Home > 織りORI > 織りORI vol.11

織りORI vol.11

津留織物  津留 政次

 「山笠があるけん博多たい!」というセリフで有名な博多祇園山笠は、博多の総鎮守・櫛田神社に山笠を奉納する神事で、国の重要無形民俗文化財に指定されている事から、厳しいしきたりがある。
 その影響の為か、長法被に久留米絣を使用している事はあまり知られていない。当工房でも土居流・恵比寿流・中州流の絣を織っているが、反物を取れなかった残り生地迄買い取ってはくれない。小売店等の要望は非常にあるものの、神聖なものであるがゆえ売ってはいけないとされ、在庫がかさむ。うーん、ジレンマ…。
 「山笠ん法被は絣ばい!」と私は声を大にして宣伝しているが、仲々根付かない。しかし、知った人は絣の素晴しさを再認識してくれる事からもPRは必要である。
 因に、「くるめ水の祭典」に参加する「商工会議所ん法被はうちの絣ばい!!」

Comments:0

Comment Form
Remember personal info

Trackbacks:0

Trackback URL for this entry
http://kurumestyle.com/wp/wp-trackback.php?p=777
Listed below are links to weblogs that reference
織りORI vol.11 from くるめ-コラム

Home > 織りORI > 織りORI vol.11

Search
Feeds
Meta

Return to page top