Home

くるめ-コラム

香茶店 “香り不思議発見” Vol.117

初盆を迎える方への心遣いに!
香star

毎年来るお盆の行事。今年はちょっと違う。親しい方の初盆は心のこもったものがいいですね。また、返礼の気遣いをさせないことが肝心ですね。お返しのいらない贈り物に「お線香」がおすすめです。
天年堂では、全国一律(レターパック等)の料金で、返礼の気遣いをさせることなく送れる商品があります。
tennendou20200701.jpg

故人の好物シリーズ(ロウソク)
好物キャンドル各種…680円
あずきバーキャンドル&線香…各680円
えだまめ…680円 かき氷…980円
あかりの花巡り(椿、朝顔、菊)…350円
※価格はすべて税別です。

tennnenndou202007022.jpg

オススメのお線香
香樹林超短寸(9cm)桐風紙箱
3箱入り…2,000円
6箱入り…3,000円
夏の福袋…3,000円
日本香堂 オリジナル
香りのグッズ(9,300円分)

tennnenndou202007032.jpg

久留米文学散歩 vol.91

田中吉政公 お慕い申しあげそうろうゆえ 第五回
岡崎城での吉政 文/江崎久美子

吉政は、豊臣秀吉の重臣でした。三河国岡崎城は、徳川家康の先祖伝来の生まれた土地です。秀吉は、俗に言う関東移封、つまり家康を江戸へ移します。その三河の土地に吉政を入れるということは、信頼なしではできなかったことでしょう。
この岡崎城の時、吉政は面白い政策を執り行います。
領内の罪人を罰せず、土地と田畑を与えて更生させようとします。西尾の浜に、松の木を植樹させ、それは、海からの潮風を防ぐ防風林となり、また、西尾の塩作りの燃料に使いました。
吉政の考え方は、罪を憎んで人を憎まずだったのかもしれませんね。
そして、村人に気さくに話しかけ、城から持ってこさせた弁当を一緒に食べたそうです。寺の空き地があれば、「ここは、重要な場所か?」と聞き、「そうでなかったら、ここにお茶の木を植えよ。そして、出来たお茶を寺の客に振舞えば良いぞ。人手がいるなら言うてくれ」と言って、その後も、その茶畑に手伝いに足を運びました。
岡崎城外にあった東海道を城下に引き入れ、東西五キロの二十七曲りという街並みを作りました。当初は防御のためでしたが、曲がる度に色々な店がある、沢山の旅籠があるのですから、街並みが栄えた事は間違いなく、その後は岡崎宿として東海道の名所になって行きました。
土塁の上に造られていただけの城を、近代城郭に造り上げます。天神山という山を一つ潰し、その土で湿地を埋め立て、採取した材木で街道筋に新しい町の家々を造り「町立て」をして、そこは材木町と呼ばれたそうです。
城から北方に徳川家の菩提寺大樹寺があります。その三門、総門を通して真ん中に岡崎城の天守閣が見えます。まるで門が額縁で一枚の絵のようです。岡崎市を訪れ、市長さんにご挨拶した時、その城と大樹寺を結ぶ「ビスタライン」に、高層ビルを建てないよう努力されているとのお話を聞きました。

新・落語スズメvol.23

『ソーシャルディスタンスに
最大限に配慮した落語会、開催決定!』
文/松田 一成

コロナ禍で中止、延期を強いられていた落語会が、ボツボツ復活、東京の寄席も定席が再開された。もちろん、様々な感染拡大防止の策をとっての開催だが、その最大の効果をもたらすと考えられているのはソーシャルディスタンス、お客様を入れないことだ。一人でも多くのお客様に見て頂くというのが噺家の性であるのに、来ちゃダメというのは、仕方のないこととわかっていても、あまりに喜劇。等間隔で空いている席を見て「コロナ前と全然かわりません、アタシどもは普段からソーシャルディスタンス」と噺家が逆手にとっているのには笑ったが。そんななかソーシャルディスタンスを最大限に配慮した、飛び切り贅沢な落語会のお知らせ。久留米シティプラザ『久留米座』さんの再開に合わせて、8月25日火曜日、午後7時開演、『落語教育委員会inくるめ』今年も開催決定!出演、お馴染み『三遊亭歌武蔵』、昨年より参加『三遊亭兼好、』今、一番売れっ子といっていいでしょう『柳家喬太郎』。久留米近辺では前後、博多、湯布院で開催される予定ですが、3人の落語に加え、例のコントを見られるのはここ久留米だけ!今年はもっと沢山の方にご覧いただこうと一年前から久留米座を押さえておりました。しかし残念、ソーシャルディスタンス(笑)。ほんとに贅沢な会になりそうです。ご案内は Twitter #まつだ で検索を。チケットは、ぴあさんで7月中旬頃から発売予定(ぞろっぺいですみません)。そろそろ始動せねば。

