Home > 久留米文学散歩 > 久留米文学散歩 vol.97

久留米文学散歩 vol.97

田中吉政公 お慕い申しあげそうろうゆえ 第十一回

田中道という名の街道 文/江﨑久美子

吉政は、筑後国入封後、柳川城と十支城の築城と、それを繋ぐ街道の整備をしました。

柳川城から福島城。福島城から黒木猫尾城。柳川城から黒木城。福島城から久留米城。久留米城から城島城、城島城から大川榎津城。榎津城から柳川城。柳川城から江浦城、中島城、松延城と、網の目のように繋ぎます。元々あった街道の整備と、新たに新道を作りました。

その柳川と久留米間の柳川新道を、古老は、田中道と呼びました。城下の出入りの箇所には、道の両側に堀を作り、防御対策を行いました。その新道の田中道は、百姓の次男三男を呼び寄せ、津福町、土甲呂町、下田町、金屋町、横溝町、大角町、田川町、山野町、目安町という町立てをしました。この町に住んだ者は、税金の一部が永代年貢免除となり、吉政没後に、土甲呂町や津福町の住人は、吉政を偲び「座」を作って「御免地祭り」を催しました。今でも、吉政を祀った小さな祠が、大木町横溝の(兵部社)・同町土甲呂(吉政社)・久留米市津福町(広建社)などあります。

また、以前からあった古道の「府中道」を久留米から少し離して柳川往還の田中道に繋ぎます。福島城から久留米城までは、広川町を抜け二軒茶屋から小頭町を目指します。福島城下には、久留米へ通じる意味の久留米橋という欄干があります。

そして、驚くことに、筑後国以外の隣の筑前国にも田中道と称される道が存在するのです。残念ながら、なぜ古老がそう呼ぶのかは特定できていないのですが、現在確認できる道は、大宰府インター近くから宇美町に至る乙金公民館あたりです。この田中道は、博多に通じる通常の街道とは違って、大野城市に入った後、井ノ口公民館の少し南を通り、そこからは江戸期に参勤などで使われた道を通り小倉の大里宿へ、そして港へ向かうのです。あなたも、近くの田中道を歩いてみませんか?

Comments:0

Comment Form
Remember personal info

Trackbacks:0

Trackback URL for this entry
https://kurumestyle.com/wp/wp-trackback.php?p=2104
Listed below are links to weblogs that reference
久留米文学散歩 vol.97 from くるめ-コラム

Home > 久留米文学散歩 > 久留米文学散歩 vol.97

Search
Feeds
Meta

Return to page top