Home > Archives > 2021-07

2021-07

コーヒー産地を訪ねて…一枚の写真 vol.147

“2015年 ブルンジ ブジュンブラ COE品評会”

写真と文 安達  和宏

2015年アフリカ ブルンジで行われたCOE=カップオブエクセレンス審査会場。セッションも終わり殆どの審査員は、審査したコーヒーサンプルのスコアや評価について詳しくディスカッションが行われる別室に移動してしまいました。私もスコアを整理して別室へ向かうところです。数字の番号だけ付けられ整然と並ぶコーヒーサンプルには、何の情報も有りませんが審査の手順として最初に行う〜ドライ(粉の時点で嗅ぐ香り)〜クラスト(お湯を入れてから沸き立つ香り)〜ブレーク(お湯を入れ4分後に攪拌した時の香り)それらのアロマは私たちを一つ一つ違う物語と世界に誘ってくれます。そんなコーヒーたちとの語らいも終わり、名残惜しんで思わずシャッターを押してしまいました。

202108adachi.jpg

香茶店〝香り不思議発見〟 Vol.130

「お線香の香りは故人のお食事?」

〜お盆に天年堂の進物用お線香はいかがですか?〜

香star

暑さが日に日に増してきた今日この頃、皆様、お盆の準備はお済みですか?

お盆といえば欠かせないのがお線香ですが、何故お線香をお供えするかご存じですか?実は、お線香の香りは故人のお食事だと言われています。また、仏壇にお線香をお供えすることは、香りと煙を通じてご先祖様との対話を行うことでもあります。

大切な方のことを思いながら、お線香を選ぶ時間もまた大切なもの。天年堂では、用途やお好みに合わせた多様な進物用お線香をご用意しています。

202108tennendou1.jpg

〇白檀・沈香…3,300円

(短寸12入木箱)

ほのかに甘さを含む「白檀」、奥深い幽玄な香りの「沈香」を束仕上げにてセットにしました。

202108tennendou2.jpg

〇白菊の花…3,300円

(短寸12入木箱)

人気の少煙タイプのお線香。邪気を払うとも言われる白菊をイメージした気高い香りが特徴です。

※価格はすべて税込です。

久留米文学散歩 vol.104

田中吉政公 お慕い申しあげそうろうゆえ 第十八回

田中吉次の行方 その二 文/江﨑久美子

今回は、吉次の江戸入りの時期を検証します。田中吉政が一六〇九年二月に亡くなり、岡部長盛堤台城の廃城取り払いがその年の八月ですから、それより前だと思います。、椿姫の化粧料が宛がわれ、忠政が御所参内、隼人正の官位を受けたのが慶長十(一六〇五)年です。忠政が徳川家からの椿姫輿入れに伴い嫡男の決定後に、吉次は、杉浦陣屋入りしたかもしれません。家康家臣の、伊奈忠次は関東郡代として、土木工事を担っていました。伊奈忠次と同じく家康家臣で赤沼の杉浦定政の正室深津氏は姉妹で親戚の間柄です。

徳川家康が、豊臣秀吉によって関東に移封され、関ケ原の戦を乗り越え、引き続きまさに江戸城下を作っていた最中で、利根川を東側へ移動して流し込む工事を続けていました。伊奈忠次は一六一〇年に亡くなります。二五歳の伊奈忠政の補佐の為、その前から遠国奉行に入ったのかもしれません。

実際徳川家直轄地に住んでいたのですから、流浪したわけではない事もわかります。まして、その頃は、吉次は、関宿城主の椿姫の兄の松平忠良とは、義理の兄弟で、亡くなった父の康元は家康と兄弟です。つまり、家康は吉次からすると義伯父さんという近さです。

吉次達は、すでに正室も子供もいたので必然と忠政が娶ることとなり、徳川家との親戚として忠政が筑後国を継ぐしかありませんでした。後の一六一五年に一国一城の令が成されれば、結局それぞれの息子たちはどこかの領地を貰い移り住むしかありません。

