Home

くるめ-コラム

B-1グランプリへの道(その7)【三食同盟/愛リーグ的オヤジギャグ発想】

banner_bkyugurume.jpg 

B級グルメパラダイス「美級 久”留米天国」

久留米やきとり学会 会長 豆津橋 渡
e-mail  gakkai@kurume-yakitori.com
HP  www.kurume-yakitori.com

 先日、青森県庁で『つゆ・みそ・じる 三食同盟』の調印式がありました。基本的には八戸、青森、黒石が11月に久留米で開催される「第3回B 1グランプリ」に出場します、ということを県内に向けて発表する催しなのですが、それだけではおもしろくない。「黒石つゆやきそば・青森生姜味噌おでん・八戸せんべい汁が、青森県を代表して全国に戦いを挑みます」という同盟を結び、記者たちの前でその宣言をしたのです。
 前にも書きましたが、B 1グランプリを主催する「愛Bリーグ」は飲食関係の業者ではなく、全国の地元を愛する民間団体の集まりです。ですから、基本的に活動資金が乏しいため、そのPRにかける予算はたいへん厳しい状況です。では、お金をかけずにPRするにはどうするか?。それは「何ソレ?」とクスッと笑ってもらえるモノを発信し、「報道したい」「面白い」と思わせる題材を提供することです。そもそもB 1グランプリという発想も、格闘技のK 1やお笑いのM 1のパクリだし、愛Bリーグというのも「全国B級ご当地グルメでまちおこし団体連絡協議会」という長ったらしい名前を、米国東部の大学の集合「Ivy League」にもじってつけた名前です。合言葉の「ビーワンダー!」は、これも「B 1だぁ」と「Be Wonder」をかけたもの。
 今や全国にその名を知られるようになった「富士宮やきそば」。この超ローカルなメニューを全国的に有名にしたのは、オヤジギャグ的発想のおかげといってもいいほど、次々とネタ提供しています。サポータの名称は「やきそばG麺」、その活動の取り組みを「ミッション麺ポッシブル」、小倉焼うどんとの対決「は天下分け麺の戦い」だし、激辛の「激香夏麺(げっこうかめん)」やヨン様も汗ダクの「冬ソバ」である。また名産のニジマスをつかった「マスバーガー」で、その店名は「鱒益分岐点(そんえきぶんきてん)」、地元の銘柄豚に「ルイビ豚」、その肉屋は「ポーク神社(ジンシャー)、そしてやきそばに合う日本酒に「だいびんじょう」という名前をつけて売り出すなどなど、ダジャレ・オヤジギャグのオンパレード。え?くだらないですって?でも、この名前と取り組みだけで新聞やテレビなどで取り上げられ、またネットでも話題になっています。宣伝費用に換算するとものすごい金額です。
 地域ブランドの生命線は「知名度」。まだまだ全然知られていません。我々「久留米やきとり学会」も活動資金は¥0なんで、オヤジギャグ的発想を駆使して、今後はダジャレを使いまくろう、と企んでいます。みなさんもアイデアがありましたら「くるめすたいる」までお寄せください。お待ちしています。
 最後に愛Bリーグの会長・渡辺英彦氏の至言をご紹介。
【自分たちがどんなに素晴らしいと思っていても、知られなければ存在しないのと同じ。】

