Home > 新・落語スズメ > 新・落語スズメvol.25

新・落語スズメvol.25

『第十四回博多・天神落語まつり』

文/松田 一成

『「お客様が半分なのでギャラも半分でお願いします。」だって』と伝えて下さった師匠の声はうれしそうでした。「第十四回博多・天神落語まつり」。今年は福岡のほかに足を延ばして、熊本、鹿児島、沖縄と全22番組を開催。東西の人気者がほとんど出演といっても大袈裟でない落語会。関係者のご苦労のおかげで、今年も開催が決定しました。圓楽、文枝(三枝)、小朝、文珍、南光、鶴瓶、志の輔、昇太、権太楼に喬太郎、談春、鶴光、雀々、笑点メンバー勢ぞろい他、書ききれない出演者の数。金時の五代金馬襲名と四代金馬(ポリグリップのおじいちゃん)が金翁という隠居名のW襲名のほか、落語を聴くのはこの時だけだという貴兄も、この会をきっかけに落語にはまったというご婦人にも、楽しみなプログラムが目白押しの模様。個人的おすすめは、上方から笑福亭仁智。上方落語協会会長であります。久留米では今年の正月(あー、あの頃は普通に落語が聞けたのに)、久留米座『正月風喬』のゲストでご出演、弟弟子の会にもかかわらず、独特の間とリズムで最後はお客様全員さらっていったあの御仁。今から楽しみです。単純に席数は半分なので、早めの入手をこころがけましょう。先の師匠、続きがあって、『やあ、俺、初めて呼ばれるんで、いくら貰ってっか知らないんだよね。』。うれしそうに悪態をつく声の向こうには、博多の夜の算段があったようで(もちろん、皆様の前で落語をやれる喜びも)。

Comments:0

Comment Form
Remember personal info

Trackbacks:0

Trackback URL for this entry
http://kurumestyle.com/wp/wp-trackback.php?p=2051
Listed below are links to weblogs that reference
新・落語スズメvol.25 from くるめ-コラム

Home > 新・落語スズメ > 新・落語スズメvol.25

Search
Feeds
Meta

Return to page top