コーヒー産地を訪ねて…一枚の写真 vol.134

“2016年 ボリビア アグロタケシ農園”
写真と文 安達  和宏
adati202007.jpg
2016年にボリビア アグロタケシ農園での一コマ。最初にアグロタケシ農園のティピカ種を飲んだ時の衝撃は今も忘れません。そして毎年、ゲシャ種、ジャバ種と飲み進むにつれ標高2,000mというこの農園の土壌が生む可能性に感動すら憶えます。農園主のカルロスさんが鉱山経営からコーヒー栽培に踏み入った勇気と先見性には、私自身も経営者としての彼の創造性は勉強になるばかりですが、パナマでブレイクしたゲシャ種を他の産地よりいち早く栽培を始められ、成果を出された時も驚きました。これからもアグロタケシの進化が楽しみですが、そのアグロタケシ農園のゲシャ種が入荷しました。間もなく販売始めますのでお楽しみにお待ち下さい。

くるめ食素材探検 vol.80

kurasi.jpg いろんな名前で出ています 「パクチー/コリアンダー」編

文/靏久 格(産直や 蔵肆)

最近では通年で出回るようにもなりましたが、これから花が咲いて実を収穫する時期となりましたのでご紹介。パクチーはずいぶんと市民権を得たように思います。ああ、あれねー、と顔をしかめるかたもいれば、うっとりとパクチーへの愛を語る方まで反応はさまざま。サラダに、スープに、麺類に、肉魚に、と応用範囲が広いのも人気の秘密かもしれません。いろんな呼び名があり、パクチーはタイ語由来。コリアンダーは英語由来、和名は「コエンドロ」そのものずばりの「カメムシソウ」という呼び名も。生食ですと「パクチー」乾燥させた葉や種は「コリアンダー」と呼び分けることが多いようです。

日本には平安時代に薬草として入ってきていたようですが、調理素材として本格的に使われるようになったのは1990年代。ここ数年で一般のスーパーにも出回るようになり、パクチー料理専門店や「追いパクチー」なんて言葉ができるほど。とはいえ香草なので、タイではあんなにパクチーばかりもりもり食べないヨ、だそうです。まあ、なんでもやりすぎ、本歌取りが日本人の身上かもしれません。

カレー粉には欠かせない素材でもあります。だいたいどのカレー粉もターメリックについで二番目にコリアンダーが出てくるのではないでしょうか。生の葉と違い、乾燥させるとほんのり甘くさわやかなオレンジ系の香りがたまりません。カレー粉のミニマル構成はこの二種に加え唐辛子。もちろん、なくてもカレーはできますが、入れると「おお、これこれ」と抜群の安定感。家庭菜園でも育てやすい部類かと思います。深さのある大き目のプランターでどうぞ。

歯は健康のバロメーター vol.38

〜落合先生のお口のお話し〜

緊急事態宣言解除・・・いかがお過ごしでしょうか?おちあい小児歯科医院 院長 落合 聡

緊急事態宣言解除となり、保育園、幼稚園や学校も様々な制限の中、再開されました。うれしくて興奮状態の子、5月病みたいに調子の出ない子、様々ですが、とりあえずみんなに共通なのは、生活リズムが元の状態に戻るまでちょっと時間がかかる、ということでしょう。そんな今、気を付けておきたいこと、それはケガです。

こどもは僅かな休み時間でも校庭に出て走り回ったり、ボール遊びをしたり、体がよく動きます。通常であれば激しく動き回っても大丈夫でしょうが、Stay Homeによって1か月以上、人と会ったり外出したりできなかった状態から一気に元の環境に戻ったという状況ですから、こども達は今、気持ちと身体のバランスが取れてないとでもいうのでしょうか?こういう時期には転んだりぶつかったり、ケガが多くなるようです。特に歯のケガは大人と比較してこどもには大変多くみられます。

歯のケガには、1.ぶつけたが表面上問題がない、2.ぶつけたショックでぐらぐらあるいは歯が歯肉に潜り込んだ、3.歯が折れた、4.歯が歯肉からはみ出した、そして5.完全に歯が抜けてしまった等、様々な程度があります。

2~5の場合は、おそらくすぐに歯科医院を受診する等の対応を考えると思いますが、1の場合は放置してしまうことがよくあります。確かに何も起らないこともありますが、数日後に歯の色が赤黒くなったり、色が濃くなったり、歯の変色が生じてくることがあります。

これは歯をぶつけたショックで歯の中身である歯髄(歯の神経と呼ばれる部分)に内出血や血液が通わなくなることが原因です。元に戻ることもありますが、元に戻らず歯根の吸収や膿がたまってくる等の問題を生じることがあります。

したがって、歯をぶつけたら、何でもなくても念のため歯科受診をすることをお勧めします。なんでもなければそれでいいのですから、しばらく様子を診てもらうようにしましょう。

むすんで、ひらいて!! vol.73

wakaba11.jpg

「今この時期、

思いっきり抱っこしてあげて‼」

一般財団法人田中教育研究所

幼児心理カウンセラー  野田 鏡子

久しぶりの子ども達の心からの笑顔にほっとします。

この一か月半、学校も行かず友達とも会えず、子ども達の心は不安でいっぱいだったでしょう。

大人の私達でさえ恐怖の時でしたから、子どもにとってはその何十倍も不安だったと思います。

私の教室も連休明けから授業を始めましたが、一人の女の子が帰り際「先生だーいすき」と一言 言って帰りました。久しぶりの他人との楽しい時を過ごしたことが、きっととても嬉しかったのでしょう。