ラーメン今昔物語~カラダは正直~111

banner_ramenimamukasi1.jpg

  今回のタイトル・・・「ふっふっふ、奥さん、イヤイヤ言うわりにはカラダは正直じゃぁねえか・・・」なんてイヤらしいハナシではありません。
 実は先日、僕は検査入院をしました。入院中、何度も血圧や心電図をとります。特に血圧は三十分置きに看護婦さんが交代で測りに来ます。最初は若くきれいな看護婦さんでした。その時の血圧は何と上が百四十の高血圧。無意識の動揺です。三十分後、今度はやや年配で容姿は微妙な看護婦さんでした。血圧は百二十の正常値でした。僕は思いました。…カラダは正直だ。
 もっと的確に心の状態が数値に出るのが心電図でした。タコの吸盤みたいなものを乳首の周りや脇腹などにペタペタくっつけると、モニターに波形が流れるアレです。これはオモローイ機械です。この機械は、少し体を動かすだけでモニターが反応して波形がいろんな形に変化します。僕は病室のベッドでひとり、腕を曲げたり、両足を上げてシンクロのマネをしたりして波形の乱れを楽しんでいました。そんなとき病室の入口に向かって大きく足を拡げると、僕の股間の向こうに看護婦さんがこっちを見ていました。とーっても波形が乱れました。〈ハズカシサ〉もちゃんと心臓の電流として数値に出るのです。・・・カラダは正直だ。
 笑いながら看護婦さんは話しかけてきました。「香月さんは大砲ラーメンの社長さんだったんですね」波形がやや乱れました。看護婦さんは続けて言いました。「うちの息子もラーメン屋にしようかな。だってラーメン屋って儲かるんでしょう?うちの息子の将来の夢は〈金持ち〉らしいから」それを聞いた僕の心電図は激しく乱れました。「ちょっとまって看護婦さん。俺はね、カネモチになるためにラーメン屋を始めたワケじゃなかと!」僕は次第に興奮してきました。「大体、そげな露骨な金銭欲でラーメン屋初めても絶対うまくいかん!ソレは夢じゃなくタダの欲望ばい」その瞬間、心電図のモニターから大きなアラーム音が鳴り、計測不能になってしましました。・・・カラダは正直だ。
 そういえば、学生時代にこんなことがありました。男ばかりの友人四人でドライブしていたときのこと、一人の友人がやにわにワイ談(エッチな話)を始めました。それは次第に盛り上がり、聞き手語り手が雑多に入れ替わって大いにテンションが高まってきました。しかし、その中で運転手のA君だけがしらけた顔をしています。彼はワイ談嫌いなのかホモなのか、その手の話には全く興味がないようで、ついにA君は皆に言いました。「いいかげんにしろ、そんなつまらんハナシ」・・・一同しらけた空気の中で、突然B君が、なにかを見つけて言いました。「おいA!ソレは何や?」A君の股間には大きなテントが張ってありました。・・・カラダは正直だ。
 と、いうことで、最後はやはり下ネタになってしまいました。今回のコラムはお子様の手の届かないところに置いて下さい。

◆バックナンバー◆
http://www.taiho.net/konjyaku_new.htm

〈その68〉今江祥智さんの絵本の魅力

banner_tanosiihon.jpg

おはなし 田原和子さん(久留米子どもの本を読む会・代表)

 7月の末、久しぶりに久留米に来られた、今江祥智さんの講演を聴きました。
 既に、70代後半になられた今江祥智さん、今回の講演では、児童書関連の様々な人との関わりを数多く話して下さって、1960年代からの、新しい子どもの本の動きをなぞっていくようで、懐かしい気分で聞き入りました。
 今江祥智さんには、はやくから実に多くの、大人も楽しめる絵本を紹介して貰いました。ルマ・ゴッテンの『ねずみ女房』やカニグズバーグの数々の作品、ガブリエル・バンサンの『アンジュール』やその他のロマンを含んだ作品たち。そう言えば、わたし自身の児童書への入門は、この門からだったなと、思い出してきました。だから、楽しい本に沢山出合えたのだと。今江さんが文を書いた絵本は、『ちからたろう』『でんでんだいこいのち』『竜』『なんででんねん天満はん 天神祭』『そこがちょっとちがうんだ』『いつだって長さんがいて』ほか、田島征三、杉浦範茂、片山健、長新太など、個性的な画家との組み合わせで、迫力のある絵本になっています。可愛い、綺麗だけではなく、人生の哀歓を、そのまま描き出した絵本にも、子どもたちに出会って欲しいと願っておられるのでしょうか。いつになく年齢を感じさせた、この夏の今江さんに、エールを送りたくなりました。

