Home > 就労支援せんたーまんまる

就労支援せんたーまんまる Archive

「就労支援せんたーまんまる」。利用者成長の物語 その10

ひきこもりの中から、自分を見つめ直し、 社会に貢献できる人に。そんな活動をしている 

今回から就労支援A型で2年間仕事と家庭を両立させながら働いているAさん(30代女性)の体験談を3回に分けてご紹介します。る上でも大事なことだ。そうこうしているうちに野菜を切り終える。また上から塩をふる。その塩梅が難しい。何回も作りながら感覚的に覚えていくのだろう。少ししょっぱくなってもそれはそれで美味しい。毎回味が違うのも自然のものという感じがしていいなと思った。

そして美味しくなあれと心を込めて蓋をする。弱火でコトコト30〜40分。手間暇かけて心を込めて作ったこの野菜たちから、大地の恵みを頂いて「元気になりたい」と思った。

指導員の言葉が心に残った。それぞれいろんな事情や問題を抱えた皆が作ったこの重ね煮。それぞれの思いがこの野菜たちに宿ることとの相乗効果で未来と繋がる生きる力となっていくのだと思った。「全体を生かし部分を生かす」「一物全体」ヘタも根っこも皮も灰汁も旨味となる。問題すらも価値を生む源泉なのだということ。自分の手で重ね煮を作ることでそれがよく分かった。

無駄なものは何もない。辛かった過去も悩み苦しんだ経験も、意味があることだ。自分を肯定してくれている気がした。

自宅でも作ってみようと思う。早速鍋をネットで注文した。どんなアレンジレシピをつくろうか、そして私はこれからどう変わっていけるだろうかと、今から楽しみだ。

「就労支援せんたーまんまる」。利用者成長の物語 その9

ひきこもりの中から、自分を見つめ直し、社会に貢献できる人に。そんな活動をしている

●食改善の強い味方「元気っこ」

ひきこもりから食改善や独自のカリキュラムなど就労支援を通して社会復帰に取り組む「就労支援せんたーまんまる」では、オリジナル調味料「元気っこ」で食改善に取り組むスタッフがいます。20代〜40代のスタッフ・利用者の全てが「元気っこ」を食事に摂り入れ、からだの調子を取り戻したことで、これまでと違う考え方や行動をとれたという結果が出ています。今回は、まんまるで4年間就労支援A型で働き、仕事と家庭と両立させながら、この度卒業し、一般就労として希望の仕事に就いたAさん(30代女性)のお礼の手紙を紹介します。

まんまるの皆様へ

今まで、一緒に働いて下さり本当にありがとうございました。まんまるという職場は、とてもあたたかく実家みたいな安心感がありました。相談した時は親身になって向き合ってくれました。

きつい時は背中をさすってくれました。

私のペースに合わせてくださり、働きやすかったです。まかない作りや重ね煮、元気野菜づくりで、食べ物の大切さ、食べ方を学びました。時には子どもと一緒に仕事をさせて頂き、子どもも私も楽しい思い出になりました。仕事に行けない、家事ができない、情緒不安定でボロボロだった私が、楽しく仕事ができるようになり家族を大切にできるようになりました。

これも皆さんの支えのおかげです。

まんまるは、これからもどんどん大きくなり成長して、たくさんの人を救って幸せにしていくことでしょう。私も焦らずに一歩一歩、進みます。本当に本当にお世話になりました!感謝でいっぱいです。おかげさまです!

令和3年8月31日 A子

Aさんは、この4年間、食べ物の大切さ、食べ方、そして仕事仲間との交流を通して、大きく成長しました。自分のペースを守りながら他とも協調でき、楽しく仕事ができるようになりました。

Aさんの経験からも分かるように、皆さんは就労支援B型からA型へ、A型の中でも5つのステップを意識して一般就労に向けて前向きな意欲が高まっています。

就労支援まんまるの「2つの改善」とは?

〈食改善と認知行動改善〉

・食改善とは、自分と周囲の人を活かす食習慣で、食べ物、食べ方、考え方の習得をします。食改善17項目(旬を知る、体に良い食品選びなど食の基礎知識、30回以上噛むなどを分かりやすく解説した17項目)をベースにした食改善チェックシートを活用します。重ね煮教室も定期的に実施します。

・認知行動改善とは、自分が持つ感情や捉え方の癖に気づき、受け入れ、考え方の枠組みを改善することで、感情と思考と行動をセルフコントロール出来るようになります。そのために就労支援まんまるでは、「認知行動療法」を元に独自の改善プログラムを作成し、理論から実践を繰り返し、仕事の現場で学びます。詳細は次号以降で解説します。

利用者成長の物語 その8

202109kinroutaiken.jpgひきこもりの中から、自分を見つめ直し、社会に貢献できる人に。
そんな活動をしている「就労支援せんたーまんまる」。

●『元気っこ』ふりかけについて
元気っこふりかけは、いりこ、焼きあご、昆布などの海産物や農薬不使用のおなか元気農園の人参の葉などを粉末にした天然の微量ミネラルやビタミンが豊富なお手軽ミネラル補給ふりかけです。

長崎県佐世保市で菌ちゃんふぁーむを営む吉田俊道さん(大地といのちの会理事長)は、地元保育園での食改善の実践例で、元気野菜や、元気っこふりかけを使った食事療法で、2年間で病欠者が激減し園児の年間平均病欠日数が5.4日から0.5〜0.6日になりました。

●食改善の強い味方「元気っこ」
ひきこもりから食改善や独自のカリキュラムなど就労支援を通して社会復帰に取り組む「就労支援せんたーまんまる」では、オリジナル調味料「元気っこ」で食改善に取り組むスタッフがいます。20代〜40代のスタッフ・利用者の全てが「元気っこ」を食事に摂り入れ、からだの調子を取り戻したことで、これまでと違う考え方や行動をとれたという結果が出ています。今回は「元気っこ」を使い始めて、どう変わったか?まんまるスタッフ(支援員)のMさんとFさんに伺いました。

●ゆっくり時間をかけ、食による体質改善をめざす!
先ずは利用者の方の声を伺ってみました。

「今年で4年目、当初気持ちの波が激しく、落ち込みがひどかったのですが、元気っことよく噛む事を通して気分が穏やかになりました。(Aさん・30代女性)」

「就労当初は産後うつでほとんど笑顔が出ませんでした。3年間こつこつ職場と家で元気っこを続けたおかげで笑顔を取り戻せました。(Bさん・40代女性)」

「平成25年から今年で8年目、コロナ渦の中元気っこを1週間1袋食べた結果、疲れが減り寝坊がなくなりました。(Cさん・30代男性)」

「四六時中絵を描いているのですが、頭が疲れてぼーっとしていました。元気っこも半信半疑で試したところ、驚くほど頭がすっきりして必要な栄養が摂れていなかった事に気付きました。(Dさん・20代男性)」

MさんとFさんからは「皆さん体調の波が激しい方が多いですが、食改善を通して、波が穏やかになり仕事への意欲が湧いてきた」と口を揃えられました。

皆さんは就労支援B型からA型へ、A型の中でも5つのステップを意識して一般就労に向けて前向きな意欲が高まっています。

職場体験者募集中
〈10時〜22時までのご希望の時間帯で〉

Home > 就労支援せんたーまんまる

Search
Feeds
Meta

Return to page top