Home > B級グルメ | 「美級久留米天国」 > B級グルメの聖地くるめ 「“コナモン”の日」

B級グルメの聖地くるめ 「“コナモン”の日」

 豆津橋 渡
website  http://b-g-q.net/     e-mail  info@b-g-q.net

b-kyuu5.jpg5月7日は〈コナモン〉の日です。『たこ焼き、お好み焼き、うどん、そば、パンもパスタも餃子、肉まん、団子汁も・・・。小麦粉だけでなく、米粉、とうもろこし粉、豆粉・・・。さまざまな粉をベースにつくられた食べ物は、すべて「コナモン」です。』として活動している「日本コナモン協会」という団体があります。この協会ができたのは、「宇宙でただひとりのタコヤキスト」を自称し、たこ焼き研究で知られる大阪在住の生活文化研究家・熊谷真菜さんのところにきた「たこやきの町大阪になぜたこ焼き博物館がないのでしょうか?」というメールがきっかけ。そこで熊谷さんはたこ焼きだけではなく、関西ではお好み焼きやうどんも〈コナモン〉と呼ばれるコナモンの味わいを多くの人と共有したいと2003年5月7日に設立。以来、「コナモンの認知と普及」「5月7日はコナモンの日(日本記念日協会認定)」の認知などを目的として、『偉大なるコナモン』の魅力を〈オモシロまじめ〉に考える民間道楽団体として活動を続けています。
 道楽団体といっても、その内容はアカデミックなものからお祭りまで様々。理事には作家の難波利三さん、民族学者の石毛直道さんなど多くの著名人が名を連ね、「日本全国コナモンまつり」や「高校生創作コナモンバトル」を開催するなど、コナモンの本場である大阪から全国にその魅力を広く発信しています。
 話は変わりますが、昨年秋、「喜多方ラーメン」で有名な福島県喜多方市へ行く機会があり、もちろん有名な「坂内食堂」ほか数件のラーメン店をハシゴしてきたのですが、そこで驚いたのはその本場の「麺」の美味しさ。以前に東京や他の地域で「喜多方ラーメン」の看板を出しているお店で食べたときは、それほどの印象はなかったのですが、本場のモノは感動の旨さでした。材料の小麦はもちろん、水や温度などの環境、歴史など、その土地でしか出せない・生まれない「味」。改めて本物は本場でしか味わえないことを実感しました。
 さて、福岡県ではラーメン用に開発した
「ラー麦」や、米粉の普及に力を入れています。みなさん、5月7日は、ラーメンやうどん、米粉パンなどのコナモンをいただいて、筑後のコナモン文化を再確認してみてはいかがでしょうか?

Comments:0

Comment Form
Remember personal info

Trackbacks:0

Trackback URL for this entry
https://kurumestyle.com/wp/wp-trackback.php?p=368
Listed below are links to weblogs that reference
B級グルメの聖地くるめ 「“コナモン”の日」 from くるめ-コラム

Home > B級グルメ | 「美級久留米天国」 > B級グルメの聖地くるめ 「“コナモン”の日」

Search
Feeds
Meta

Return to page top