Home > ブルースが鳴る > ブルースが鳴るブルースハープは良かばい⑥

ブルースが鳴るブルースハープは良かばい⑥

 夕暮 算大

20110303.jpgブルースハープとは10穴のハーモニカのことで、シカゴブルースでは欠かせない楽器ですたい。私が使っているのはSUZUKIのHAMMONDです。これは、ブルフェスの最初のゲスト「入道」さんに感化され使い始めたもので、「山崎まさよし」さんも使用されています。ボディが金属なので、非常に音抜けが良くシャリ感があり気に入ってます。ただ、強く吹き続けるとリード(音が発生する所)部がへたってしまうので、調整が必要となります。私の場合、ヤスリで少し削ってやりリードのところの隙間を1mmぐらいにキープしています。最初はそんなことも知らず、音の出が悪くなるとすぐ新しいリードに交換しており、もったいない話しばい。
 ブルースハープを始めたい方はTOMBO の MAJOR BOYあたりが耐久性にも優れておりお勧めです。ハープはKeyさい合えばだれでも簡単にひけますが、本当に奥の深い楽器だなと思うばい。私の場合は、歌を歌っているイメージで演奏するようにしていますが、なかなか上手くいく訳もなく、いつも苦々しい思いばしとります。一つのことに没頭すると、仕事でも一緒ですが、次から次に壁が立ちはだかり辛いときがあります。でも、それを少しでも乗り越えると良か気持になるたいね!ブルースハープは良かばい。

Comments:0

Comment Form
Remember personal info

Trackbacks:0

Trackback URL for this entry
http://kurumestyle.com/wp/wp-trackback.php?p=598
Listed below are links to weblogs that reference
ブルースが鳴るブルースハープは良かばい⑥ from くるめ-コラム

Home > ブルースが鳴る > ブルースが鳴るブルースハープは良かばい⑥

Search
Feeds
Meta

Return to page top