Home > 高良川縁起 > 高良川縁起 その5

高良川縁起 その5

『田植えが終わった後に…。早苗饗焼酎』

文/高良川 ほとり

さてさて、今年の梅雨入り、はやかこってす。例年より二十日もはやいんだとか。筑後平野は二毛作、刈り取りを待ちわびる麦が黄金色の海のようでとてもきれいですね。あの麦はラーメンじゃろか、こっちはビールじゃろか、と想像しながら眺めております。麦が終われば急いで代掻き、田植え、という算段ですが、どどんとタイムスリップしまして江戸時代に活躍しましたのが、やっぱり当くるめすたいる筒井編集長も大好きな筑後のおさけの歴史に深くかかわる「酒粕」であります。

肥料というものがまだまだ乏しい江戸時代、酒粕は田んぼの肥やしとして活用されておりましたが、そのまま畑にいれますと粕の中に残ったアルコールが邪魔をします。これを飛ばすために下から蒸気をあて、肥料に加工する過程で偶然、生まれたのが粕取り焼酎だといわれています。きっと編集長のような酒好き…じゃなくて知恵者が思いついたのでしょう。「この蒸気を冷やせば焼酎ったい!」

冬につくられた酒が絞られ、その粕を再発酵、アルコールを飛ばして作られた肥料は、水車とならんで稲作の発展を支えたことでしょう。その蒸気をあつめてできた焼酎は、田植えが終わっての宴会で「ふるまい酒」として親しまれ、別名さなぼり(早苗饗)焼酎とも呼ばれました。

製法には二つございまして、酒粕に蒸気を通りやすくするためにもみ殻を混ぜてうるかし、鉄兜と呼ばれる蒸留器で蒸気を集めます。この伝統的な製法で造られる粕取り焼酎を「正調粕取り焼酎」と呼びます。ガツンとくる荒っぽい香りが持ち味。

一方、酒粕に水と酵母を加えて再発酵させてから蒸溜するという新しい方法も。「吟醸粕取り焼酎」こちらは香り高くスッキリした味わいがたのしめます。

どちらもそれぞれ異なる魅力があるのでぜひ飲み比べを。夏のじっとり暑いなかロックもよし、さっぱりと炭酸で割るもよし。育ちゆく稲に、どうどうと流れる筑後川に想いをはせてみませんか。

sanae.jpg

早苗饗焼酎の蒸留

写真は杜の蔵の
古式木製セイロ蒸留

Comments:0

Comment Form
Remember personal info

Trackbacks:0

Trackback URL for this entry
https://kurumestyle.com/wp/wp-trackback.php?p=2179
Listed below are links to weblogs that reference
高良川縁起 その5 from くるめ-コラム

Home > 高良川縁起 > 高良川縁起 その5

Search
Feeds
Meta

Return to page top