Home > 落語スズメ > 新・落語スズメvol.26

新・落語スズメvol.26

『江戸前の男

~春風や柳の朝のさわやかさ~』

文/松田 一成

落語関連の本で、秋の夜長の一冊をとのリクエスト。アタシの一冊はこれ。吉川潮著『江戸前の男』〜春風亭柳朝一代記~1996年新潮社刊。昭和の時代、落語四天王と呼ばれ、古今亭志ん朝、立川談志、三遊亭円楽と同時代を駆けた噺家の話。最初に読んだ時の感想を痛烈に覚えています。柳朝さんの落語を一度でも生で見たかった。それ以上に、ああ、アタシも江戸ッ子に生まれたかったと。〜江戸ッ子は 皐月の鯉の吹流し 口先ばかりで腸(はらわた)はなし~。粋と野暮。柳朝さんと、柳朝さんを囲む人たちのやり取りが、それを基準に進んでいく。奥様のヨリさん、総領弟子の小朝師をはじめ柳朝さんの弟子たち、噺家の仲間、幼馴染。一章ごとに落語の題がつけられ、序章(くやみ)と最終章(茶の湯)は柳朝さんの夢の風景が差し込まれている。困った。女、酒、博打。芸人への憧れと、江戸ッ子の威勢のよさを堪能する本だと思って紹介をはじめたが、改めて読み返していると、グッとくるものがある。正直に書くと少し泣いた。生前、柳朝さんと親しかった作家の色川武夫氏が、病に伏した柳朝さんを見舞う代わりに「明日天気になれ」と題したエッセイを書いている。全編引用したいが、その色川さんの(柳朝さんはそう呼んでいた)思いやりを受け取る柳朝さんの行動が、思い切り人間臭く、(江戸ッ子の基準からは)とても野暮に思えるのに、それがすごく美しい。400ページ以上ある作品ですが、あっという間に読めます。落語や春風亭柳朝を知らなくても、充分楽しめるお話です。もちろん、読み終わった後は、柳朝さんや落語を愛おしくなるのは受け合い。

Comments:0

Comment Form
Remember personal info

Trackbacks:0

Trackback URL for this entry
http://kurumestyle.com/wp/wp-trackback.php?p=2059
Listed below are links to weblogs that reference
新・落語スズメvol.26 from くるめ-コラム

Home > 落語スズメ > 新・落語スズメvol.26

Search
Feeds
Meta

Return to page top