tanosihon9.jpg
*******今江祥智さんが翻訳した絵本(共訳も含む)*******
『青い大きな家』(BL出版)ケイト・バンクス:さく G・ハレンスレーベン:え
『フリックス』(BL出版)トミー・ウンゲラー:絵・文
『風車小屋ねこ カッチェ』(BL出版)グレッチェン・ウェルフレ:文 ニコラ・ベイリー:絵
『ぼちぼちいこか』(偕成社)マイク・セイラー:文 ロバート・グロスマン:絵
『クマがふしぎに おもってたこと』(BL出版)ヴォルフ・エァルブルッフ:文・絵
『ナビル ある少年の物語』(BL出版)ガブリエル・バンサン:作
『夜をつけよう』(BL出版)レイ・ブラッドベリ・文 ディロン夫妻:絵
『サティさんは かわりもの』(BL出版)M.T.アンダーソン
『光のように鳥のように画家マティスの物語』(BL出版)ビジュ・ル・トール:作
『兎あにい おてがら話』(BL出版)プリシラ・ジャクイス:再話 エド・ヤング:絵

Vol.21「家づくりの信頼って?」

banner_sumai.jpg

A 来年の10月から新築住宅を対象に、「住宅瑕疵担保履行法」という法律が施行されるとやけど知っとるね?
B ん、ん、ん何と読むとね?

A 「じゅうたくかしたんぽりこうほう」たい。簡単に説明すると、「新築住宅を建てた場合10年間は無料補修するので、その分の資力として建て主から保険料を徴収しますよ」という事げな。

B ふーん。10年間無料補修してくれるならよかやん。
A 「うん、よかよか。」といってしまいそうやけど、必ず加入せんといかんという点がチョット疑問かな?
~木造の戸建住宅の場合、対象となる部分は、「基礎・土台・柱・梁・小屋組・筋交い・屋根下地版(瓦等屋根仕上げ材は、含まない)・床版(フローリング等仕上げ材は、含まない)」で、この部材が変形した場合に無料補修を行う~
A 普通この部分は、10年くらいでは、変形せんやろ。変形するとすれば完全に工務店に瑕疵(欠陥)があるはずやけん、そんな時の保険やろね。
 さらにこんな事も書いとるばい。「屋根からの雨水の浸入・外壁・開口部からの雨水の浸入に対する無料補修」
B これは、なかなかよかごたるね。
A んっ!チョット待った!!保険金が支払えない事項にこう書いてある。「洪水、台風、暴風、暴風雨・・、豪雨」の場合は対象外。ということは、台風の時に雨漏りした場合は、各家庭で掛けている「火災保険」で対応する…って事が前提やね。
 新築した家により安心感がほしい人は加入すべきやけど、全ての新築住宅に適用するのは、いかがなものかと。より強い住宅を造る為にお金をかけ、設計者あるいは工務店と慎重に「家づくり」をするわけだから、基本的な瑕疵に対して保証するような制度は、逆に建物の品質を落とすんじゃないやか。性能保証といわれる家の品質証明みたいなのも大事やけど、所詮書面での事。昔ながらの信頼という保証を復活させたいもんやね。

shintani.jpg

「住まいば考えよっ隊」
一級建築士  新谷秀生

スパイスな食育vol.22

banner_supaisu.jpg

スパイスハウス吉山/吉山武子

「継続は力なり」

 連日連夜の猛暑のなか、いつの間にか蝉の声も遠のき、八月は日本中が北京オリンピックにくぎ付けとなり歓喜の渦に包まれました。四年間の集大成が一瞬のうちに決定する様子に手に汗しながらワンシーンワンシーンに見入り興奮し、選手達の大奮闘を心から応援しました。彼らのインタビューを通して、何事にもくじけず、自分を信じ死にもの狂いで努力したであろう精神力に熱いものが込み上げました。
『感動をありがとう!お疲れさまでした』
 今年の夏はもう一つ、素敵な思い出が出来ました。夫の古希(70歳)のお祝いにと大阪の息子夫婦より博多座のチケット(小林幸子45周年特別記念ショー)が送られてきました。豪華絢爛の舞台に、劇あり、歌あり、トークショーありと大満足のひとときでした。紅白歌合戦の衣装を身にまとっての歌謡ショーは圧巻でした。千秋楽とあってか満員の客席に向かい、『45年間好きな歌を謡えて幸せでした。応援してくださった皆様お一人お一人に心から感謝します』と述べられた心意気に感じ入り余韻を残しながら会場をあとにしました。

