Home

くるめ-コラム

子どもの為のひろしじいちゃんの絵ごころ指南!! Vol.12

「子どもの絵と坂本繁二郎」
子どもの絵 六ツ門教室
主宰 杉山 洋

六月九日まで久留米市美術館で「没後五十年 坂本繁二郎展」が開催されています。ぜひごらんください。

六十年前、八女市職員を辞職し、画塾で生計を維持することを、坂本先生に報告しにお伺いしたときのことです。先生はいつものように静かにやさしく、「それは結構なことですね。ただ幼児・子どもの絵に芸術を求めてはいけないとおもいます」と一言おっしゃいました。私はそのとき一瞬、胸がつまるほど驚きました。
それまで、八女市の保育所などで勤務していた私にとっては「美術教育」の原点ともいえる知識でした。それを「画家 坂本繁二郎」から直接聞こうとは。
それまで多く接した画家・教師からこれほど鮮明に「児童教育」についての意見を聞いたことはありませんでした。
また「子どもの絵は素直で自由でそれ自体はそれでいい。しかしそれは小乗の作品で、真の絵は客観大乗に突き抜けていなければならない。それは、どんなにうまい絵を描いても子どもにはできぬことである」という言葉を遺しておられることもその後知りました。ここには「美術教育家 坂本繁二郎」の理念が見事に打ちだされています。
これらのことは、いま開催中の「没後五十年 坂本繁二郎展」でも察知出来ぬことです。
直接、坂本先生にお尋ねして、年譜の空白を埋めたいと思っているうちに先生は逝かれ、その機会を失いました。
二十年ほど前、先生の版画活動の同志だった「山本鼎」の履歴を調べているとき、月刊『芸術自由教育』全十冊の存在を知りました。この冊子は、我が国の美術教育史に、きわめて重要な位置を占めるものですが、いまは稀覯本となり、やっと国会図書館でめぐりあえました。そして、大正十五年十一月の創刊号末尾に「日本児童美術自由画協会」の会員名簿のなかに山本鼎とならんだ坂本繁二郎の氏名を発見することができました。ここに先生の年譜の空白を埋める資料があったのです。
大正デモクラシー運動の一翼を担って、芸術教育の自由化をめざした運動の中心に坂本先生はおられたのでした。
大家の画家の絵を模写することを美術教育の主流としていた国の方針に断固として反旗をひるがえし「子ども自身の自由な絵画活動こそ美術教育の根源である」という主張を掲げて大正八年に設立されたのがこの協会でした。
坂本先生三十九歳の渡欧直前の参加決意表明でした。
詩歌部門の会員名簿には北原白秋の名も発見できました。
〈余白追記〉
坂本先生の八女定住の決意をここに記します。
「八女は青い草が満ちている。路傍には芋の切れはしも落ちているから、ここでは飢えることはない」と言っておられました。

むすんで、ひらいて!! vol.61

「少年犯罪」について

一般財団法人田中教育研究所
幼児心理カウンセラー  野田 鏡子

1969年、私立男子校で同級生を殺害する事件が起こりました。少年犯罪が大きく取り沙汰されるようになったきっかけだったかもしれません。団塊の世代が大学を迎える時期で、受験競争が激しくなっていた頃です。

少年の父親は教育関係の仕事をして、数々の教育本も出版していました。その頃、出されたものには、少年の成長の記録を一冊の本にまとめた物もあり、私はその本を読むと「まるでこの子は親の人形、作品ではないか」と可哀想になりました。

事件後、初めて、少年が親に逢った時、少年は「お父さん、ぼくはちゃんとお父さんの言う事を聞いてきたよね」と言ったそうです。何か子どもの心の淋しさを感じませんか。彼は親に愛されようと頑張っていたのです。

その後も、次々と少年犯罪は起こりました。学業成績を上げ、良い大学に行かせることが子どもの幸せにつながると信じてしまったのではないでしょうか。そして、親の見栄もあったように思います。

どの事件の少年・少女達も、暖かい愛情に包まれた楽しい幼児期を過ごしたとは思えないのです。生後6か月頃から2歳位までの間に育つと言われている愛着関係がしっかり育っていないように感じます。

1997年に起きた酒鬼薔薇聖斗事件では、当時の裁判官は「早幼児期の育ち方のあり方に問題があったと思います。愛された記憶のない子の気持ちがわかりますか。」というコメントを出されました。

子どもを育てる上で大切なものは愛情です。「お好きにどうぞ、守ってあげるよ。」という気持ちで接してあげると、子どもは幸せな気持ちで育ち、必ず親の期待に応えようとするはずです。

