Home > くるめ食素材探検 > くるめ食素材探検 vol.81

くるめ食素材探検 vol.81

世界で一番つくられる野菜です。
品種は8,000種、日本でも120種ほど。 「トマト」編
文/靏久 格(産直や 蔵肆)
tomato202007.jpg
トマトの旬、ってのは結構むずかしくて、いまどき年中出回っておりますし春先や秋口の気候が落ち着いたころのトマトも美味しいのですが、季語でも夏ですし、やはり露地ものが出回り出すこの時期かな、と思いましてご紹介です。

トマトの原産地はメキシコ。ここからスペイン人が持ち帰りヨーロッパ経由で江戸時代に入ってきたのが最初の記録です。おもしろいもんで、だいたいどこの国でもトマトは体をひやす、と言われております。最初に食べた奴は変人扱いなのも共通なのは面白いですな。当時は観賞用だったのが、食文化の西洋化に伴いトマトソースが先に普及、徐々に日本人になじみました。とはいえ、生で食べだしたのは冷蔵庫や流通が発達しだす昭和に入ってのこと。

トマトは動脈硬化の予防が期待できるルチンとビタミンCを多く含み、抗酸化作用はβカロテンに比べて二倍と言われるリコピンも豊富です。柿と同じく「トマトが赤くなった家には胃病なし」「トマトが赤くなると、医者が青くなる」ということわざにも納得ですね。

スペインでは季節の終わりに安くなったトマトを買い込み、一年分のトマトソースを数日かけて家庭でつくるんだそうです。日本の味噌や醤油みたいなもんでしょうか。スペインとトマト、といえば「トマティーナ」というお祭り。町中でトマトを投げあうんだそうですが、一説によると野菜売りのスタンド前での喧嘩でトマトを投げ合った、とか、政治に不満をもつものが議員に向かってトマトを投げつけた、だとか。食べ物を粗末にしちゃいけません!と怒られたもんでどうも抵抗があるんですが、そういえば日本も節分に豆をなげますな。

Comments:0

Comment Form
Remember personal info

Trackbacks:0

Trackback URL for this entry
https://kurumestyle.com/wp/wp-trackback.php?p=2027
Listed below are links to weblogs that reference
くるめ食素材探検 vol.81 from くるめ-コラム

Home > くるめ食素材探検 > くるめ食素材探検 vol.81

Search
Feeds
Meta

Return to page top