Let’s cooking
マッシュルームとにんにく(アホ)の
ハーブスープ

〈材 料〉
1.グレープシード又はオリーブオイル・大さじ3、にんにく3片、唐辛子(へた付き)2~3本
2.玉葱(中)1個(粗みじん切り)、クミンパウダー小さじ1/2、海塩小1
3.マッシュルーム1パック(水洗いはせず、石づきを取り縦切り又は四等分)
4.スープ5カップ(ブイヨンキューブ 1~1.5個)、香草野菜(タイム・ベイリーフ)
5.吉山式カレー粉(風味づけ) 大さじ1~1.5、マージョラム少々
〈作り方〉
〈1〉スープ鍋に1を入れ火をつ けて、にんにくをきつね色 に炒め唐辛子を発色させる。
〈2〉玉葱を炒め透明になったら、 海塩とクミンパウダーを 足す。3を入れ軽く全体 を混ぜ合わせ4を入れる。 あくを取り5を入れ、塩・ こしょうで味を整える。
〈問い合わせ〉
スパイス・ハウス 吉山
TEL0942・34・4327

口臭のおはなし~自臭症について~

banner_karada.jpg

~自臭症について~

竹上歯科医院
口臭カウンセラー・看護師 竹上美紀 先生

口臭には、歯周病や放置した虫歯から起こる歯科的口臭、起床時などに起こる生理的口臭があります。そして、口臭で悩んでいる人たちに多いと言われる「自臭症」という症状。この症状は年々増えてきて深刻な問題となっています。前回に引き続き、田主丸町にある「竹上歯科医院」の口臭カウンセラーで看護師の竹上美紀先生に、自臭症についてお話を伺いました。

–「自臭症」とはどういった症状なのですか?
 口臭の発生源である虫歯もなく歯科的要因がないのに自分の臭いが気になって仕方がなかったり、常に臭っていると感じる、臭っていないのに口臭を気にして思い悩んでしまう症状のことです。
 自臭症の患者さんの多くは、思春期の時期など過去に周りから「口が臭う」と言われたり、周りに口臭が気になる人がいたなど昔の経験から精神的な悩みに発展していきます。誰にでも口臭が強くなる時はあります。生理的口臭と言って、起床時や空腹時、緊張、ストレス、口を長時間つむっていた時などの誰にでも経験がある一時的に口臭が強いことを、常に自分だけ臭っていると感じてしまうのです。口臭に対して神経質になり、会話中、相手が鼻に手を当てる、横を向くといった動作や行動が自分の口臭のせいだと思いこんでしまいます。発展すると、人とコミュニケーションがとれなくなったり、外に出られなくなったりと社会生活に支障をきたす場合もあります。

–どういった治療が行われるのですか?
 自臭症は精神的な悩みなので、しっかりカウンセリングをして心のケアをします。口臭がないことを確認しながら、自信を取り戻してもらいます。患者さんの不安がなくなるのがゴールなんです。
 受診では、患者さんの生活習慣を調べ一週間の調査表を作ります。朝から晩まで食べたものを調べ、いつどんな臭いがしたかを詳しく記録します。それに合わせてアドバイスをしながら、自覚的に口臭を防ぐ工夫ができます。
 自臭症でお悩みの方、一人で悩まないで専門医院に気軽に相談下さい。人にはなかなか言えないデリケートな部分だからこそ、一人で悩んではいけませんよ。
取材協力/竹上歯科医院
TEL 0943-74-1181

