Home > ちょっと知りたい!暮らしのご相談 > ちょっと知りたい!暮らしのご相談 その2

ちょっと知りたい!暮らしのご相談 その2

つつじ司法書士法人

相続をめぐる紛争を防止するなどの観点から、法務局において自筆証書による遺言書を保管する制度が令和2年7月10日から開始されます。遺言書の保管の申請は、遺言者の住所地等の遺言書保管所(法務局)に、遺言者が自ら出頭して行う必要があります。保管申請手数料は、遺言書1件につき3,900円です。

遺言書は、遺言書保管所において保管されるとともに、その画像情報が記録され管理されます。遺言者は、いつでも保管の申請を撤回することができますし、遺言書の閲覧をすることもできます。遺言者の生存中は、遺言者以外の方は、遺言書の閲覧等を行うことはできませんが、遺言者の死亡後には、相続人等は、遺言書情報証明書の交付請求、遺言書の閲覧をすることができます。遺言書の紛失、未発見、偽造、変造、隠匿といったリスクを避けるための対策として、法務局における遺言書の保管制度をご検討なさってみてはいかがでしょうか。

Comments:0

Comment Form
Remember personal info

Trackbacks:0

Trackback URL for this entry
http://kurumestyle.com/wp/wp-trackback.php?p=2006
Listed below are links to weblogs that reference
ちょっと知りたい!暮らしのご相談 その2 from くるめ-コラム

Home > ちょっと知りたい!暮らしのご相談 > ちょっと知りたい!暮らしのご相談 その2

Search
Feeds
Meta

Return to page top