くないので、途中から開き直っていいですか?セリフはアドリブでやります」と。監督の了解を得て、さあ本番、それは凄かった。「さあ殺せ!アタシゃあ死んだちゃよかとです。ホラ早よう鉄砲でここば撃ちんしゃい!ほら!・・・・」福岡出身の女優ならではの素晴らしいアドリブが延々と続きます。そこで津川さんが頃合いを見計らって大声で制します。「もうヨカヨカ!しぇからしか!もう帰って、その酒も昇にのませりゃあよか!」・・・これは名シーンです。
 見どころその三、日本全国の有名ラーメン店主たちが随所に出演します。有名処では西の横綱と言うべき「一風堂」の河原成美さん、この人は一風ラーメン店主という役で、爆笑シーンを見事にこなしてくれました。一方、東の横綱は「支那そばや」の佐野実さん。役はデザイン事務所の部長で、セリフは「いい加減にしろ!お前ら!」この一言を大声で怒鳴るだけ。まさにハマり役でした。そのほかにも「ちばき屋」の千葉さんや「くじら軒」の田村さん、「なんつっ亭」の古屋クン、その他、総勢十四名のラーメン店主さんに出演していただきました(感謝!)。映画ファンのみならず、ラーメンフリークにとっても垂涎の映画でもあるのです。
 ほかにも数々の見どころや、撮影ウラ話など盛り沢山なのですが、それはまたの機会ということで。それでは読者の皆さん、十月二十二日、Tジョイ久留米に大集合、ヨロシク。
           (2011年10月)~バックナンバー taiho.net~

Comments:0

Comment Form
Remember personal info

Trackbacks:0

Trackback URL for this entry
https://kurumestyle.com/wp/wp-trackback.php?p=892
Listed below are links to weblogs that reference
~映画「ラーメン侍」ついに公開~ラーメン今昔物語146 from くるめ-コラム

Home > ラーメン今昔物語 > ~映画「ラーメン侍」ついに公開~ラーメン今昔物語146

Search
Feeds
Meta

Return to page top