筑後の創り人特集 part1

banner_tokusyu.jpg

筑後はモノづくりの風土が息づく土地柄。

久留米絣、酒づくりは200年から300年の伝統を持っている。その中で若手後継者達が今、試行錯誤をくり返しながら現代に受け入れられるモノづくりに励んでいる。蔵元、織元と呼ばれる彼らの現状、そして今後の取り組みについて
お互いに語ってもらった。

お酒と絣の現状
「まずは実際に、見て触って感じて体感して欲しい」
野村(周) 絣のほうの取り組みのひとつに国の支援をうけ『ジャパンブランド』事業をしています。メンバーはここにいる4人です。活動は20代、30代の若い世代にも興味を持ってもらうために「久留米絣とはどういうものか」ということを小冊子を作って配ったり、また東京や横浜などのデザイナーさんとコラボレーションして若い人も着られるようなデザインで洋服をつくってもらってネットなどで販売する活動にも参加しています。まずは久留米絣をひろめていきたいのです。「久留米絣って何?」って言われた時に誰かが着ていないと説明できない。だから今日のような時も皆絣を着ています。絣は冬は暖かく夏になるとものすごく肌触りがよくて涼しくて気持ちよいものだということをもっとPRしていきたいし、皆さんにも体感して欲しいのです。
森永 お酒は中途半端に悪いイメージがあるところがあります。例えば日本酒を飲むと悪酔いするとか…、マイナスをゼロにするところからのスタートでした。
丸山 絣もそうです。ちょっとお洒落な絣の服を着ていても「どうせもんぺでしょ?!」と言われるんですよね(笑)
津留 でも逆に若い子とかに昔ながらの絣生地を見せると「かわいい!」と言ってくれたりします。
森永 僕は出張に行く時には久留米絣をお土産にすることがあります。ただ久留米絣の説明ができない(笑)。地元の伝統的文化ということしか出てこないんです。僕らがお酒のことを分かって欲しいなと思うと同じように、地元の文化も勉強していかないといけないとつくづく思いますよね。
林田 昔は卸した業者がやってくれていたことを業界自体が小さくなっていて、織元も蔵元も自分達でつくったものを自分達でケアしていかないといけない気がするよね。
森永 もしかしたら絣も同じようなことがいえるのかもしれないけど、お酒で言えば世の中の20歳以上のかたが全員がおいしいお酒の存在を知っていて『今の状態』ならお手上げなんです。でもイメージと偏見と先入観があって、もともとお酒はイヤだというところからはいっているから口にしようともしないだけなんです。だからちゃんと伝えていかなければいけないのです。
どう変えるか どう変わるか
「作っている自分達がその良さや価値を理解し伝えていく」
野村(周) 衣・食・住と最初に衣はきますけど、実は洋服っていうのは一番最後に後回しにされている気がするのです。絣は半袖で2万円以下、長袖で3万円くらいします。この値段にかなり驚かれたりします。
林田 でも2万円って聞いて「たった2万円なんだ!」っていう風になっていないことがまずいんじゃない?作ってる自分達がその良さや価値を本当に知って、皆に伝えていけばいいんじゃないかな。久留米絣じゃなきゃいけない理由を伝えていく必要があると思う。僕は業界が違うけど久留米絣のことだけを言っているのではなく自分達のことを言っている部分もあるんだけど、お客様が久留米絣を知らないからではなく、作っている自分達のほうが久留米絣の良さを知らないという部分があるのかもしれない。だから表現できない。知ってたらその価値を表現できると思うのです。
井上 良い物って分かれば1万、2万の値段でも安いと思われるのではないでしょうか。値段じゃないですよ。
林田 「うまい!」と言わせるのはうまいものつくってるんだからそんなに難しいことじゃないのかもしれない、それより「うまい!」と思わせるのが大事だと思っています。そしてそこには、実はちゃんと物語があって「へ~そういう人が、そんな思いでつくっているんだ!」ということを知ることで「美味しい!」と思わざるを得ないくらいになっちゃうよね。
井上 着物とか日本酒とかは晴れの日にしか飲まないってかたが多いですよね。例えば日本酒が低迷しているなかでも各県にはものすごく売れている銘柄があるんですが、久留米絣のメーカーさんで飛び抜けて売れているというメーカーはあるんですか?
野村 どこも生産能力が決まっていますから飛び抜けてというのはないのです。
森永 皆さんの場合は自分達の名前を商品にして売られているわけではないんですね?
野村(周) そうです。織元のなかでも自分のところでデザインして自分のタグを付けて売っている、つまり売る力があるところはそこから付加価値がついて伸びていきますが、久留米絣はかなり難しいところがあるんです。昔は反物さえつくっていれば問屋さんに買いにきてもらっていた時代が長かったんです。とにかく作ればいいという感覚がまだ自分達のなかにもあるのかもしれません。
森永 例えば、丸山さんは自分で服もつくられていますよね。丸山ブランド的なものをつくりあげたいと思われているのですか?
丸山 そうですね。問屋さんが作っている洋服と僕がつくっている洋服とは全くちがうのです。こんなに細いの誰が着るの?っていうものもありますし、オーダーだから個人の体型にあわせて作ったりもできます。だから僕は逆に問屋さんがこのデザインで作って!というような関係をつくりたいですね。

