Home > むすんで、ひらいて!! > むすんで、ひらいて!! vol.86

むすんで、ひらいて!! vol.86

「子どもの発達障害誤診の危機」wakaba13.jpg

一般財団法人田中教育研究所

幼児心理カウンセラー特別認定 第107001号 野田 鏡子

30年程前、私は初めてダウン症の子の指導にあたりました。当時、教室に通っていた生徒の弟さんで、最初は、専門的な知識も少ないこともありお断りしたのですが、お母様から「先生、この子も子どもです。普通の子と同じように教育してほしい。」と言われ、「ハッ!!」としたのを今でも覚えています。

それが、障害のある子どもの教育の始まりで、その後、ありとあらゆる障害のある子どもを見てきました。

今回は、私が教育・指導の参考にしている榊原洋一先生の「子どもの発達障害誤診の危機」という本をご紹介したいと思います。

榊原先生は、発達障害研究の第一人者で、お茶の水女子大学名誉教授・小児科医師・医学博士です。子どもの発達に関する本を数多く出版されており、私も20年以上前から学んできました。

発達障害には、注意欠陥多動性障害、自閉症スペクトラム障害、学習障害がありますが、教育をしていく中で、発達障害とは言いきれない子どもまでも障害名が付けられているようで納得がいかないことが度々ありました。

しかし、どんな障害でも教育指導で大きく変わり成長するということを榊原先生は言われており、私自身も経験からそのことを実感していただけに、今回の本で間違いではなかったと確信をしました。この本を始めて読んだ時、涙が止まりませんでした。

子どもを持つ親、幼児教育者、子どもと関わる方々は、是非、読んでいただきたいと思います。

榊原先生のブログ(何か変だよ、日本の発達障害の医療。等々)もかなり詳しく書かれています。参考にされてみてください。

Comments:0

Comment Form
Remember personal info

Trackbacks:0

Trackback URL for this entry
https://kurumestyle.com/wp/wp-trackback.php?p=2199
Listed below are links to weblogs that reference
むすんで、ひらいて!! vol.86 from くるめ-コラム

Home > むすんで、ひらいて!! > むすんで、ひらいて!! vol.86

Search
Feeds
Meta

Return to page top