Home > コーヒー産地を訪ね > コーヒー産地を訪ねて…一枚の写真 vol.146

コーヒー産地を訪ねて…一枚の写真 vol.146

“2015年 ボリビア カラナヴィ”adachi8.jpg

写真と文 安達  和宏

2015年ボリビア カラナヴィでの一コマです。ドン・カルロスさんなどの農園を訪問の途中、周辺の山々を見渡せる高台の四阿で、エキスポーターのペドロさんダニエラさん親子から手作りのランチでおもてなしを受けます。新鮮な野菜はその味も濃厚でフルーツはとても甘く、素材そのものの風味を楽しむ事が出来きます。それは雄大なこの大地の恵みであると考えると、我々が買い付けるコーヒー豆もこの恩恵を存分に受けていることを実感します。遠く離れた地球の裏側、人々が情熱を傾け幾つもの障害を跳ね除けて辿り着いた境地がそこには在りました。そして、ペドロさんのあの言葉がまた思い浮かんできます… Potencial! Potencial!

Comments:0

Comment Form
Remember personal info

Trackbacks:0

Trackback URL for this entry
https://kurumestyle.com/wp/wp-trackback.php?p=2197
Listed below are links to weblogs that reference
コーヒー産地を訪ねて…一枚の写真 vol.146 from くるめ-コラム

Home > コーヒー産地を訪ね > コーヒー産地を訪ねて…一枚の写真 vol.146

Search
Feeds
Meta

Return to page top