Home > Agri Pop Life > Agri Pop Life

Agri Pop Life

ひきこもりの中から、自分を見つめ直し、

社会に貢献できる人に。そんな活動をしている

「就労支援せんたーまんまる」。利用者成長の物語 その7

●生ごみが野菜の、人の、元気を作り出す。

ひきこもりから食改善や思考学習、一人一人に合わせたステップアップにより就労支援を通して社会復帰に取組む「就労支援せんたーまんまる」では、食改善の基本的な考え方を実体験として学ぶために「おなか元氣農園」での農作業にチャレンジする機会を設けています。

「おなか元氣農園」は飲食店から出る調理くずや、筑後川沿いの堤防の草など一般的に邪魔なもの、無価値だと言われるものを生かし、土中の発酵系の菌ちゃんを増やす土作りをすることで、昔ながらの栄養価の高い旬の野菜を育てています。

●生ごみリサイクルを通して

おなか元氣ぐるーぷの代表白仁田裕二は久留米市の環境部との協働事業で菌ちゃん先生として市内の小学校・保育園での生ゴミリサイクル土作りの授業にも取り組んでいます。その授業では生ごみから昔ながらの生命力・栄養価が高い元気野菜を育てると同時に、『命』について考えることも内容に盛り込んでいます。

菌ちゃんの命、お野菜の命、自分の命、自分を支えてくれている自分以外の命を感じ、「おかげさまで」と感謝できる心を育むことを、土作り、野菜作りの体験を通して学んでいただく、そんな取り組みでもあります。

最初は「生ごみ汚~い」と言う方も、その価値を知ると(発酵しやすいように)生ごみを懸命にちぎってくれるようになる[※1]のですが、そんな姿を見るのが、私たちの何よりの喜びです。自分自身や周囲に対して感じる嫌なことや無価値に思い捨て去ってしまいたいと考えてしまうものも、捉え方、生かし方によっては人の役に立ち喜んでいただけるものになると言うことを土作りを通して感じてもらえると嬉しいです。

[※1]現在は生ごみ処理機で畑に撒く様に処理しています。

●おなか元氣農園の取り組み

農園では年間約50種類の野菜を作っていますが、無農薬・無化学肥料・無除草剤はもちろんのこと、自社の飲食店の生ごみを畑にまくことにより、作物に元気を与えてくれる菌を発酵させながら、生命力豊かな土をつくる「循環型農法」をとっています。

生ごみの大部分を占める皮やヘタや根っこ等成長点と言われる調理くずは、実は物凄く栄養価が高く土の中の菌ちゃんたちが物凄く元気になる力を持っています。そういったものをごみとして廃棄してしまうのは大変もったいないので出来るだけ調理を工夫して食べたり、どうしても食べることができないものはこのように土づくりに生かすと生まれてきた命を余すことなく生かしきることが出来ます。

通常、農地に生ごみを埋めること(捨てること)は不法投棄にあたるのですが、「健康」「環境」「リサイクル」「雇用創生」を軸とした私たちの取り組みが認められ、今では久留米市から「お墨付き」をいただくようにもなりました。

●就労支援事業を通して

人とコミュニケーションをとることが苦手など、何らかの理由で引きこもってしまい、一般企業に就職する自信をなくしてしまっているような人が、コロナ禍により益々増えているという現状があります。

就労継続支援A型事業所とは、そういった人に対して雇用契約に基づき働きながら学び自信をつける場所を提供することを目的とした事業所です。

「就労支援せんたーまんまる」では、飲食店や食品加工所、そして農園で自然に触れあいながらの作業などを通じて適性を判断し、チームの一員として活躍できる場を作っています。

今では、こういった取り組みを通じて雇用の創生に貢献することも、私たちにとっての経世済民(世のため人のため)活動だと考え、日々、みんなで努力しています。

syuurou02.jpg

syuurou01.jpg

syuurousien600.jpg

Comments:0

Comment Form
Remember personal info

Trackbacks:0

Trackback URL for this entry
https://kurumestyle.com/wp/wp-trackback.php?p=2186
Listed below are links to weblogs that reference
Agri Pop Life from くるめ-コラム

Home > Agri Pop Life > Agri Pop Life

Search
Feeds
Meta

Return to page top