Home > くるすたコラム | ナイスシニアになろう > ナイスシニアになろう!vol.75「すずめの子育て」

ナイスシニアになろう!vol.75「すずめの子育て」

ナイスシニアになろう!vol.75
「すずめの子育て」

特別医療法人 理事 吉永 美佐子
久留米市日吉町115
電話:0942-35-2725/FAX:0942-31-1318

昨年10月に亡くなった父が、最期まで好きだった庭で今年もすずめたちが子育てをしています。残飯や古くなったパンなどをえさ台替わりの石灯籠の上においているのですが、沢山の種類の鳥たちでにぎわう冬場と違って、春・夏はカラスと鳩とすずめだけになります。カラスも子育て中、父と母のつがいが忙しげにえさを運んでいると思いきや、一回り小さい、羽が不ぞろいの子ガラスがついてくるようになります。一方すずめは、はじめは10羽ほどの群れだったのがいつのまにか30羽ほどに!よく見ていると中にまだ色合いの薄い、目の周りの黒いしるしのない子すずめが混じっています。羽をぷるぷるふるわせながらえさをねだる子すずめが口をあけておねだりをすると、親鳥達はだれかれかまわずえさを与えます。集団子育てです。この時期になると、はるかに親鳥よりコロンと太っている子すずめがいまだにえさをねだっているのを見て、思わず「自分で食べなさい」と言いたくなります。群れで大切に子どもを育てている姿を見ると、私たち人間が忘れている、大人がみんなで次の世代を守り育てる姿がそこにある気がして、はっとさせられます。

Comments:0

Comment Form
Remember personal info

Trackbacks:0

Trackback URL for this entry
https://kurumestyle.com/wp/wp-trackback.php?p=233
Listed below are links to weblogs that reference
ナイスシニアになろう!vol.75「すずめの子育て」 from くるめ-コラム

Home > くるすたコラム | ナイスシニアになろう > ナイスシニアになろう!vol.75「すずめの子育て」

Search
Feeds
Meta

Return to page top