Continue reading

産直やくらし 

banner_kurasinotie.jpg 

靏久ちづ子

 猛暑続きで暑い毎日ですが、8月7日が立秋で、ここまでに日頃ご無沙汰している方々に(暑中見舞い)を、立秋過ぎたら(残暑見舞い)と書きましょう。
 この時代だからこそ、手紙やハガキは想いのこもったコミュニケーションになります。一言でもいいから、文字から伝わる言葉は書いた方の気持ちを汲む事が出来ます。「日本でいちばん短い手紙」という催しの中で《お母さん》という一言が大賞になりました。何気なく日頃使っている呼び名。改めて口にすると母への思いが浮かんできます。今、五人に一人が60歳以上になって未来を背負う子供たちに便利さのツケをまわしています。それはお金では解決出来ないたくさんの事…人と人とのつながり=コミュニケーション。ごちそうさま、ありがとうの一言が言える家族の環境づくりはお互いに日々努力しないといけません。朝の挨拶も然り。全て一言でよいのです、飾りは要りません。
 暑さも一時です。体調を整えるのも自分の言葉で出来ます。爽やかな言葉の風を通しましょう。大事な夏休みです。

~ラーメン王逝く~ vol110

banner_ramenimamukasi.jpg

by ラーメン屋のHK

去る十一月十三日、ラーメン王こと武内伸さんが逝去されました。享年四十七歳。肝硬変による早すぎる永眠でした。武内さんは平成四年のTVチャンピオンラーメン王選手権で優勝し、これを機に、それまで勤めていた建設会社から、新横浜ラーメン博物館広報担当へ転職。やがて独立し、ラーメン総合研究所を設立。その間ラーメンに関する著書を多数執筆(中にはマンガ本原作もあり、我が大砲ラーメンの物語もあります)、さらにテレビや雑誌のレギュラーも多く抱えており、ラーメンを『ブーム』から『文化』の水準にまで引き上げた功労者のひとりであります。武内さんのラーメンに関する知識と情熱は、ラーメンフリークのみならず、多くのラーメン店主からも一目置かれている、まさに本物の『ラーメン人間』でした。
 僕がその訃報に接したのは、武内さんと最も親密なラーメン店主・支那そばやの佐野実さんからの電話でした。「タケちゃん死んじゃったよ…」あの『ラーメンの鬼』といわれる佐野さんは声を詰まらせていました。その後も続けて何人もの関東のラーメン店主たちから僕のところへ訃報の連絡が入りました。『雷文』の女将・宇都宮さんは受話器の向こうで号泣していました。
 武内さんはラーメン研究家という『食べる側』の人でありながら、ラーメン店主という『作る側』の人々から本当に愛された人でした。今でも僕は、武内さんとラーメン談義をやったり、飲み歩いたりしたことが昨日のことのように感じます。酔っぱらってイキナリ夜の歩道に柔道の『受け身』をやり、腕時計を壊した武内さん。テレビ取材で柳川に行ったとき、汲み取り便所に財布を落とし、汚れたお札を川で洗って干していた武内さん。別の取材では財布を完全に失い、佐野さんに「パパ~パパ~」と言いながら、お小遣いをねだっていた武内さん…。とても人間味溢れる人でした。そんな武内さんには多くの名言があります。その中で僕が最も印象に残った言葉が、「ラーメンは鶏ガラ豚ガラ人柄」。単なるシャレを超えた深みある名句です。
 相模原の通夜会場の外には『ちゃぶ屋』の森住さんによってテントの仮説の厨房が作られ、森住さんと共に佐野さんや宇都宮さんたちが参列者に『ラーメンの炊き出し』を配り、武内さんの棺の中には、花ではなく『麺』が敷き詰められました。そして親族代表の挨拶でこのような言葉がありました。「伸は、人の十倍酒を飲んで、人の百倍ラーメンを食べて、逝きました」と。生涯で五千数百杯のラーメンを食べ尽くした武内さんの戒名は『麺伸』。まさに世界初の『ラーメン葬』でした。
 お骨を拾いながら佐野さんが一言。「タケちゃん、喜んでるよな…」
 ラーメン界にひとつ、大きな穴が空いてしまいました。
 武内伸さんのご冥福をお祈りいたします。(2008年8月)

