Home > ちょっと知りたい!暮らしのご相談 > つつじ司法書士法人 ちょっと知りたい!暮らしのご相談 その4

つつじ司法書士法人 ちょっと知りたい!暮らしのご相談 その4

相続された預貯金の払戻請求は、相続人が複数人いる場合において、遺産分割が終了するまでの間は相続人の一部からだけでは払戻しができません。しかし、生活費や葬儀費用の支払いのために相続預貯金の払戻しを求める必要がある場合もあります。このような場合には、各相続人は、遺産に属する預貯金額の3分の1に法定相続分を乗じた額(金融機関ごとに150万円の限度あり)については、ひとりで払い戻すことができるとの規定が設けられています。
例:夫Aが死亡。相続人は配偶者Bと子Cの2人で、〇〇銀行に亡き夫Aの普通預金600万円、定期預金900万円があり、子Cが払戻しを求めるケース。(600万円+900万円)×1/3×1/2(子Cの相続分)=250万円となりますが、150万円を超えるため150万円が上限となり、この上限額の範囲内であれば、預貯金の一部の払戻しを受けられます。遺産分割前に資金が必要になった場合には、該当する金融機関に一度ご相談なさってみてはいかがでしょうか。

Comments:0

Comment Form
Remember personal info

Trackbacks:0

Trackback URL for this entry
http://kurumestyle.com/wp/wp-trackback.php?p=2047
Listed below are links to weblogs that reference
つつじ司法書士法人 ちょっと知りたい!暮らしのご相談 その4 from くるめ-コラム

Home > ちょっと知りたい!暮らしのご相談 > つつじ司法書士法人 ちょっと知りたい!暮らしのご相談 その4

Search
Feeds
Meta

Return to page top