Home

くるめ-コラム

久留米文学散歩 vol.73

夏目漱石と熊本そして久留米⑪
文/増原 達也

耶馬渓から帰った漱石は決して「機嫌」は良くなかった様です。鏡子さんが書き遺しているように足に「マメ」を作ったり雪の中で「馬に蹴られた」りした事だけでなく、頼山陽が詠んだ句から受けた感じと実景とが想像と大きく違っていたからではないでしょうか。それにキリスト教の深い信仰を持っている奥太一郎氏とでは話しも余りなかったでしょうから。その証拠に数日同行していた奥氏ですが、本当に漱石と一緒だったかと疑う位、耶馬渓で漱石が詠んだ句の中に奥氏の息遣いが無いのです。だから勿論奥氏が作句した句も遺っていません。彼は敬虔なキリスト教信者で後にその方面の大学の教授にも就いています。それにしても、一句位、亦漱石が句の中にそれらしい人物を読み込む位の事をしても良かったのではないでしょうか。道中句にそれも存りません。漱石が道中で遺した句では本当に奥氏は同行したのかと疑う位です。漱石は道中彼と何を話したのでしょうか。それにもう一ツ大きな落胆が存ったのです。それが漱石が頼山陽の句で受けた直感的な事と実景が余りにも違いすぎていたと云う事ではないでしょうか。真冬と云うこともあったでしょうが、それより山陽の句作の姿勢にあった様です。作風というのもあるでしょうが、ここに山陽作の「泊天草洋」と云うのが存ります。これを読んでみても私の様な知識ではとても理解に苦しむ処が多いのです。例えば
雲耶山耶呉耶越、水天髣髴青一髪
とありますが、有明湾から西側の天を見渡しての事で、これは
雲か山か呉か越か、水天髣髴青一髪   と詠みます。
正直な処「有明海」から呉や越が観える筈はないのです。そしてこの海はそんなに広くもないし深さも存りません。山ばかりは展望できます。只この湾は潮の満ち引きで遠浅になり若し山陽が舟に乗っているのなら、その高低には驚いた筈です。それは詩の中にはありません。
漱石もこの八句の中からその様な事を感じ取ったのではないでしょうか。
尚耶馬渓の景勝を世に伝えたのは山陽が最初と伝えられています。

コーヒー産地を訪ねて…一枚の写真 vol.116

“2014年 ホンジュラス レンピーラ”
写真と文 安達  和宏

2014年ホンジュラス レンピーラにあるティト・ヴァレンティンさんご家族を訪問した際の一コマです。
グアテマラから陸路でホンジュラスへ入り、カカオ農園などを廻り二日目にこちらにお邪魔しました。山道をひた走りやっと辿り着くと、小じんまりとした小屋へ通され朝食をご馳走になりました。お決まりのトルティーヤに豆や卵料理。質素な食事ではありますが、暖かい笑顔で私たちをもてなしてくれます。収穫するコーヒーには息子4人に娘婿1人のパート毎にそれぞれの名前でロットがあり、家族で頑張っている様子が手に取るように窺えます。生産量も少なく手作業での積み重ねですが、収穫後の処理や乾燥など検証しながら、そのノウハウは構築され伝え受け継がれるのでしょう。また、ティトさんご家族の笑顔と再会できる日が楽しみです。

201901coffee.jpg

くるめ食素材探検 vol.63

柿ピーでおなじみ。ピーナッツです。
「落花生」編
文/靏久 格(産直や 蔵肆)

落花生は南アメリカ大陸原産。なんと紀元前2500年前の遺跡から落花生の殻が出てきたんだそうです。そこからアフリカ経由でスペイン、そして東南アジア経由で日本にやってきたのは18世紀初頭。
そんな付き合いの長い落花生ですが、食物アレルギーの7%程度を占め、アナフィラキシーショックを起こす代表的な食物でもあります。食品の表示でも一番強い「表示の義務がある特定原材料7品目」に、えび、かに、小麦、そばなどと並んで指定されております。最近では豆まきで落花生(ピーナッツ)を使用することが増えているようですが、接触や粉末の吸入などでも症状がでるため注意が必要です。