◆バックナンバー◆
http://www.taiho.net/konjyaku_new.htm

【B-1グランプリへの道(その6)】全国から24のうまかもんがくるばい!

banner_bkyugurume.jpg 

久留米やきとり学会 会長 豆津橋 渡
e-mail  gakkai@kurume-yakitori.com
HP  www.kurume-yakitori.com

 「第3回ご当地グルメの祭典!B 1グランプリin久留米」の出店者が決まりました!
 北から順に 富良野オムカレー/青森生姜味噌おでん/黒石つゆやきそば/八戸せんべい汁/あいがけ神代カレー/横手やきそば/上州太田焼そば/行田ゼリーフライ/厚木シロコロ・ホルモン/おつけだんご/富士宮やきそば/すその水ギョーザ/静岡おでん/袋井宿たまごふわふわ/浜松餃子/駒ヶ根ソースかつ丼/奥美濃カレー/各務ヶ原キムチ鍋/浜焼き鯖バラチラシ寿司/高砂にくてん/姫路おでん/鳥取とうふちくわ/小倉発祥焼うどん/久留米やきとり の全24地域のご当地グルメがやってきます。
 「行田ゼリーフライ」や「鳥取とうふちくわ」などは、このコラムで紹介させていただきましたが、「黒石のつゆやきそば」ってなんだかわかりますか?これはソース焼きそばにラーメンのスープをかけていただく、というものだそうです。さすがの私もまた食べたことがありません。個人的にはものすごく楽しみにしています。このB 1グランプリは 両替町公園(市役所横)、三本松公園、東町公園と3会場に分かれて開催されます。
 そして、六角堂広場で開催されるのは「久留米食の祭典」。とんこつラーメン、筑後うどん、やきとり、地酒などが出店し、久留米が誇る自慢のご当地グルメ全国に発信します。
 また、商店街を中心とする街なかでは、協賛セールや街なか探検掲示板を設置したり、普段は夜しかやっていないお店にお昼から営業してもらう、などのワクワク楽しい計画が進んでいます。西鉄久留米駅東口でもイベントを企画中です。
 11月1日(土)2日(日)は、久留米の街なかが「食」で満載になる二日間。これからいろいろ準備を始めます。B-1グランプリin久留米を応援していただくボランティアスタッフを募集しています。興味のある方は、e-mailでご連絡ください。また、ホームページも開設しています。こちらもごらんください。

banner_b1.jpg

HP http://b-1kurume.com
e-mail info@b-1kurume.com

Home

Search
Feeds
Meta

Return to page top