香茶店〝香り不思議発見〟 Vol.103

目に青葉 山ほととぎす 初鰹
山口素堂

皐月の空に鯉のぼりがそよぐ季節。
萌黄色の新芽が山々の色を一気に変えていく。山樫、楠、椨(タブ)の木が一斉に若葉を芽吹かせる。
椨の木はクスノキ科の常緑樹で、お線香の原料として使われている。お線香の香料は様々、けれど線香、練香の繋ぎに使われていることは、ほとんど知られていない。天年堂では自社工場で椨の木でお線香の原料を作っている。この原料は全国の線香製造業者に供給している。

里山の賑わい 八女市立花町
〜手仕事を愉しみ 旬を味わう 初夏の里山〜

お香についてのお話と練香作り
[ご予約優先]
とき:4/30(火・祝)13:30〜15:00
5/1(水・祝) 13:30〜15:00
ところ:八女市立花町白木「旧大内邸」
参加費:2,160円 講師:木下忍
定員:各8名様
平安貴族の楽しんだ薫物合(たきものあわせ)
に用いられた練香をお好みで調合した香りは
室内香としてご利用頂けます。
予約・お申込み:天年堂店舗まで
TEL.0942-51-2305

匂い袋と掛け香のワークショップ
とき:4/29(月・祝)〜5/5(日・祝) 期間中実施
ところ:八女市立花町白木「旧大内邸」
参加費:匂い袋2,160円、掛け香(2個セット)1,080円
所要時間:約1時間(予約不要)

temnendo201905.jpg

母の日グッズ揃えています!
思い出の中のお母さんにも
香りのプレゼントしませんか!

コーヒー産地を訪ねて…一枚の写真 vol.120

“2019年 コロンビアCOE アルメニア”
写真と文 安達  和宏
adati201905.jpg
2019年3月 コロンビアCOE表彰式での一コマ。結果発表も進みいよいよベスト3に絞られた農園主たちが登壇しました。審査時は農園名もその他の情報も一切ないので、農園名と地域がコールされると地域で陣取ったテーブルから農園主たちの歓声が沸き、思わず私達も声を上げてしまいます。司会者の声に会場は益々盛り上がりますが、当の農園主たちは期待と興奮を隠すように穏やかな表情でその瞬間を待ちます。テーブル前列に陣取った我々審査員も、自身がカップし素晴らしい印象を残したあのコーヒー豆はどの農園が作ったのか、ひそひそ話しが後方のテーブルからも漏れてきます。また、私の横には同じく審査会に出品した農園主が今年は19位に入り喜びと残念そうな笑顔で見守っていました。さてさて、見事2019コロンビアCOE1位に輝いたのは...どの農園主でしょう?!

久留米文学散歩 vol.77

怪火③
文/増原 達也

そして十八年ニ月末頃か3月初旬に呉の港から戦地に向けて出発しました。忘れておりましたが、私は父の任地の街で幼稚園にいっています。その街では幼稚園はニヶ処しかなく、それも小学校の中に設置されていました。その時の写真も現在手元にあります。それには昭和十三年と記されていますので、太平洋戦争が勃発する三年前と云う事になります。そして多分、父が航空隊を設りに呉から任地に行く時も呉の駅から汽車で行ったと思います。何故ならば、その時、私は呉の駅構内で自動販売器で「キャラメル」だか「チョコレート」を買った記憶があるからです。その自動販売器は今のと殆ど変わりなかったと思います。只、現在の様な派手さはなかったと思います。処が父が戦地に征くようになって呉の駅に自動販売器は存ったのですが、商品は既に出なくなっていました。その時何故出ないのかと、父に尋ねた記憶も存ります。併し、父は良い返事はしませんでした。それだけは鮮明に遺っています。当時、軍港には余り近く迄は行けませんしたので艦に乗る処は見ていません。只、母方ニ人の母の妹と父方の兄弟だか親類の若い人が二〜三人お見えになっていたのは憶えています。その時、「青江(刀)と爪は蝋漬けにするから」と父の兄が父に話しているのが耳に遺っています。当時その意味は分からなかったからです。青江と云うのは刀で、備前青江でニ振り(大・小赤鞘)の事だったのですが、これは父の戦死の公報後、葬儀の時まで、そのまま父の実家にあった様です。それを蝋漬けにして墓に埋めたのは、戦後、それも占領軍の取締りが厳しくなると噂が広まっての事であった様です。刀で思い出しましたが、戦地に征くことが決まってから父が縁側で刀の手入れをしている時、「儂が、こんな物を、振り回す様では・・・」と母と話している処が記憶に遺っています。その刀が青江だったか、どうかは記憶に存りませんが、戦地に征く時、友人達から刀を一振だか、二振だかを頂いた様です。青江以外の刀が、どうなったかは知りません。

