Home > 香茶店“香り不思議発見” > 香茶店 “香り不思議発見” Vol.120

香茶店 “香り不思議発見” Vol.120

見て、触れて、聴いて感じる

お香のたのしみ !

香star

お香の楽しみ方は古来「香りを聞く」と表現した。香を焚き、その香りの素を当てる「聞香」という平安時代の遊びもそうだ。

数種類のお香を嗅ぎ分け、言い当てる貴族のゲームである。「香道」の歴史は、「茶道」よりも古く、現代に至っている。もとより堅苦しい話ではなく、秋の深い夜に虫の音とともに、お香を焚きながら往年のクラシックジャズのナンバーをデジタル音ではなくアナログレコード盤を回しながら暫しの時間を贅沢に過ごすのも心の栄養となるのでは。

香りを聞き、音を聴く。こころを満たす豊饒の時間をいかが。

202010-tennendou.jpg

 ▲天年堂では、色々な香りグッズを取り揃えています。

お気軽にお立ち寄りください。

[天年堂・香りのグッズ]

・香木(沈香 ベトナム産)…21,000円

・電気香炉「新八千代」…12,000円

・掛け香…600円

・香炉灰…300円 他 ※価格は税別

Comments:0

Comment Form
Remember personal info

Trackbacks:0

Trackback URL for this entry
http://kurumestyle.com/wp/wp-trackback.php?p=2067
Listed below are links to weblogs that reference
香茶店 “香り不思議発見” Vol.120 from くるめ-コラム

Home > 香茶店“香り不思議発見” > 香茶店 “香り不思議発見” Vol.120

Search
Feeds
Meta

Return to page top