誰も思いもしなかった事態が起こりましたが、どんな時代をも生き抜けるようなしっかりとした心の土台を築いてやることこそ私たち大人の大切な役目です。それにはまず、子どもを支える大人の心が健康で明るく安定し、前向きに考える姿勢を持っていなければなりません。

人生や自分に対する基本的な信頼感や欲求は、幼い時にどれだけ温かく明るい気分に包まれていたか、伸びやかに自分の要求を出しそれを受け止めてもらえるかによって培われていきます。

今、子どもを抱っこして欲しいと思います。子どもは抱かれることによって、不安や悲しみが静まり、安心感と満足感がよみがえるのです。今、この時期、少し大きくなった子どもでも抱っこしてあげることがとても大切なような気がします。

香茶店〝香り不思議発見〟 Vol.116

働くお父さんへ!香りをプレゼント!

6月21日は「父の日」です

香star

平安の昔、男も女もお風呂に入る習慣がなかったとか!?ではどうしていたのか?沐浴程度はしていたのかも知れません。日常の匂い対策はというと、お香をお部屋に焚き、着物等に香りを染み込ませていたと言います。現代では、お香の香りは匂いを隠すだけではなく、香りそのものを愉しんだり、気分をリフレッシュしたりなどストレス解消にも役立ちます。

テレワークで家の中で働くことが多くなり、何かとストレスを溜めやすいお父さんのために貴方の心を込めた癒しの香りをプレゼントしてみませんか!

tentendou.jpg

●スーツ・ジャケットに忍ばせて!

・カードフレグランス…2,750円

●お部屋でゆっくり愉しむために!

・かゆらぎ(檜、白檀、沈香)…1,100円

・松栄堂 元禄…990円

・室町…1,540円

・香立て…550円  ・四方香皿…550円

・インセンスバーナーボックス(檜材)…3,300円

※お香を寝かせて焚く香炉です

コーヒー産地を訪ねて…一枚の写真 vol.133

adachi6.jpg “2013年 ブラジルCOE審査会”

写真と文 安達  和宏

審査会農園ツアーでの一コマです。審査会期間では午前中に審査が終わり時間がある時は、農園や処理施設など訪問するスケジュールが組まれています。この写真は、欧米、アジア、中南米の世界から集まった審査員達がトラクターの荷台に乗り農園内部を移動する様子です。今見ると“蜜”過ぎてソーシャルディスタンスも何も有ったもんじゃないですね。この様な当たり前だったことが、今では違和感のある光景にさえ映ります。『昔はマスクもせずに、こんな狭いスペースに乗り合いしてたんだ』将来そんな言葉を交わすのかもしれません。一日も早いコロナの終息と、私もまたあの荷台に乗って農園まわりをしたいと願っています。

久留米文学散歩 vol.90

田中吉政公 お慕い申しあげそうろうゆえ 第四回

久留米北野町西方寺縁起 文/江崎久美子

慶長十五(一六一〇)年六月二十九日は、筑後国主田中吉政次男、田中主膳正吉信のご命日です。

吉信公は、久留米城主となり病気で亡くなられた後、柳川城下の宗安寺に葬られました。多くの家臣が、あとを追って殉死したと聞きます。また、吉信公の乳母が尼となり、その命が尽きるまで境内に建てたお堂で菩提を弔い続けました。

そして筑後国終焉から十年後、吉信の家臣で、北野天満宮脇寺林松院前住持貞俊と大庄屋秋山藤右衛門が話し合い、その遺骨を柳川から北野に移して、荒廃に帰していた林松院に一宇の堂を再建し西方寺と称し、浄土宗に属し善導寺の末寺となり、顕誉良波上人を以て開山としました。

法名は、「陽壽院殿龍岳道雲大居士」です。

江戸時代中期に書かれた「筑後将士軍談」(矢野一貞)には、墓石を図入りで書き記し、道雪と道雲を間違えて書いた誤記がありました。それを最近まで郷土史研究に使い、久留米市史にまで及んでしまったことが原因で、西方寺の墓石の前に道雪の説明板が立っていました。しかし、近年、その久留米市文化財課の調査で、墓石に刻まれた文字から、吉信公の墓石だと確定し、西方寺様も、胸をなでおろされたのでした。何故なら、この西方寺様こそが、田中吉信公の菩提寺という歴史があるのですから。

ご命日は、長い間、慶長十一(一六〇六)年と寛政重修家譜等に書かれてきましたが、墓石にはっきりと慶長十五(一六一〇)年と刻まれていました。

「山鹿語類」や、「田中興廃記」は、吉信公が乱暴者で狂気の人物で十六歳位で亡くなったように書いていますが、それでは計算が合いません。関ヶ原の戦で勇敢に戦った逸話があり、単純に勇敢を面白く、狂気の人物として物語を書いたのでしょう。石に刻まれた歴史こそが、真実だったわけです。一昨年、この西方寺縁起のお芝居が、本堂で公演されました。 ーつづくー

Home

Search
Feeds
Meta

Return to page top