Home > インフォメーション > B級グルメの聖地くるめ「大村カレー」

B級グルメの聖地くるめ「大村カレー」

B級グルメの聖地くるめ「大村カレー」
E-mail:gakkai@kurume-yakitori.com 
HP:www.kurume-yakitori.com

久留米やきとり学会 会長 豆津橋 渡

長崎県大村市。緑あふれる多良山系に囲まれた扇状地で、多良山系より湧き出る綺麗な水や栄養豊富な黒土で栄養価の高い農産物を収穫しておりまた漁場豊かな大村湾で取れる水産品も豊富なところです。世界で始めての海上に浮かぶ長崎空港もあります。歴史も古く、大村湾周辺の町を統治していた大村藩のある城下町で日本で始めてキリシタン大名となった「大村純忠」や坂本龍馬と共に薩長同盟を結ぶ立役者となった、「渡辺 昇」等多くの偉人を輩出したまちです。
 江戸時代に小倉から長崎にかけて整備された「長崎街道」は、オランダなどから輸入した砂糖を本州へ運搬するルートとして使われたため、昔から砂糖を使った甘いお菓子や料理が多く、また街道周辺には小城や飯塚といった菓子製造業が盛んな地域や、伝統行事に砂糖をふんだんに使う地域が多いことから『シュガーロード』とも呼ばれることはよく知られています。しかし、1582年(天正10年)織田信長が日本を統治していた時代に、日本で始めて「天正遣欧少年使節」という4人の子ども達が8年5ヶ月の歳月をかけて大村よりローマへ旅立ち、インドを経て日本へ帰還した際、カレーのスパイスを始めて持ち込んだといわれ、大村市は「カレーのルーツのまち」と考えられていることはあまり知られていません。
 そこで永い歴史の中で培われた食文化を活かしたまちおこしをしようと立ち上がったのが『大村あま辛カレーうまか隊』。「長崎街道=シュガー(砂糖)ロード↑甘い」と「天正遣欧四少年使節=スパイス↑辛い」をキーワードとして『大村あま辛黒カレー』を開発しました。このカレーは大村市特有の黒土を黒いカレールーに見立て、四季折々の地産の野菜やフルーツを使用しています。4月の「久留米つつじマーチ」ウオーキング大会に出店されていたのでそこで食べたんですが、口に入れた瞬間フルーティーな甘さが広がり、あとから追いかけて来るように、スパイシーな辛さが交わって、いままで食べたことのない絶妙な味でした。
 その摩訶不思議な甘くて辛いカレーがこの秋にまた久留米で味わえます。11月7日(土)8日(日)の2日間、久留米の中心市街地で「B級グルメの聖地久留米
第1回九州Bー1グランプリ」の開催が決定しました。詳しくは次回ご紹介いたします。ご期待ください。

Comments:0

Comment Form
Remember personal info

Trackbacks:0

Trackback URL for this entry
http://kurumestyle.com/wp/wp-trackback.php?p=234
Listed below are links to weblogs that reference
B級グルメの聖地くるめ「大村カレー」 from くるめ-コラム

Home > インフォメーション > B級グルメの聖地くるめ「大村カレー」

Search
Feeds
Meta

Return to page top