Home > 「やきとりわいん」誕生物語 > 「やきとりわいん」誕生物語 -第1話-

「やきとりわいん」誕生物語 -第1話-

株式会社 巨峰ワイン
代表取締役社長 林田 浩暢

201003.jpgこの秋から久留米の焼鳥屋さんに行くと「やきとりわいん」なるものが飲めます。「美味い!」と評判なのですが、コレ一体何なの?というお話から始めたいと思います。あ、こんにちは。「やきとりわいん」を醸造しています林田浩暢と申します。
 久留米市が「焼きとり日本一」を宣言している街であることは、もう皆さんご存知ですよね。現在、久留米市には焼きとりを出す店が約200軒あるといわれています。久留米の焼きとりは、鶏や豚・牛・魚介類・野菜などを竹串にさし炭火でじっくりと焼きあげたもので、その味はもちろん、多彩な品数も魅力のひとつです。
 毎年9月に行われる「久留米焼きとり日本一フェスタ」も今年で8回を数え大盛況のイベントになっています。その主催者は久留米焼きとり文化振興会さんなのですが、ある日その振興会から「焼きとりに合うワインってできませんか?」というお話を頂きました。
 焼きとりとワイン?そんな事は考えたこともありませんでした。でもおもしろいかも、と出来たのがコレ!どんな味かって?それはぜひお店で焼きとりとご一緒に味わってみて下さい(笑)。次回は開発秘話などご紹介します。

Comments:0

Comment Form
Remember personal info

Trackbacks:0

Trackback URL for this entry
http://kurumestyle.com/wp/wp-trackback.php?p=486
Listed below are links to weblogs that reference
「やきとりわいん」誕生物語 -第1話- from くるめ-コラム

Home > 「やきとりわいん」誕生物語 > 「やきとりわいん」誕生物語 -第1話-

Search
Feeds
Meta

Return to page top