Home > 畜産の現場から > 畜産の現場から第13話 「人間の食料と畜産の食料」

畜産の現場から第13話 「人間の食料と畜産の食料」

南筑ファーム「久留米さざなみどり」   古賀 宣彦

今回はちょっと気難しい話になりそう。「人間の食料、家畜の食料」の関係について書きたい。
人間と家畜の食料は、切っても切れない関係にある。なぜなら、家畜に食料を食べさせ肥育し、人間はそのお肉を食べるからだ。お肉を1kg作るのに、必要になる家畜のエサの量は概ね鶏は1.9kg、豚は3.5kg、牛は8.5kgと言われている。それぞれ食べるエサの種類は違っても、主なタンパク、エネルギー源となる穀物はトウモロコシや大豆である。
現在、世界の穀物生産量の65%は家畜飼料として使われている。肉の消費が多い現代では、飼料用穀物は大きな意味を持つ。
 BRICsを中心に世界人口は増加をし続け、競争力の地図も変わってきており、輸入穀物が殆どである日本にとって、国の衰退は食料確保の競争に負けることを意味することにもなる。時代の変化とともに、生活スタイルも変わる。近年の日本の食生活においては、海外への依存度が非常に高い。
 「強い日本をつくりたい」という思いとは裏腹に、今日の輸入依存型の生活スタイルは、弱い日本をつくってはいないだろうか?

日本の食肉輸入量は、世界で豚肉1位(114万トン)、鶏肉2位(645万トン)、牛肉3位(697トン)。
日本の食肉生産量は鶏肉1282万トン、豚肉1310万トン、牛肉517万トン。

※参考資料:USDA(http://www.fas.usda.gov/dairy_arc.asp)2010年データを元に作成
         独立行政法人農畜産業振興機構 Alic(http://lin.alic.go.jp/

Comments:0

Comment Form
Remember personal info

Trackbacks:0

Trackback URL for this entry
http://kurumestyle.com/wp/wp-trackback.php?p=876
Listed below are links to weblogs that reference
畜産の現場から第13話 「人間の食料と畜産の食料」 from くるめ-コラム

Home > 畜産の現場から > 畜産の現場から第13話 「人間の食料と畜産の食料」

Search
Feeds
Meta

Return to page top