関ケ原の戦では、、家康の嫡男秀忠との直接のやり取りの書状が残っていますし、信頼のおける間柄でした。そう考えると、筑後国主にならなかったとしても、それなりの役職を賜ったはずだと考えます。吉次の官位は民部大輔ですが、殆ど少輔とされるのは、後に書かれた田中興廃記から引き出した誤伝でしょうか。吉次の夜明けは近いです。

新・落語スズメvol.36

『山田五十鈴から

クラフトワークまで』

文/松田 一成

東京に憧れた理由は、原宿のピテカントロプスに行ってみたかったのと、映画で見た吾妻橋のたもとのビアホールで風にあたってみたかったから。残念ながらアタシが東京で学生生活を送る頃にはそのどちらも無くなっていましたが。(代わりに西麻布のレッドシューズと、銀座ライオンでアタシは自分を慰めていたと思う。)その吾妻橋のビアホールが出てくる映画の話。『の・ようなもの』。1981年森田芳光監督作品。森田自身が日芸(日本大学芸術学部)の落研出身ということが関係あるのかないのか、真打を目指す若手落語家達の青春群像物語。主役はこの作品がデビュー作の伊藤克信。栃木訛りの二つ目落語家を演じているがその伊藤の語りがいい。恋人役の秋吉久美子や好きになった女子高生由美との掛け合いが訥々と続くのだが、ロマンスというより、何をしているんだろうという自分自身を俯瞰している様子がたまらなくおかしい。伊藤は(劇中では志ん魚[とと])女子高生の親に怒られ、仕方なく夜中長い距離を歩いて帰る羽目になるのだが、その歩いて帰っていく道すがらを口に出して描写していく。その、落語でいう道中付けのシーンがせつない。言葉の選び方と伊藤の口調が、調子のいい江戸言葉であるはずの落語とは違った美しさを想像させる。その道中付けのなかに、件の吾妻橋のビアホールが出てくるのだ。あの時代を知っている世代には、現代版(とはいっても40年前の)東京恋慕帳か(笑)尾藤イサオの歌と、先代柳朝のカメオ出演も見逃せません。この夏、外に出られない貴兄に是非。

高良川縁起 その7

『現代久留米の石高は72万石!?』

文/高良川 ほとり

あっというまに梅雨もあけ田んぼの稲がきもちよさそうに風をうけています。今年は雨が少なかったせいか、高良内の親水公園や筑後川の水量も少なめな気がしますなあ。除草機のお値段にたまげた前回でしたが、編集長によりますと「子供のころ、つかいよったばい」と。立ったまま使える手押し式の「がんづめ」、まだまだ現役だったんですねえ。ちなみに現代では手押しではあるものの、エンジンやはたまたバッテリー駆動の電動除草機まで登場しております。

水田の除草が終われば、今度は除虫です。イネの天敵「ウンカ」という虫がおるんですが、種類によってはベトナム、中国からジェット気流にのって日本にやってきます。こやつに効くのが鯨油。油を水田に撒いてうんかを叩き落せば窒息死、という寸法です。当時五島列島での捕鯨が盛んで防除に一役かったのですが、下流に流れますと水質汚染の原因となりもめ事の発端となったようです。

ところで、たんぼ一枚からどれくらいお米がとれるかご存じですか?一口に田んぼといいましても山の棚田と平野部の広大な水田とではずいぶん違うのですが、江戸時代(といいましても400年ほどありますからどこをとるかでずいぶん違うのですが)、一反から取れる米が一石、つまり成人が一年間で食べる米の量、とされていました。だいたい150㎏だと言われています。現代ではずいぶんと減りまして60㎏弱。まあ、朝はパン、昼はパスタと小麦の消費量が伸びておりますからねえ。逆に現代では品種改良や肥料の改善により収穫量があがっており、平均すると一反から600㎏ほどとれるそうです。現代人だと、三畝で四人分、一反で10人は養えそうです。久留米藩21万石と申しますが、現代の久留米は7250町の水田を擁しております。江戸になおすと72万石!なかなかの石高ですなあ。