生の落花生、鮮度が命!という繊細な一面もあります。収穫後24時間で味や硬さが変化してしまいますので、生の落花生は冷凍するほかなかなか流通に乗りません。もし、生を買われるときには、収穫日時のご確認を。というわけで、あの乾燥した落花生がおなじみなわけです。乾燥にも天日と機械乾燥の二種類ありまして、価格や乾燥度合いの安定には機械乾燥に軍配があがります。一方で、人工的な熱風を送って乾燥させるため食味が落ちたり、甘みの少ない落花生になるほか、落花生に含まれる油の変質が気になるのも機械乾燥です。
主要な産地である千葉県では、いまだに「ぼっち」と呼ばれる手積み、天日の乾燥方法がとられているところもあり、季節の風物詩として観光資源にもなっているようです。共通語では「野積み」といいますが、北海道でも似たようなやりかたで小豆なんかを積んで乾燥させます。これ、「にお積み」っていうんですよね。どなたか、語源をご存じないですか?

201901peanut.jpg

香茶店〝香り不思議発見〟 Vol.99

雅な香りで快適なお部屋の演出を!
香star

平安時代、貴族の女性はお香を枕の中に入れ、その髪に香りをしみこませたそうです。「花小袖香枕」その香枕を模して作った「置き香」です。お部屋や玄関等のアクセサリーとして、香りを楽しむ道具です。
花小袖香枕は、桐箱に源氏香をあしらい、その透かしから仄かな香りが漂う仕掛けになっています。親しい方への贈り物に、自分のお部屋や玄関の香りとしてご利用ください。自分らしい香りの演出ができますよ!

香枕本体(総桐製)1個
香枕専用お香(タトウ紙包み)1個
…5,000円(税別)
※詰め替え用お香1,500円も用意しております
※本商品はご予約の上、ご注文となります。

201901kaori1.jpg

201901kaori2.jpg

香茶店〝香り不思議発見〟 Vol.98

香りを贈る「干支の香り袋」
香star

平成30年もそろそろ終わり、新しい年を迎えるにあたり、気持ちも新たに清々しい気持ちで迎えたいですね!
香老舗天年堂では、来年の干支にちなんだ香り袋をご用意しました。可愛い置物タイプでお香の老舗・松栄堂のオリジナル商品です。また、亥の意匠をあしらった干支香炉も京焼の斬新なデザイン(胴が扁平な壺の姿)は扁壺形と呼ばれ、古代から世界各地で愛されてきました。
新年の穏やかなひとときを天年堂の「香りのおもてなし」で迎えませんか!

201812-tennen1.jpg

201812-tennen2.jpg

干支香り袋 亥 (金茶、白、赤)
…各3,456円(税込)
干支香炉 亥…3,024円(税込)
※いずれも限定商品になります。
品切れの際はご容赦下さい。

コーヒー産地を訪ねて…一枚の写真 vol.115

“2012年 グアテマラ アンティグア”
写真と文 安達  和宏

2012年グアテマラCOE ”カップ オブ エクセレンス品評会”での一コマ。審査会期間中には近隣のコーヒー施設や農園を訪問するアクティビティが用意されています。この時はグアテマラシティから40kmほど離れたアンティグアという古都にある伝統的な農園=サン・ラファエル・ウリアス農園を訪問しました。古くも綺麗な花々に囲まれた建物では、オーナーのイシードロさんが我々を温かく出迎え農園の歴史や栽培状況、精製方法など詳しく教えてくれました。4代続くというその歴史と先人たちの開拓者魂を語るその声には、強く重い積み重ねからなるコーヒーづくりへの想いを感じます。周辺の山々を望むパティオで生産処理、そして乾燥されるコーヒーは口当たりがまろやかでミルクチョコ、チェリーや華やかな余韻が残ります。まもなくこの農園も販売開始、まろやかな味わいとの再会が楽しみです。

