Home > 久留米文学散歩 > 久留米文学散歩 vol.89

久留米文学散歩 vol.89

田中吉政公 お慕い申しあげそうろうゆえ 第三回

近江八幡の久兵衛町 文/江崎久美子

吉政は、豊臣秀吉の甥で養子となった豊臣秀次の筆頭家老でした。吉政は、近江八幡城主だった秀次に代わって城下の采配をしました。秀次は、京都の聚楽第に居るか、出陣しているか、記録では二度ほどしか近江八幡城には在城していません。

近江八幡城下は、柳川とよく似た佇まいで、どちらも吉政が造った清々しい町並みです。田中家屋敷跡辺りの大杉町は、吉政が、よく町民と気さくに話したことから、吉政と名乗る前の名前を親しみを込めて久兵衛町と呼んでいたそうです。

秀次は秀吉との確執で高野山で切腹して、近江八幡城と聚楽第は一気に破却されます。 最近では「御湯殿の上の日記」(宮廷の女官達で綴られた日記)から、秀次の切腹は秀吉からの指図ではなかったとの見解がなされて、大河ドラマでも今までのあらすじとは変わっていたようです。

吉政の、大外記中原師廉に嫁いだ娘が書いた日記にも、おなじような言葉で秀次をあわれに思う心情が綴られています。

それにしても、吉政は事件後に逆に領地が増えたことで、吉政が陰謀に関わっていたとか、なぜ殉死しなかったか、キャリアハイだの、物語の多くは悪人として扱う結果を招いてしまっています。大御所のライターさんでさえも、歴史の時系列を詳しく追っていないため、安易な答えを導き出したのだと思います。

重要なのは、近江八幡での筆頭家老は、秀次の直属の家老ではなく、秀吉からの付けられた家老。高野山での事件の時の吉政は、岡崎城主に移動していたので秀次宿老から外れていた。それでも、時々秀次に諫言(厳しく言い聞かせていた)していたのですから、吉政の辛い心情は計り知れません。秀吉の命令で動いていたので、秀吉が吉政の責任を問うことはなかったし、秀次亡き後の領地の采配をしてもらわなければ困る存在でした。その結果、領地が増えることになったのです。

Comments:0

Comment Form
Remember personal info

Trackbacks:0

Trackback URL for this entry
http://kurumestyle.com/wp/wp-trackback.php?p=1995
Listed below are links to weblogs that reference
久留米文学散歩 vol.89 from くるめ-コラム

Home > 久留米文学散歩 > 久留米文学散歩 vol.89

Search
Feeds
Meta

Return to page top