Home > 歯は健康のバロメーター > 歯は健康のバロメーター vol.39

歯は健康のバロメーター vol.39

〜落合先生のお口のお話し〜
左右で前歯の大きさが違う?それは癒合歯
おちあい小児歯科医院 院長 落合 聡

赤ちゃんが生まれて6カ月くらいすると下の前歯から萌出が始まり、1歳の頃には上の前歯も萌出してきます。こどもの成長が目に見えてわかる楽しみな時期でもありますが、あれ?左右で歯の大きさが違うな、と気が付くことがあります。
それは癒合歯。顎の中で歯が成長しているとき、隣り合う2本の歯が何らかの理由でたまたまくっついてしまい、そのまんま成長して生えてきたものです。
癒合歯は下の2番目の前歯と3番目の犬歯、次に下の1番目と2番目の前歯、そして上の1番目と2番目の前歯、の順に生じることが多く、永久歯ではめったにみられることはありません。
癒合歯の原因は明らかではありません。病的なものととらえるよりも、どちらかというと人間のあごが進化の過程で短くなり、顎の中の歯同士の間隔が狭くなったために、形成されるときにくっついてしまったと考える説が有力とされています。
癒合歯は、その癒合した部分の溝が深い場合には、そこから虫歯になることが多いので、虫歯予防の処置をしておく必要がありますが、それ以外に大きな問題は起こらないので、乳歯の歯並びの時期には特に気にする必要はありません。
しかしながら、永久歯に生え変わるときには注意が必要です。それは、癒合歯の後に萌出する永久歯が2本ある場合と1本しかない場合があるからです。2本で1本になった癒合歯の幅は大体1.5本分程度なので、永久歯が2本ある場合は、歯の数はそろうものの萌出するスペースが足りなくなって並びが凸凹になったり、1本しかない場合はスムースに萌出してくるものの逆に場所が余って歯と歯の間に隙間が生じたりすることがあるからです。ただし矯正治療が望ましいこともあれば、そのままで問題ないこともあります。これは永久歯の大きさがどのくらいかによって状況が変わってくるからです。
したがって7歳から10歳くらい、前歯と犬歯が永久歯に交換する頃まで様子をみて、歯並び咬み合わせに問題があるかどうかを確認してから先のことを考えるようにしましょう。

Comments:0

Comment Form
Remember personal info

Trackbacks:0

Trackback URL for this entry
http://kurumestyle.com/wp/wp-trackback.php?p=2030
Listed below are links to weblogs that reference
歯は健康のバロメーター vol.39 from くるめ-コラム

Home > 歯は健康のバロメーター > 歯は健康のバロメーター vol.39

Search
Feeds
Meta

Return to page top