Home > 歯は健康のバロメーター > 歯は健康のバロメーター vol.52 〜落合先生のお口のお話し〜

歯は健康のバロメーター vol.52 〜落合先生のお口のお話し〜

1歳児はじめての歯科健診
上顎のへこみ、吸啜窩(きゅうせつか)について
おちあい小児歯科医院 院長 落合 聡

今回は上顎のかたちの特徴、吸啜窩についてお話しましょう。

上顎の天井に当たる部分、口蓋(こうがい)とよばれる部分は、大人になるとなだらかなカーブを描いたドーム状の形態になっていますが、赤ちゃんの頃には中央に大きなくぼみがみられます。これを吸啜窩(きゅうせつか)といいます。赤ちゃんの頃は、お母さんの乳首や哺乳瓶の乳首がこのくぼみにうまくおさまって、スムースに授乳ができるという、この時期には大きな意味のある形態の特徴になります。そして、赤ちゃんがだんだん成長するにしたがって上顎も大きくなってくるので、普通の食事をする頃になってくると相対的にこのくぼみは浅くなり、1歳を過ぎるころからだんだん目立たない状態になり、やがてほとんど大人と同じようなスムースな形態になっていきます。

しかしながら、こどもによってはこの形態が長く保たれて、3歳頃になっても吸啜窩がみられることがあります。歯が萌出してくると、このくぼみがとても深く見えることから、口蓋のかたちに問題があるのか?と心配になりますが、大丈夫です。普通に食事をしたりお話をしたりして成長していくと、いずれはこのくぼみが目立たなくなっていきます。

つまり吸啜窩は形態の異常ではなく、赤ちゃんの時の口の中のかたちの特徴ですので、少々この形態が長くみられても問題はありません。

離乳食の時期に、このくぼみに食物が残って取れにくい、ということが生じるかもしれません。食物があまりにも長い時間、吸啜窩にとどまってしまうような場合には、スポンジブラシなどを使って除去してあげるといいでしょう。でも、それを自分の舌でうまく取り除くことができるようになるのも自然の舌の動かし方のトレーニングです。様子をみてあげてください。

赤ちゃんの吸啜窩▼
202109ochiai01.jpg

一般的な3歳児の口蓋▼
202109ochiai02.jpg

3歳児にみられる吸啜窩▼
202109ochiai03.jpg

Comments:0

Comment Form
Remember personal info

Trackbacks:0

Trackback URL for this entry
https://kurumestyle.com/wp/wp-trackback.php?p=2216
Listed below are links to weblogs that reference
歯は健康のバロメーター vol.52 〜落合先生のお口のお話し〜 from くるめ-コラム

Home > 歯は健康のバロメーター > 歯は健康のバロメーター vol.52 〜落合先生のお口のお話し〜

Search
Feeds
Meta

Return to page top