Home > これが自分スタイル | 特集 | 街のチカラ > これが自分スタイル描くのは天然木を囲む温かい暮らし 孫の代まで伝える琥珀色の宝石

これが自分スタイル描くのは天然木を囲む温かい暮らし 孫の代まで伝える琥珀色の宝石

jibunstyle66.jpg天然木の家具のお店
『Amber』オーナー
水谷  崇史  さん

【PROFILE】みずたに  たかし(35歳)
1974年生まれ。京都府出身。上津町在住。妻・香織さんと共に2008年10月に店をオープン。趣味はパソコンで調べものをすること。『Amber』久留米市山川野口町12-33
問/0942-45-1017

 天然木が伝える温もりと味わい。一枚板の豪快さ。その魅力を誰よりも知り、提供している水谷崇史さん。久留米に店を構えて一年七ヶ月。天然木の一枚板に囲まれた店内は、ドアを開けると清々しい気の香り。たちまち癒しの空間に包まれる。テーブルや座卓、雑貨などが並び、部屋のイメージが広がる。
 「敷居が高い山奥の店などではなく、お洒落な生活の一部分として手に届く店でありたいと思います」と、崇史さんは話す。商品は全て天然木を使ったオーダーメイド。
 「自然の形を活かしてテーブルなどを工夫してつくるのが好きだし、一枚の板を磨き上げて、木の表情がだんだん浮かび上がってくるのは楽しいです。人工的な家具も良いですが、天然木が生み出す曲線には勝てないでしょう。それに、一枚板は迫力があってそれだけでも存在感を出します」
 「同じ品は絶対にないんですよ。同じ木からつくった品でも切り口によって模様が変わってきます。色も黒、赤、木目と天然の色は素敵です。模様も形も木そのものがデザインなんです」と、妻の香織さんも天然木の一枚板に魅了された一人だ。
jibunstyle7u.jpg 水谷さん夫婦は京都の一枚板専門店に六年間勤め、結婚を期に香織さんの故郷である久留米に移住。京都では仕入れ、顧客管理、店づくり、スタッフ育成と、全てこなしてきた二人。しかし、店が大きくなればなるほどお客さんと接することが少なくなり、自分が勧めたくない品も勧めなければならない状況に矛盾を感じていた。
 「ここでは自分で見て仕入れて、全部がお客様に自信を持ってお勧めできます。売りつけるのではなく、あくまでもお客様に選んでもらうのが基本。主役はお客様。店としてはこだわりがないのが、こだわりでしょうかね」
 販売する時は決して押し付けずこだわりがない。しかし、商品づくりにはこだわる。化学塗料は使わず自然塗料。あくまでも自然の良さを引き出した商品づくりだ。

年月が経った魅力的な
天然木のように、
人との繋がりも長く大事に

 テーブルを購入したお客さんからは、テーブルを中心に家族が長い時間集まるようになったという声。崇史さんがいつも頭に描くのは、天然木を囲む温かい暮らしだ。
 「食事をするだけではなく大きなテーブルの片方では子供が宿題をし、片方ではお母さんが家計簿を付けるような、リビング・ダイニングがつながった家族が集まる場所になればいいなと思いますね」
 「家具を選びに来られる方は皆ハッピーな気持ちで、幸せな食卓を囲みたいという人が来られます。それがまた楽しいです」
と、香織さんも微笑む。
 店の名『アンバー』は、『琥珀色・あめ色』の意味。
 「木の樹液が固まり化石になって琥珀色の宝石になるように、使えば使うほど琥珀色になり艶が出て深い味わいが出てくる天然木の家具を、宝石のように長く大事にしてほしいという思いがあります。年月が経つと手触りや香りも魅力的になり、傷もまた味の一つになってきますよ。天然木は孫の代まで使えますし、何百年もの年輪を重ねていますからね」
 中には、家族が増えたためテーブルを切って個人用デスクにつくり変えたり、家族が減ったためテーブルをベンチにつくり変えるなど、崇史さんは天然木を活かしながらその家に合った家具へと蘇らせる。
 長く使ってほしい。そしてまた、自分達との付き合いも長いものであってほしい。『アンバー』という店の名には、そんな一つひとつの家具、一人ひとりのお客を大事にした思いが見える。
 「お客様と一緒に選び、仕入れから納品までお付き合いできるのが楽しいですね。納品の時はどんな家に品物が置かれるのかなと、娘の嫁ぎ先を見るような思いです。その後のメンテナンスも万全です。家族の皆さんともお会いして、深く長く付き合うことができることが嬉しいですね」
 こう話す二人。久留米の町とも長い付き合いになることだろう。
 「麦畑や田畑風景が見られ、育っている作物で季節を感じます。久留米は見て食べて季節を感じられる町だと思いますよ。その一方では、お洒落な生活感覚を感じられる町であり、いろんな情報が届いている町。女性のフットワークが軽く活発な町だと思います。ぜひこの町に店を構えたいと思いました。この町に天然木、一枚板の良さが伝わり広まるといいなと思います。夢は特に大きなことは考えていません。細く長く店を続け、一人ひとりのお客様に丁寧に接していきたいと思います」
 天然木のテーブルが家族の団欒を育むように、『アンバー』は人々との繋がりを琥珀色に紡いでいるかのようだ。

文/森 志穂
写真/山口 拓朗

Comments:0

Comment Form
Remember personal info

Trackbacks:0

Trackback URL for this entry
http://kurumestyle.com/wp/wp-trackback.php?p=400
Listed below are links to weblogs that reference
これが自分スタイル描くのは天然木を囲む温かい暮らし 孫の代まで伝える琥珀色の宝石 from くるめ-コラム

Home > これが自分スタイル | 特集 | 街のチカラ > これが自分スタイル描くのは天然木を囲む温かい暮らし 孫の代まで伝える琥珀色の宝石

Search
Feeds
Meta

Return to page top