Home > 久留米文学散歩 > 久留米文学散歩 vol.102

久留米文学散歩 vol.102

田中吉政公 お慕い申しあげそうろうゆえ 第十六回

久留米城主田中吉信公ご命日に寄せて 文/江﨑久美子

今年も、六月二十九日、推定三十一才でお亡くなりになった田中吉政次男主膳正吉信のご命日がやってきます。

吉信公の事は、謎に包まれていて、残されたお話が、あまり良い印象がない物ばかりなので、真実を調べたいと日頃から思っています。久留米城主となり病気で亡くなられた後、柳川城下の宗安寺に葬られました。多くの家臣が、あとを追って殉死したと聞きます。また、吉信公の乳母が尼となり、その命が尽きるまで境内に建てたお堂で菩提を弔い続けました。

そして筑後国終焉から十年後、吉信の家臣で、北野天満宮脇寺林松院前住持貞俊と大庄屋秋山藤右衛門が話し合い、その遺骨を柳川から北野に移して、荒廃に帰していた林松院に一宇の堂を再建し西方寺と称して、浄土宗に属し善導寺の末寺となり、顕誉良波上人を以て開山としました。法名は、「陽壽院殿龍岳道雲大居士」です。

「山鹿語類」や、「田中興廃記」は、吉信公が乱暴者で狂気の人物で十六歳位で亡くなったように書いていますが、関ヶ原の戦で長い刀を使い勇敢に戦った逸話があり、単純に勇敢を面白く、狂気の人物として書いたのでしょう。「氷輪の如く」(中村文平著文芸社)が出版され、小説として書き下ろされてはいますが、調べた上で導き出された人物像、久留米の地を愛した純粋な人柄として綴られています。久留米城主として吉政の元、筑後川長門石の河川開削、柳川までの往還田中道は、力を尽くされたことでしょう。

長い間、慶長十一(一六〇六)年と寛政重修家譜等に書かれてきましたが、西方寺様寺内の大きな自然石の墓石に、はっきりと慶長十五(一六一〇)年没と刻まれています。石に刻まれた歴史こそが、真実を浮かび上がらせたのです。西方寺にある、久留米城主の田中吉信公のお墓に、どうぞお参りされて、ご住職の暖かいお話を聞いてみませんか?

Comments:0

Comment Form
Remember personal info

Trackbacks:0

Trackback URL for this entry
https://kurumestyle.com/wp/wp-trackback.php?p=2180
Listed below are links to weblogs that reference
久留米文学散歩 vol.102 from くるめ-コラム

Home > 久留米文学散歩 > 久留米文学散歩 vol.102

Search
Feeds
Meta

Return to page top