202108kurashi.jpg

鹿児島の友人の農作業風景

むすんで、ひらいて!! vol.87

「発達障害の早すぎる判断(診断)は正しくないこともある」202108wakaba.jpg

一般財団法人田中教育研究所

幼児心理カウンセラー特別認定 第107001号 野田 鏡子

今回は、先月号ご紹介しました『子どもの発達障害誤診の危機』という本の中で、特に心に残ったところをお報せいたします。

『2歳児で自閉症スペクトラムと診断された子どもが、その後、言葉が加速し、こだわりもなくなり、幼稚園に就園するころには定形発達児と変わらなくなったために、私は定形発達であるという診断を出しました。

自閉症スペクトラムを含めた発達障害は遺伝子が関与する生得的(生まれつきの)障害であり、基本的には治るものではないというのが常識です。しかし、私はそうした常識は正しくないとほぼ確信しています。

その理由はいくつかあります。発達障害には3つの異なる障害(自閉症スペクトラム障害・注意欠陥多動性障害・学習障害)がありますので、それぞれについて述べます。

自閉症スペクトラム障害は、社会性や情緒のコントロールの障害です。生まれたばかりの赤ちゃんは、たとえその子が大きくなって自閉症スペクトラム障害を発症するとしても、生まれたばかりでは診断できません。新生児期にはもともと社会性や情動コントロールの能力が備わっていませんから区別できませんし、ましてや診断はできないのです。脳の発達と環境との相互作用の中で社会性や情動コントロールを発達させていきます。ところが、自閉症スペクトラム障害を発症する子どもは、それらが十分に育ってこないのです。その差が明らかになる幼児期に、両者の差が顕著になり診断がつくようになるのです。

この2歳児の段階で自閉症スペクトラム障害の症状のあった子どもは社会性や情動コントロールの発達はあるものの、その発達の速度が遅かった、と考えることがでるのです。あとになって発達が追いつき、自閉症の症状が消えたことはこのように説明できるのです。

私は、自閉症スペクトラム障害(発達障害の一つ)は治らない、という常識が必ずしも正しくないと考えます。』(子どもの発達障害誤診の危機より)

私が30年以上、自閉症と診断された子ども達の教育を行って感じていることは、現代の子ども達の生活環境は自閉傾向になりやすいのではないかということです。

歯は健康のバロメーター vol.51 〜落合先生のお口のお話し〜

1歳児はじめての歯科健診について

舌の裏にあるスジ、舌小帯について

おちあい小児歯科医院 院長 落合 聡

今回は舌の裏にあるスジ、舌小帯(ぜつしょうたい)についてお話しましょう。舌小帯は前回お話しした上唇小帯と治療に対する考え方に共通することが多いので、併せてご覧下さい。

舌の裏側は下顎の底と舌小帯というスジでつながっています。上唇小帯と同様、舌小帯も誰にでも大人にもあるものですが、赤ちゃんの時には舌の先の方についていたり、スジそのものが短い場合があります。増齢とともに舌が成長すると、自然に改善することが多いので、すべてが病的なものではありません。

しかしながら、このスジが短かったり、舌の先の方についていたりすると、舌の動きが制限され、授乳がスムースにいかない、食事がすすまない、舌を前に出すと先の方がハート形にくびれる、発音が不明瞭になる(発音の問題は4歳くらいにならないとわからないことが多い)等の問題を生じることがあります。

また、舌小帯の研究を熱心にされている耳鼻科の先生のデータでは、舌小帯によって舌の動きが制限されていると、のどの部分の空気の通り道が狭くなり息苦しくなることから、いびき、夜間に何度も目が覚める、寝相が悪い、就寝中に呼吸が一瞬止まる等の症状が生じることから寝不足となり、日中の機嫌の悪さや落ち着きのなさにつながっていく、という報告もあります。

先述の通り、舌小帯の形が気になってもすべてが病的なものではありません。しかしながら、うまく授乳ができない、いびき、眠りの浅さ、発音が気になる等、日常生活に支障のある場合には、切除によって改善できることがありますので、現在の問題点、今後の改善の見込み等、様々な点から検討した上で、様子をみていくか切除するかを判断することになります。

もし、毎日の生活の中で気になることがあれば、1歳の健診まで待つことなく、0歳の時期から授乳の相談ができる助産師の先生や歯科医にご相談してみることをお勧めします。

Home > Archives > 2021-07

Search
Feeds
Meta

Return to page top