201812-coffee.jpg

久留米文学散歩 vol.72

夏目漱石と熊本そして久留米⑩
文/増原 達也

例のとおり元日から同じ学校の奥太一郎さんとごいっしょに年来の希望であった耶馬渓へと旅立ちました。旅の模様は知りませんでしたが、家へ帰る前日か前々日の事でありましたでしょう。豊後の日田あたりの峠で馬に蹴られ雪の中に倒れたと云って、いやな・しかめっ面をして帰って参りました。それからむやみと歩いたものとみえて、足にまめをこしらえておりました。
これは明治32年元日から奥氏と二人で耶馬渓に向けて漱石が出発した時の事を後日妻女鏡子が松岡譲の筆録で「漱石の思い出」として出版した本の一部です。この本に依ると漱石は、どの様な道順でか耶馬渓に直接行ったことになっていますが、彼が後日遺した俳句集等を覧ますと、まず「小倉」に行き
うつくしき蜑の頭や春の鯛
を詠んでいるのです。それにこの小倉には「中原慶太」と云う二松学舎の同窓生が居るのです。その人物の住所氏名は二松学舎第三輯名簿に記載されてもいます。(参考〜この人の住所〜福岡県企救郡小倉寶町)
亦これには前句として「小倉」としてあります。この企救丘と云う処は「小倉」でも「日田彦山線」に乗替えてニツ目位南下した処に位置していますので、漱石の詩とは少し違った感じがします。現在の地理や地図で判断していますので明治の時代とは「ズレ」が存っているかも知れません。
そして二日目に「宇佐」に入るのですが、ここでも前句として
正月二日宇佐に入る新暦なれば、
にや門松たてる家もなし
蕭条たる古駅に入るや春の夕
そして後6句詠んでいます。
この「宇佐」にも二人の同窓生が居ます。
都留光三郎(大分県宇佐郡宇佐村)
本村周三郎(大分県宇佐郡山口村)
当時の印刷物なので文字が不明朗な処が多く存りますので、その点はご了承下さい。そして60句程度詠まれて、久留米の追分で詠まれたであろう前句付の
追分とかいふ処にて車夫共の親方
のっていかん喃といふがあまり
可笑しかりければ
親方と呼びかけられし毛布哉
となります。旅は此処迄で、後は自宅で詠まれたものと思われます。

くるめ食素材探検 vol.62

生姜と間違えて買われる方も…
「きくいも」編
文/靏久 格(産直や 蔵肆)
きくいも、体によかちゃきくばってん、使い方がようわからん、と言われるお野菜です。ときどき、生姜と間違えて買われるかたもいらっしゃいます。

きくいもの発見は16世紀。北アメリカのインディアンが栽培していたのが始まりとされます。そのあと欧米にわたり、19世紀になってペリー来日とともに伝わったようです。ひまわり科のきくいも、1年でその土地の栄養素を全部吸収してしまうといわれるほど生命力の強い植物です。

きくいもの成分で注目されるのは「天然のインシュリン」といわれる「イヌリン」と呼ばれるもの。生の菊芋には15%前後のイヌリンが含まれているとされています。このイヌリンは消化によってオリゴ糖となり、血糖値の異常によっておこる糖尿病などに良い影響を与えるとされています。

生のままでもクセがなくシャキシャキとした食感が楽しめる他、サラダや和え物、炒め物、揚げ物などでも美味しく食べられます。味噌汁に刻んでいれるとおいしかですよ。皮はとても薄いので、コブの部分や土が残っている部分だけ取り除くだけでも食べられますが、綺麗に仕上げたい時や気になる方は綺麗に剥いてから使ってください。水ですすぎながら金たわしでこそげると綺麗に剥けます。もちろん表面をつるっと仕上げたい場合はナイフを使ってください。味噌漬けするなら一週間くらいで食べられますが、あまり中まで味ははいっていきませんでした。酒粕1に味噌2くらいいれて漬け込んでもおいしかですよ。

