Home > 新・落語スズメ > 新・落語スズメvol.32

新・落語スズメvol.32

『春はあけぼの
  (26回目は立川談笑)』
文/松田 一成

一年延期の会、六五郎橋を越えての『立川談笑独演会』へ。平日の夜ということもあり、都合で行けるかどうか微妙。構えていたら、おっとどっこい、人数制限もあり、昨年お買い求め頂いていたチケットのみ入場可能とのこと。当日券の販売はなし。そんな時に限ってぽっかり時間が空くのです。談笑落語、久しぶりの再会が今度はこちらが再度延期か。そんな話をしていたら、持つべきものは落語仲間、余分に買っていた一枚を融通して頂きました。深謝。偶然の同月同日の15年前はサザンクス筑後、立川談志、談笑の親子会。アタシの中では特別の会、談志渾身の『芝浜』の会だった。そんな談志さんが連れてきた(その当時真打なりたて)談笑師は随分可愛がられていたふうで、落語立川流のなかでも異例の出世、二つ目最短記録を持っていたような。サザンクス筑後では談志さんに譲ったが、今回は独演会、さあ何をと期待を持って桟敷に滑り込む。「お席亭から談志師匠の話をとのリクエストがあった」「普段は意識して全くやらない」との前置きの後、出るは出るは、マニアにはたまらない談志エピソードの数々。長生きも芸のうち(歴史は最後に生き残った者が作るとういうことかな(笑))というのはこういうことなのねと腹をかかえた。談志さんと『ライ坊(ライオンのぬいぐるみ)』との愛の日々(毎晩一緒に寝ていたらしい)には、どこか憎めなかった談志さんの理由がわかったような。そんなこんなで、マクラだけで1時間35分!客席納得の高座延長。一席目『時そば』。二席目、三代目金馬「居酒屋」オマージュ『イラサリマケー』。異文化交流とはこうあるべきとの指南。実はあまりに時間が伸びたので、仲入中もそのまま高座でお客様とおしゃべり。談志のDNAは芸だけでなく、このサービス精神もだなと、緞帳を下ろさず、お客様を見送っていた談志さんの姿を思い出す会となりました。

Comments:0

Comment Form
Remember personal info

Trackbacks:0

Trackback URL for this entry
https://kurumestyle.com/wp/wp-trackback.php?p=2142
Listed below are links to weblogs that reference
新・落語スズメvol.32 from くるめ-コラム

Home > 新・落語スズメ > 新・落語スズメvol.32

Search
Feeds
Meta

Return to page top