Home > これが自分スタイル | 街のチカラ > これが自分スタイル「花ありて人生は楽し きみありて人生は楽し」

これが自分スタイル「花ありて人生は楽し きみありて人生は楽し」

日本ツバキ協会 久留米支部長
久留米つばき研究会 会長
久冨  舜介  さん

jibun-style3.jpg【PROFILE】ひさとみ  しゅんすけ(73歳)
1937年生まれ。久留米市草野町出身、在住。1960年、幸恵さんと結婚。1965年~ミストハウスの普及により本格的に生産販売に携わる。趣味は海外旅行(南米で椿に出会った旅行は感激だった)

 日本古来から愛されている椿の花。日本ばかりか一八三〇年シーボルトが広めた椿「正義」の美しさは、今や世界各地に広まっている。世界の愛好家が研究発表や情報交換を行なう国際ツバキ会議が、世界二十八カ国で二年に一度開かれており、今年は三月二十日~二十四日久留米にて開催。海外から約二百名、全国三十五市町から約五百名の人々が来訪する。合わせて三月二十日~二十二日、市民交流事業として石橋文化センターを中心に久留米つばきフェアが開催される。
 ツバキ苗生産日本一を誇る久留米には、樹齢三百年を超える古木が今も花を咲かせており、特に東部の耳納北麓一帯は苗の有名な産地。三月二十一日~二十二日、草野町では耳納北麓草野つばき祭りが開催され、山辺文化館では三月二日~三十日、つばき展が開催される。
 草野町で五百以上の品種を生産販売している久冨舜介さん。「久留米の民家には椿が庭に咲いている家が多くあり、椿文化を育てる地域風土があります。特に草野には古木がたくさん残っているのでここから椿文化を発信したい」と、話す。
 実生をして新種が育つのはその中のごくわずか。接木をして花を咲かせるまでに四~五年かかり、売り出すまでには十年かかるという。次々と新品種を生み出し、我が子のように椿を育てる久冨さんは、「椿を育てるのは子育てと一緒たい」と、笑う。
 「十年経ってやっと、よか子に育つかどうかがわかります。新品種を生み出しても認められるまで何年もかかります。全国行く先々で椿を見かけると、俺の育てた品種だなとすぐわかりますよ。双子でも親は区別ができるのと同じたい」
 高校時代から、家にはない椿をカタログで取り寄せるほど椿に関心があった久冨氏。一九五八年、県の農業改良普及所の呼掛けがあって椿の苗づくりを試みることにした。ある時、それはまだカラーページが珍しい時代、生け花・安達流の家元が何種類もの椿が載ったカラー写真を見せてくれた。
 「こんなに種類があったのか!と、衝撃的でした。花色だけでなく、八重咲、唐子咲、しぼり咲、大輪、小輪と花形が一つ一つ違う。椿ほどいろいろな形や色のあるものはないと思いました。当時、その中でも大きく派手な唐子咲が最も美しいと思ったんです。その時から、俺は椿をやろうと決心しました。唐子咲は思い出の花ですよ」
 そう言って、久冨氏は命の次に大事だという琥珀色に焼けたその写真本の表紙を開いてみせる。
 この決心の時、久冨家にすでに嫁いでいた妻の幸恵さん。当時をこう振り返る。
 「台風の時も、夫は椿の仕入れに行っていて不在でした。珍しい椿があったら、何はさておき見に行っていましたから。初めて見る椿をみると、きれいな女の人に会ったのより嬉しいと言っていましたよ」
 夫婦共に椿を育て販売していく中、幸恵さんは旅先等で椿の絵のグッズを目にすると買わずにはいられないという。器、皿、タオル、暖簾、一輪さし、扇子……彼女もまた椿の虜だった。
jibun-style2.jpg 「二人で集めたコレクションの数はものすごい。特に私は絵画集めが趣味です。芸術的な絵よりも、実物に近い描き方をしている絵の方が好きです。椿は花形が良くてしっかりまとまった花。その特徴をうまく表した絵に惹かれますね」
 久冨氏は幸恵さんの顔を見ながら、嬉しそうに話す。椿コレクションの数、ハウスに広がった五百種もの椿の苗は、二人で歩んできた証でもあった。

時代を開き、国境を越える花 

 久留米つばきフェアでは、これらの久冨家の椿コレクションが、石橋美術館下の一室に展示される三百種の椿の切花、百鉢ほどの鉢物が市民ギャラリーを賑わす。期間中、巡回バスも運行し、久冨家のハウス、草野町に咲く古木、久留米つばき園(久冨氏が管理部会長)も見学コースとなっている。
 「ぜひ足を運んで、椿の多彩さ良さを感じてもらいたいです。まずは花に惚れてもらいたい。美人も見ないとわからんでしょ」と、久冨氏。
 「椿は大輪は賑やかな場に晴れ、小輪は小さい器に挿しても美しい。一輪だけ挿しても様になる花が椿なんです。茶席に生けるような一重の小輪も質素な美しさがあり、私は好きです」と、幸恵さん。
 さらに、久冨氏は次の時代を見つめる。
 「うちに来れば交配用花粉や品種苗を分けることができます。人気品種も時代によって波がありますが、しばらく育てていなかったという品種もここに来ればちゃんとあります。次の時代のためにぜひ活用してほしい」
 この三月、日本全国、世界各国の多くの人の心に久留米の椿のつぼみが宿るに違いない。今回、久留米に海外からのお客様がいかに集まることになろうとも久冨氏はこう語る。
 「花を見るのに言葉はいらんとたい」

文/森 志穂
写真/山口 拓朗

Comments:0

Comment Form
Remember personal info

Trackbacks:0

Trackback URL for this entry
http://kurumestyle.com/wp/wp-trackback.php?p=341
Listed below are links to weblogs that reference
これが自分スタイル「花ありて人生は楽し きみありて人生は楽し」 from くるめ-コラム

Home > これが自分スタイル | 街のチカラ > これが自分スタイル「花ありて人生は楽し きみありて人生は楽し」

Search
Feeds
Meta

Return to page top