Home > 新・落語スズメ > 新・落語スズメvol.39

新・落語スズメvol.39

『落語と蕎麦の会』

文/松田 一成

しばらく休止していた会が、コロナの間隙を縫っての再開。小躍りで福岡市天神の真ん真ん中、大名2丁目にある『松楠居(しょうなんきょ)』さんを訪れた。これはもう、見事なロケーション。天神西通りをすぐ脇に入って、まあ、こんなところに、こんな建物が。戦災を逃れた昭和11年に建てられた木造建築の民家、一階に蕎麦屋、二階のイベントホールが今回の会場。イベントホールと言っても立派な畳敷きのお座敷で定員20名。程なく予約で満席になった模様。上方3人会、本日のトリ(主任)は愛を語るジャイアンこと桂梅團治師。お弟子さんの小梅(実子)さんと、食虫植物栽培が趣味の森乃石松師を連れての、令和元年度文化庁芸術祭賞(大衆芸能部門)優秀賞受賞記念凱旋落語会。夜7時開演、天気予報になかった大雨とともに雷まで鳴り出し、波乱の番組となりましたが、小梅さんの達者ぶり(おごろもち盗人)と石松師の不思議なフラ(兵庫船)からつながれた梅團治師、登場人物全員善人『井戸の茶碗』を見事な刈込ぶりで粋筋なお客様方を満足させての軽めの終演。これには理由がございます。この後、一階のお蕎麦屋さんに居残。さすがに、一堂を会してというわけにはいきませんでしたが、個々テーブルが用意され、作り込んだお弁当と、もちろん蕎麦湯も、上品なせいろ蕎麦にお銚子一本。頗る贅沢に、耳も口も幸せな一時を過ごさせていただきました。まあ、欲を言えばお銚子もう一本、いやもう二本。もう少し世の中が戻るまで我慢して待ってましょうね。

追伸 浪曲、浪花節の会やります。11月27日午後2時より久留米シティプラザCボックス。出演、玉川奈々福。曲師、沢村美舟。

前売り3,500円、当日4,000円。

久留米で落語の会090(2511)5371松田。

ポスターチラシのデザインは佐賀出身の現代美術家、塚本猪一郎氏。

202111-poster.jpg

Comments:0

Comment Form
Remember personal info

Trackbacks:0

Trackback URL for this entry
https://kurumestyle.com/wp/wp-trackback.php?p=2252
Listed below are links to weblogs that reference
新・落語スズメvol.39 from くるめ-コラム

Home > 新・落語スズメ > 新・落語スズメvol.39

Search
Feeds
Meta

Return to page top