Home > 現場の男の長めのつぶやき > 現場の男の長めのつぶやき vol.7バランスシートで見直す住宅ローン

現場の男の長めのつぶやき vol.7バランスシートで見直す住宅ローン

樋口 正明
ファイナンシャルプランナー

 現在のあなたに合った住宅ローンかそうでないかを考える際、ご自身の資産と負債を「バランスシート」に当てはめてみましょう。バランスシートとは、企業会計でいう「貸借対照表」のこと。「ある一定時点の資産や負債の残高がどれくらいあるか?」を示したものです。この考えかたを利用して、家計の全体を見渡してみましょう。
 住宅ローンの残高が家計の中でどれだけのウェイトを占め、月々の返済がどれだけ収入や支出に影響を及ぼしているのか。そしてこれらがご自身のライフプランとどう関連しているのかということを考えるのに、バランスシートの発想はとても役に立ちます。
 住宅ローンの場合、金利が1%違うだけで返済額や返済期間などに大きな影響を与えます。しかし返済計画は過去に作られたものですから、現在のあなたに合っていない部分をいくつか発見するかもしれません。たとえば「年収が上がって生活に余裕ができたのに、余ったお金は普通預金に眠ったまま」だとか、「ローンを組んだときのタイミングが悪くて現在の低金利のメリットを得られない」など。「何とかならないかな」と思ったら、金利タイプの変更や繰り上げ返済などに対応しているかを確認してみましょう。
 今借りている住宅ローンの仕組みがあまり柔軟でない場合、別の住宅ローンに借り換えるというのもひとつの手段です。返済計画の見直しやメンテナンスの自由度は返済額や返済期間に大きな影響を与えることから、借り換えは解決策として検討に値する選択肢でしょう。
 借り換え先となる住宅ローンを選ぶ際のポイントは、繰り上げ返済や金利タイプの変更など返済計画は自由に見直せるか、繰り上げ返済手数料など、返済計画の見直しにどのくらいコストがかかるのか、金利はどのように適用され、見直されているのか、借り換えの手続きにどのくらい手間と時間がかかるのか、といった点です。
 バランスシートの発想でいえば、借り換えはまさに「負債を入れ換えること」。高金利のときにローンを組んだ人にメリットがあると思われがちですが、返済期間の途中で金利が上がったり、返済額が増額となる人にも関係があります。タイミングを見ながら上手に利用したいものです。

Comments:0

Comment Form
Remember personal info

Trackbacks:0

Trackback URL for this entry
https://kurumestyle.com/wp/wp-trackback.php?p=701
Listed below are links to weblogs that reference
現場の男の長めのつぶやき vol.7バランスシートで見直す住宅ローン from くるめ-コラム

Home > 現場の男の長めのつぶやき > 現場の男の長めのつぶやき vol.7バランスシートで見直す住宅ローン

Search
Feeds
Meta

Return to page top