Home > 現場の男の長めのつぶやき > 現場の男の長めのつぶやき vol.2『無視できない、介護保険以外にかかる費用!』

現場の男の長めのつぶやき vol.2『無視できない、介護保険以外にかかる費用!』

ファイナンシャルプランナー
樋口 正明

前回に続き、今回は具体的にいくらぐらいかかるのか「介護保険以外にかかる費用」についてみていきたいと思います。「要介護度」とは身体の状況のことで、要支援1が最も軽度で、要介護5が重度となります。要介護度により1ヶ月の利用限度額が決められており、要介護2の場合は194,800円になります。私たちの自己負担は1割なので、ぎりぎり限度額まで利用した場合は19,480円になります。なお、利用限度額を超えた部分については全額(10割)自己負担になるので、注意が必要です。
 しかし、介護にかかるお金はこれだけでは済みません。「衣類・寝具」「排泄介助に必要なおむつ」「介護用品」「医療費や通院交通費」「介護・福祉サービス」など、介護保険対象外のサービスについては、すべて全額自己負担しなければなりません。家計経済研究所の「介護保険導入後の介護費用と家計」によると、介護保険以外でかかる月額の費用は、要介護2の方で48,731円とういうデータがあります。では、これらのデータをもとに1ヶ月にかかる介護費用について計算すると、1ヶ月の介護にかかる費用の総額は、要介護2の場合で約7万円かかることが分かります。介護状態になると長くて10年くらいかかることを考慮して、介護にかかる総費用を計算すると、
  月額7万円×12ヶ月×10年間=840万円
とかなりの金額になってしまいます。この計算例は、あくまで要介護2の方の場合です。その後、重度化することを考えると、介護費用として総額1,000万円位はかかることになります。
 さらに追い討ちをかけるのが、介護保険の自己負担割合が現状の1割から2割にアップする話(日本経済新聞2006.5.16の記事より)がでていることです。もしそうなった場合、軽く1,000万円をオーバーしてしまいます。「こんなにお金がかかるのか…」と暗くなってしまいますが、お金がないと十分な介護を受けられないというのは、いまの現実でもあるのです。

Comments:0

Comment Form
Remember personal info

Trackbacks:0

Trackback URL for this entry
https://kurumestyle.com/wp/wp-trackback.php?p=535
Listed below are links to weblogs that reference
現場の男の長めのつぶやき vol.2『無視できない、介護保険以外にかかる費用!』 from くるめ-コラム

Home > 現場の男の長めのつぶやき > 現場の男の長めのつぶやき vol.2『無視できない、介護保険以外にかかる費用!』

Search
Feeds
Meta

Return to page top