Home > むすんで、ひらいて!! > むすんで、ひらいて!! vol.96

むすんで、ひらいて!! vol.96

「楽しく遊びながらの教育」202205-wakaba.jpg

一般財団法人田中教育研究所

幼児心理カウンセラー特別認定 第107001号

西日本わかばスクール  野田鏡子

チャイルド・リサーチ・ネット(CRN)インターネット上の「子ども学」研究所というものがあります。

保育・幼児教育、アジアの子ども達のより良い成育のために各国の多分野の専門家、実践者、保護者を一堂に会し、様々な立場から子どもを取り巻く諸問題について議論することで、解決の糸口を探っていきたい。という想いで発足されました。

名誉理事長に小林登氏(医学博士、東京大学名誉教授)、理事長に榊原洋一氏(医学博士、お茶の水女子大学名誉教授)。私も昔から学ばせていただいている方々です。

今回は、その榊原氏の講演『遊びと学びの子ども学』の内容から『Playful Pedagogy(楽しく遊びながら教育)』についてお伝えしたいと思います。

脳科学の研究では、子どもの成長は、子どもが抱く感情に大きく左右される可能性があることを示唆しています。楽しさや喜びなどのポジティブな感情を多く感じる環境にある子どもほど、発達が早く、学習内容を身につけやすい傾向が見られるようです。そのため、たとえ多くのことを学べるような遊びを保護者が用意したとしても、子どもの感情が考慮されなければ有効ではありません。逆に、自由に遊ばせれば、子どもは楽しさを感じるに違いありませんが、保護者が関わらないため、遊びが必ずしも学びに結び付くとは限りません。

遊びながら教育することを実現するための方法として榊原氏は【ガイドされた遊び】というものを紹介されています。

これは、幼児教育の方法を「直接教示(大人の指導に子どもが従う)」と「自由遊び」の2つに大別した時、この2つの中間に位置付けられる教育法です。子どもの主体性を尊重しながら保育者が自ら環境を整え、子どもが自然に持っている好奇心や探求心を刺激するよう目的を設定し、遊具(教材なども)を選び与える、ことを重視します。保護者は子どもの学ぶ環境を整えつつ、あくまでも子どもが主体的に参加し、活用できるよう促すことに務めます。

少し難しい表現ですが子どもにとって遊びは学びです。しかし、ただ、自由に遊ばせるだけでなく、何か目的を持って導くことが大切です。

夢中になって遊んでいる時、子どもはワクワク、ドキドキし楽しんでいます。そこに知恵が育ち、知識を吸収していき幅広い視野が育まれます。

子どもが何か興味を持ったら、一緒に調べたり教えたりして楽しみながら導いてあげてください。きっと好奇心のある素敵な子に育ちますよ。

Comments:0

Comment Form
Remember personal info

Trackbacks:0

Trackback URL for this entry
https://kurumestyle.com/wp/wp-trackback.php?p=2341
Listed below are links to weblogs that reference
むすんで、ひらいて!! vol.96 from くるめ-コラム

Home > むすんで、ひらいて!! > むすんで、ひらいて!! vol.96

Search
Feeds
Meta

Return to page top