Home > 落語スズメ > 新・落語スズメvol.19

新・落語スズメvol.19

『BとK』

文/松田 一成

コロナですよ。軒並み中止、延期の報が続いてますが、くるめすたいるさん主催3月7日『立川生志独演会』石橋文化センター小ホールも延期となりました。こういった時、本当に弱い。いかに娯楽や芸能、もっと平たく言えば文化が、世の中の余裕で生かされているかを気付かされます。8年ぶり2度目。先日の落語会、空き時間があったので噺家さんからタバコの吸える喫茶店とのリクエスト。昭和から続く洒落た雰囲気をいたく気に入られ思わず長居。久留米は残ってます。2、3軒思い当たるそんな店の話をしていたら、じゃあ、夜の部もということに。あけぼのアーケードから脇に入って鮨屋の先、ちょっと降りるような感じでそのバーに入った。今でも緊張する佇まい。初めて連れて行ってもらった時は、すっかり時間の止まっているような空間に、久留米で飲んでいることを忘れたことを思い出した。50年以上変わらない内装は、壁一面に飾られた様々なウイスキーボトル。長めのカウンターと、恐ろしく座り心地のいいソファーのある中2階の構成は、その当時一番流行っていた店を参考に作ってもらったと伺った。師匠も一瞬で気に入ったようで、バーにまつわる飛び切りの話(御出演、古今亭志ん朝師匠)をして下さった。貸し切りの状態で結構グラスを重ねたように思う。唐突に「帰っていいから。」と言われ、『まさかのママ狙い』と下らない想像を笑いながら先に店を出た。ロマンチストな師匠は店の時間と空間を独占したかったのだろう。「久留米はいいね。ありがとう。」別れ際に言われた言葉がとても嬉しかった。

Comments:0

Comment Form
Remember personal info

Trackbacks:0

Trackback URL for this entry
http://kurumestyle.com/wp/wp-trackback.php?p=1972
Listed below are links to weblogs that reference
新・落語スズメvol.19 from くるめ-コラム

Home > 落語スズメ > 新・落語スズメvol.19

Search
Feeds
Meta

Return to page top