Home > 久留米文学散歩 > 久留米文学散歩 vol.88

久留米文学散歩 vol.88

田中吉政公 お慕い申しあげそうろうゆえ 第二回

豊臣秀吉は公家になりたかった 文/江崎久美子

田中吉政が寄進した梵鐘や鳥居には、公家としての姓、橘朝臣と記されています。また、吉政の娘が、大外記中原師廉に嫁いでいることでも本姓は公家であったと考えます。

娘の嫁ぎ先の中原家は、太政官外記局の首席大外記を歴代務めます。太政官の実務を担当し、中世には、文書の確認、作成……簡単に言えば書記官、日記を家業とした家だったのです。

その中原氏は、豊臣秀吉や、秀次の関白宣下(天皇から位を頂く)の際には、書状を書き示し式典を取り仕切りました。娘が嫁いだ頃の吉政は、今までの資料では何の官職も持たなかったとされてきましたが、娘の位を上げるために公家に養女に出した形跡もないのです。婚姻で、それぞれの家の位を揃えることは普通に決められていました。ちなみに、師廉の前正室が亡くなったので、再婚相手に娘が選ばれたようです。それも、結構な年の差婚のようですよ。

そしてその中原氏が亡くなり、嫡男が職を告げるまでの約二年間、歴史的には珍しく、娘が代行して日記を書いています。その日記の一説に、秀吉の居る城に呼び出され、寧々のお傍に付いてくれないかと言われたとあり、吉政の娘は、息子の教育に忙しいので無理ですと断ったと書いてあります。私はとても驚きました。秀吉に無理って言ったの?

こんなことは、父の吉政と秀吉が親しくなければ言えないことですよね。

秀吉は、公家としての位を持たなかったので、まずは元関白近衛前久の養子になって、やっと官位を得ることができました。これは朝廷の事情に明るかった吉政と中原氏を介して行われたのかもしれないと考えると、彼の今までの出生の謎が紐解かれて行く気がしますね。

吉政のプロフィールは、今まで言われてきたような、百姓から身を起こしたり、名も知れぬ武将ではなかったということがわかります。そろそろ、このような俗説は、打ち消してもよい頃だと思います。

Comments:0

Comment Form
Remember personal info

Trackbacks:0

Trackback URL for this entry
http://kurumestyle.com/wp/wp-trackback.php?p=1990
Listed below are links to weblogs that reference
久留米文学散歩 vol.88 from くるめ-コラム

Home > 久留米文学散歩 > 久留米文学散歩 vol.88

Search
Feeds
Meta

Return to page top