新・落語スズメvol.9

「裏長屋騒動記(ネタバレあり)」
文/松田 一成

「(五代目)小さん師匠から、新作落語の依頼を受けたときは夢かと思うほど嬉しかった」とインタビューに答えたこともある落語好きの山田洋次監督が、その落語の世界を芝居にしたというお話。案内には監督自身の言葉で「今回初めて、前進座と一緒に舞台を創ることになりました。落語の「らくだ」と「井戸の茶碗」をもとに、ある裏長屋で起こる騒動のお話です。〜どうぞ、ご見物の時には、舞台の俳優さんと同じ空間で、笑いや喜びを共有して、にぎやかに大声で笑いながらお楽しみください」。アタシにとって前進座といえば、女優も出演する歌舞伎くらいしかイメージのなかった劇団。その芝居に落語の主人公、嫌われ者の『馬』と正直だけが取り柄の『清兵衛』を、どう見せてくれるのかと楽しみに劇場へ向かう。あらすじは人情噺「井戸の茶碗」が縦糸となり、『清兵衛(劇中では久六)』を中心に浪人の娘『お文』と若侍『高木作左衛門』の恋模様を描いた爽やかな時代劇。落語の中では河豚に当たってすぐに死んでしまう『馬』も、芝居のなかでは意外と長生き(笑)。死人となった後も見事な踊りを(DA PUMP、U.S.Aのノリで)披露のサービスぶり。落語として頭の中で想像する世界が、目の前で軽快に繰り広げられ、違和感のあった場面転換も、気づけば芝居の間として楽しめる仕掛け。いよいよ、長唄に編曲された「寅さんのテーマ」が流れると、大向こうから「豊島屋!」の声も掛かり、山田監督「してやったり」の表情が思い浮かぶ。カーテンコールに並んだ役者さんの表情を思い出しながら、日本人の心情的大団円を素直に楽しんだ芝居見物でありました。

くるめ食素材探検 vol.67

シュウマイにのってるお豆でおなじみ。
「グリーンピース」編
文/靏久 格(産直や 蔵肆)
gurrnpisu.jpg
シュウマイにのってるお豆でおなじみ。メンデルの法則でも有名ですね。
先月からスタートしたえんどう豆シリーズ。今月は、おなじえんどうでも「グリーンピース」をお送りします。さやごと食べられるスナップエンドウや絹さやに対して、グリーンピースはさやをとり、豆だけたべるお豆の代表格ですね。
そもそも、ではありますが「さやえんどう」これ、つまりはえんどう豆の未熟な莢(さや)の部分を食べる場合の呼び方なんです。つまり、エンドウのさやの部分を食べるものは、全部「さやえんどう」スナップエンドウやきぬさやは、さやえんどうです。
これに対して、さやをとって中の未熟な豆だけを食べるものをグリーンピースと呼びます。そして、豆がすっかり成熟すると「えんどう豆」になります。枝豆と大豆みたいなもんですな。そこからさらに育つとソラマメに・・・はなりません。
えんどうは中央アジアから中近東、地中海沿岸にかけての地域が原産地。8〜10世紀頃にインドや中国経由で日本にも伝播したといわれています。平安時代に編纂された辞書「和名抄(わみょうしょう)」にも名前がみえるんだとか。しばらくの間えんどう豆は穀物として利用されていましたが、明治時代になってから欧米からさまざまな品種が導入されて、日本でもグリーンピースの食用が一般化していきました。
店頭でえらぶコツは、さやがふっくらとしていて張りがあり、きれいな黄緑〜緑色のもの。さやの表面やへたが変色をチェックしましょう。グリーンピースはさやから出して時間が経つと風味が低下していくので、さや付きがおすすめです。すぐに使わない場合は乾燥しないようポリ袋に入れて冷蔵庫の野菜室へどうぞ。さやから出されたものは当日使い切るのがベスト。長期保存したい場合はゆでたものを冷凍保存しておくといいと思います。
ところで、なんでシュウマイにグリーンピースが乗るようになったのか。これ、横浜の崎陽軒にも記録が残っていなくて諸説あれど不明、とのこと。でも、上に載ってるときれいだよねえ、と思ったら崎陽軒は中に埋め込まれているんだとか。てっきりのってるもんだとばかり思っていましたが、意外とうろ覚えですなあ。

