Home > コーヒー産地を訪ね > コーヒー産地を訪ねて…一枚の写真 vol.137

コーヒー産地を訪ねて…一枚の写真 vol.137

“2012年 グアテマラ ラ・ベイヤ農園”202010-adachi.jpg

写真と文 安達  和宏

グアテマラは中南米でも、伝統的な農園が多い国です。今日の1枚は2012年に訪問したグアテマラ ラ・ベイヤ農園。エルプログレソ県にあり平均標高:1660メートル。年間降水量:2500~3000ミリ。ラスミナス山脈の中心部である森林に囲まれた亜熱帯気候に位置してます。4世代に渡って、コーヒーの植え方、育て方、収穫方法、そして生産処理方法が家族に代々伝えられていて、立地、標高、生産処理が味やアロマそして酸の品質に影響を与えるため、それぞれの世代で複数年に渡って完璧さを求め続けています。マップを指差しながら農園の位置と背景など説明してくれますが、伝統/継承という積み重ねは一言では語り尽くせない、私も大好きな農園の一つです。

Comments:0

Comment Form
Remember personal info

Trackbacks:0

Trackback URL for this entry
http://kurumestyle.com/wp/wp-trackback.php?p=2065
Listed below are links to weblogs that reference
コーヒー産地を訪ねて…一枚の写真 vol.137 from くるめ-コラム

Home > コーヒー産地を訪ね > コーヒー産地を訪ねて…一枚の写真 vol.137

Search
Feeds
Meta

Return to page top