Home > 畜産の現場から > 畜産の現場から 第4話「行事を楽しむ」

畜産の現場から 第4話「行事を楽しむ」

南筑ファーム「久留米さざなみどり」
古賀 宣彦

子どもは冬休みに入ると、「クリスマス」「もう少し寝ればお正月=お年玉」といった楽しい行事が目白押しである(僕は与える側になったので子どもの喜ぶ顔だけが楽しみか…)。
 もっとも、鶏業界においても最盛期♪ところが、近年は事情が変わってきている。クリスマス=ローストチキンや唐揚げ、正月=がめ煮 といった行事料理を食べられることが少なくなり精肉販売も伸び悩むことが多くなった。家庭で料理される機会が減ってきていると推測するが、鶏肉が食べられなくなっていることは何とも寂しい限りである。
 そこで、誰かと一緒に料理を作って食べて、ワイワイ楽しむことも行事を楽しむ方法として提案したい。料理が美味しかったり、まずかったり…味覚が残す思い出。きっと、翌年の今ごろは当時の話題でもっと楽しくなるはず♪手始めに、ローストチキンなどはいかが?家族や友人と一緒に料理して、豪快に「ガブリッ」。寒い冬を乗り切ろう!
 ※作り方はインターネットで検索してみて下さいね!簡単ローストチキンのレシピが沢山ありますよ!

Comments:0

Comment Form
Remember personal info

Trackbacks:0

Trackback URL for this entry
http://kurumestyle.com/wp/wp-trackback.php?p=524
Listed below are links to weblogs that reference
畜産の現場から 第4話「行事を楽しむ」 from くるめ-コラム

Home > 畜産の現場から > 畜産の現場から 第4話「行事を楽しむ」

Search
Feeds
Meta

Return to page top