Home > B級グルメ | 「美級久留米天国」 > B級グルメの聖地くるめ 「豚骨カルビ会(仮)結成!」 

B級グルメの聖地くるめ 「豚骨カルビ会(仮)結成!」 

B級グルメの聖地久留米
研究所所長

豆津橋 渡

website http://b-g-q.net/  e-mail info@b-kurume.com
 みなさんは「骨付きカルビ」というとどんなものを想像しますか?
 一般にカルビというと、韓国語で「アバラ骨の間の肉」のことで、赤身ではあるが細かく入った脂肪分が多いため、全体としては柔らかく旨身に富み、端に骨をつけた状態で切り開いて、焼肉料理のなかでも高級な食材にあたります。また、屋外バーベキューなどでよく使われる、アバラ骨が連なったままで骨に直角にスライスした形もあります。どちらももちろん素材は「牛肉」。
 しかーしであります!このコラムをご覧の方々の中には「骨付きカルビといえば豚だろっ!」といわれる方も少なくないでしょう。牛バラ肉を「ソガルビ」というのにに対して、豚カルビは「デジカルビ」と言われ、焼き肉の本場韓国でも人気の素材です。
 実は私、この「豚の骨付きカルビ」が大好物。若い頃ですが、某六ツ門町の有名店にほとんど毎日通っていた時期があったほど。先日、10日間ほど旅に出ることがあったのですが、帰ってきて真っ先に向かったのがこの店。その旅先がソバやラーメン、魚介類が美味しいところだったので肉類をあまり食べなかった、ってこともありますが、この独特の甘辛い味付けの炭火で焼いた豚の骨付きカルビをガブリッとほおばった瞬間、一気に幸せな気分に。あぁ、私にとってこれも故郷の味の一つなんだ…って実感しました。
 そういえば、ここ数年でこの「豚の骨付きカルビ」を提供する店が増えましたよね。私が知る限りでも10軒ほどあるので、実際はもっと多いでしょう。最近
「肉食系女子」という言葉をよく耳にしますが、たしかに先述の有名店でも若い女性だけのグループが「焼酎にレバ刺しとカルビ」にガッツリかぶりついている場面によく出くわします。もはやこれは「久留米の食文化の一つ」と言ってもいいのではないでしょうか?
 と、いうことで突然ではありますが
「豚骨カルビ会(仮)」を結成いたします!!本来は「豚の骨付きカルビ」ですが、より久留米っぽくひと言で「豚骨(とんこつ)カルビ」と勝手に決めちゃいました。そしてさっそく第1回の会合を開きます。興味のある方は左記のところへファクスかメールでお問合せください。改めてご連絡いたします。
 この不景気の世の中を「豚骨カルビ」でガツン!と行きましょう!特に草食系男子、来たれ!!

●豚骨カルビ会(仮) 第1回密会
平成21年1月15日(金)19時~
場所は人数次第。

問い  FAX 0942・30・9917
Eメールinfo@b-g-q.net

Comments:0

Comment Form
Remember personal info

Trackbacks:0

Trackback URL for this entry
https://kurumestyle.com/wp/wp-trackback.php?p=302
Listed below are links to weblogs that reference
B級グルメの聖地くるめ 「豚骨カルビ会(仮)結成!」  from くるめ-コラム

Home > B級グルメ | 「美級久留米天国」 > B級グルメの聖地くるめ 「豚骨カルビ会(仮)結成!」 

Search
Feeds
Meta

Return to page top