子どもの為のひろしじいちゃんの絵ごころ指南!! Vol.11

「社会性を持つ目を養う美術教育」
子どもの絵 六ツ門教室
主宰 杉山 洋

左の2つの絵は金丸小のN君のもので、左右ともに全日本こども美術展で特選受賞したもの。
右は小学二年のときのバスに乗っての「社会科見学」を題材にしている。
この絵には塗り絵経験の跡がない。
バスの窓を通して自己を含めて友人の顔・姿を描いている。バスの車体を通過して車内の様子を思い出して絵を描いている。
写生していないということ。
小学二年では写生が出来ないのは当たり前で、まだその段階ではないということ。
それを大人は未発達と勘違いして「バスの中が見えるはずがない」と描写不足を叱ってはならない。そんな大人こそ教育が段階的に発達することを知らないものとして糾弾される方である。
車内の友人はバスの進行方向を無視して全員正面を向いている。横顔を描くことに気づいていない。お互い正面で記憶しているからだ。つまり記憶を思い出して描く年齢と理解してほしい、顔が正面を向いているのは車外を見学した驚きと楽しさを思い出して描いたと思ってほしい。鼻のある横顔の表現はまだ描けないその時期であっても、運転手さんをそれと分かるように描写しているではないか。それにバス停の標識も描いている。
塗り絵で育った子は、バスの車体を一色でぬりつぶし肝心の社会科見学を楽しんでいる自分たちが消滅した不幸な絵を描くようになる。
左の絵は、N君の六年生の作品。
上級生にはよく靴を描かせる。汚れた紐のある靴を。右の幼稚に見える絵を描いていた子が、こんな写生力十分な絵を描けるようになった。汚れも、ややこしい紐も、的確に描けることを喜んだのはまずN君だった。
この作品には学年に応じた社会性の的確な表現がある。まず木製の机の上にある汚れた古新聞紙。靴の背後も木の目のはっきりとした壁。つまりこの靴の存在する社会性がきっちりと主張されている。予想通り、N君は読書大好きな子になった。

《ともに全日本こども美術展特選受賞》

sugiyama5_1.jpg
▶金丸小二年 N君

sugiyama20190502.jpg
▶金丸小六年 N君

歯は健康のバロメーター vol.25

〜落合先生のお口のお話し〜

「イオン飲料やスポーツ飲料は上手に摂りましょう2」
おちあい小児歯科医院 院長 落合 聡

発熱、下痢や嘔吐等の体調不良の時、イオン飲料やスポーツ飲料は水分補給、疲労回復等に大変役に立つもので、実際にこれのおかげで助かった、というこどもは数え切れないほどいるはずです。
しかし、イオン飲料やスポーツ飲料を、体調は良好、特に大汗をかいたり体力を消耗していない、普通に食事ができている、いわゆる普通に生活している子どもが飲んでいると、電解質が多くなり、かえって喉が渇いてしまう傾向があります。したがって、いったん飲用が習慣化するといつでも飲んでいなければ落ち着かない、という状態になりやすいのです。またそれなりに糖分を含んでいて、こどもが好む味になっていることがさらに習慣化を促し、その結果、むし歯になりやすい状態に陥ってしまいます。それだけではなく、甘味によって食欲が低下したりそれなりのカロリー摂取により肥満の原因にもなります。
イオン飲料やスポーツ飲料は、本来スポーツをしながらあるいは病床で枕元に置いた状態で飲みやすいように、ほとんどがペットボトル入りで販売されていますので、これが元気なこどもたちにとっては持ち歩きも便利ですから、これがまた常飲するきっかけになっているのでしょう。
したがって、過激な運動をしたとき、あるいは脱水が心配になるほど大汗をかいたとき以外は普通の水を与える、ペットボトルを持ち歩かない(必要な時にはその都度購入する、これだけでもずいぶん違います!)、体調不良の際に飲ませた場合、改善したら飲み物はすぐに水に戻す、普段の生活では、就寝前や夜中に目を覚ました時には水を飲ませる、入浴後は水を飲む、といった習慣が大事です。
それではすでにイオン飲料、スポーツ飲料が習慣化してしまっている場合はどうすればいいか、次号に続きます。

むすんで、ひらいて!! vol.60

「いたずら りさこちゃん」自閉症の女の子

一般財団法人田中教育研究所
幼児心理カウンセラー  野田 鏡子

今回は3歳から7年間指導をした自閉症の女の子が年長児の頃に描いた絵本をご紹介したいと思います。
入室時は言葉もなく、目も合わず、名前を呼んでも振り向かず、思い通りにならないと癇癪を起こして手に負えない状態でした。
自閉症の子どもたちは、言葉で気持ちを表現するのが苦手なのですが、こんなにも豊かな心が育っていたのかと感動しました。
13.jpg
23.jpg
31.jpg
41.jpg
52.jpg
61.jpg
71.jpg

Home

Search
Feeds
Meta

Return to page top