201812-kikuimo.jpg

新・落語スズメvol.4

「噺家の主張」
文/松田 一成

久留米某所、最近テレビでもお馴染みになった噺家さんの落語会、ホームゲームの心強さか、マクラから飛ばす飛ばす。テレビ言えないこと、いや、言いたいことをどれだけ我慢しているのか、「私の考える正義」ほぼ中年の主張。きっかけはこうだ。某番組でコメンテーターをしている件の師匠、某親方の某協会退会のコメントを求められたときだ。一言「相変わらず勝手な方ですね。」放送後、テレビ局にクレームの電話、ネットでは炎上、自身のブログには噺家やめてしまえとも。一面的な正義の怖さを思い知らされることに。師匠にすれば、噺家も、某協会も同じ徒弟制度、特殊な世界の中で、独特の価値観が存在してたとしても、師匠が弟子を思う気持ち、親が子を思う気持ちは世の中と変わらない。子の為ならどんなに辛くとも最後まで守ってやるのが親の役目だろうと。それを途中で放り出す無責任さを突いた、実に噺家らしいシニカルなコメントだと思ったのだが、しかし、実際は見事に裏目。噺家としてテレビに呼ばれている役割も理解しているし、公共の電波に乗る以上、言葉には充分気を付けていたのだが、本当に今回の件は驚いたと。その話題で、マクラの半分の時間、高座を盛り上げていました。ではもう半分の時間は何の話題か。最近、自身に入門した弟子のせいで、どれだけストレスが溜まっているかという話。笑った笑った。噺家はこうでなくては。

歯は健康のバロメーター vol.20

「口をけがしたときには、
歯の変色に注意して下さい。」

おちあい小児歯科医院 院長 落合 聡

つかまり立ちをして滑ったり、よちよち歩きをして転んだり、1歳頃のこどもたちにはよく見られるアクシデントです。その際に最もよくぶつけるのが上の口唇、そして次にオトガイと呼ばれる下顎の前方のあたりです。上の口唇をぶつけると、口唇が上に引っ張られるような力が加わるため、上口唇と歯肉をつなぐスジ(上唇小帯:じょうしんしょうたい、といいます)が切れたり、上の前歯の歯肉が剥がれてしまったりすることがよくあります。また、下顎をぶつけた場合には下顎の皮膚に傷を負ったり勢い余って下口唇に上の前歯が突き刺さってしまうこともあり、いずれにしても受傷直後にはかなりの出血を生じるのが口の周りのけがの特徴です。
出血している部分の縫合処置等が必要かどうかについては、誰もが心配し注意してみていますが、それと同時に気をつけないといけないことがあります。それは歯の変色です。
歯は強い衝撃を受けると、折れたりぐらぐらになったりすることがありますが、このような症状がないのに、歯の中身である歯髄(神経と呼ばれている部分)が死んでしまうことがあります。そうなると血液の循環がなくなり、その結果歯の色が赤黒く変色してきます。ただし、その変色はぶつけた直後ではなく2~3日後、ときには1か月以上経過してようやく明らかになることもあります。稀に自然に元に戻ることもありますが、変色が生じてしまった多くの場合には歯髄を除去する治療が必要となります。
口の周りにけがをしてしまった、あるいは強くぶつけてしまった、という場合、歯の方は何でもないようにみえても、しばらくの間は変色が生じてこないかどうか、歯磨きの時などには注意してみてあげて、おかしいな?と思ったらすぐにかかりつけの歯科医院にご相談することをお勧めします。

Home

Search
Feeds
Meta

Return to page top