Home > 歯は健康のバロメーター > 歯は健康のバロメーター vol.49

歯は健康のバロメーター vol.49

〜落合先生のお口のお話し〜

1歳児はじめての歯科健診について

卒乳の時期は? 母乳を飲むと虫歯になる?

おちあい小児歯科医院 院長 落合 聡

1歳歯科健診の際によく寄せられるご質問として、今回は卒乳の時期そして母乳とむし歯についてお話しましょう。

ただ手足を動かしたり歩き回ったりではなく、なんらかの目的を持った行動をとるようになると、多くのエネルギーが必要になり、やがて母乳等の液体では体力が持たなくなってきます。その一方で、こどもが寝るとき、夜泣きしているとき、母乳を飲ませると落ち着いて寝付くことがよくあります、つまり栄養の面だけでなく、母乳には、飲むことにより精神安定にも効果があります。したがって、一つの目安を挙げるとすれば1歳6か月前後を指標にするのが一般的ですが、日中の行動、食事の様子、夜間の就寝時の状況をみて、卒乳のタイミングを考えるのが自然ですので、時期にこだわる必要はありません。

ただし、前歯が生えた状態になっても母乳を飲んでいるこどもには、むし歯が多い傾向があります。

その理由は、歯に付着した汚れであるプラークと母乳に含まれる乳糖との関係に原因があります。口の中には砂糖を取り込んで酸を作り出すミュータンス連鎖球菌と呼ばれるむし歯の原因菌が住んでいて、歯はその酸にさらされると穴が開き、これがむし歯になります。

授乳の際には、乳房あるいは哺乳瓶によって上口唇が押さえられた状態で、舌と上顎で乳首をはさんで母乳を飲みます。したがって、上の前歯に母乳が付着しやすく、また夜は唾液の分泌が少ないので、長時間、上の前歯は母乳にさらされることになります。

ミュータンス菌は、砂糖と同じ糖類であっても乳糖ではむし歯ができるほどの酸を作り出すことはできないのですが、歯に付着したプラークに乳糖が加わることによって、その中の細菌の働きを活発にすることがわかっています。

したがって母乳そのものが虫歯の原因ではなく、歯に付着した汚れに母乳中の乳糖が加わることによって、虫歯が進行したり重症化するきっかけになるのです。

つまり、歯をきれいに磨いてから母乳を飲ませることで、むし歯の発生をかなり抑えることができるといえるでしょう。就寝前の適切な口腔ケアがむし歯予防の重要なポイントになります。

Comments:0

Comment Form
Remember personal info

Trackbacks:0

Trackback URL for this entry
https://kurumestyle.com/wp/wp-trackback.php?p=2177
Listed below are links to weblogs that reference
歯は健康のバロメーター vol.49 from くるめ-コラム

Home > 歯は健康のバロメーター > 歯は健康のバロメーター vol.49

Search
Feeds
Meta

Return to page top