Home > 久留米文学散歩 > 久留米文学散歩 vol.105

久留米文学散歩 vol.105

田中吉政公 お慕い申しあげそうろうゆえ 第十九回

田中吉次の行方  その三 文/江﨑久美子

田中吉次の行方  その三 文/江﨑久美子  叡山松禅院文書という文書を研究された、稲本紀昭氏の論文紹介を見ていたら、その中に一通だけ各田中文書では見たことのない田中吉次書状がありました。それを見ると、

… 尚々、委細之儀ハ、唯心院様へ御尋可被成候、可相渡之由 被仰候間、銀子相渡申候、然共、御算用ハ未無之候、先度々、御用之砌、進上申候キ、来廿三日、大阪へ御越候段、御大儀と奉存候、拪御用儀候者、可被仰付候、尤 宗繁□御報可被申上候へ供、他行 被仕候条、拙子□ 如此候、恐惶敬白 十月廿日 田中五郎右吉次(花印) 横川別当代御房様尊報

年代が不明ですが、出てくる名前が、唯心院、田中五郎右衛門吉次、横川別当です。吉次の家系は家系図に五郎左衛門を名乗るので、ひょっとしたら左の書き写し違いではないかと思いますし、田中家文書にもそう名乗った文書が一通あります。

次は唯心院ですが、日野輝資(一五五五―一六二三)でしょう。権大納言だった彼は、一六〇七年に出家して唯心院を号します。江戸や駿府において家康、秀忠に仕え、側近の僧として以心崇伝や天海につぐ地位にあり、禁中並公家諸法度の編纂にも加わり、その正本は彼によるものと言われています。この頃の横川別当は、蒲生氏郷の息子の玄俊で、慶長十七(一六一二)年十二月十二日に亡くなりました。

吉次の没年は、元和三(一六一七)年なので、唯心院が名乗った一六〇七年から、玄俊が亡くなった慶長十七(一六一二)年の前までに書かれた文書になります。

その頃の田中家の環境はどうだったでしょう。慶長十四(一六〇九)年二月に、吉政が亡くなり忠政があとを継ぎ、八月には岡部長盛の堤台城の取り払いのお役を吉次が受けます。徳川家側近の唯心院と玄俊の間で取り交わした内容…。

やはり、吉次は、江戸で徳川家の親類と同じ扱いの身分で、江戸でお役を頂いていたとしか思えませんが、皆さんは、どう思われますか?           ーつづくー

Comments:0

Comment Form
Remember personal info

Trackbacks:0

Trackback URL for this entry
https://kurumestyle.com/wp/wp-trackback.php?p=2224
Listed below are links to weblogs that reference
久留米文学散歩 vol.105 from くるめ-コラム

Home > 久留米文学散歩 > 久留米文学散歩 vol.105

Search
Feeds
Meta

Return to page top