Home > 落語スズメ > 新・落語スズメvol.18

新・落語スズメvol.18

『落語暦(らくごよみ)』

文/松田 一成

宮原勝彦さん、アタシが最初に落語会を開くのに相談した、師匠のような存在の人だ。お名前を知ったのは、もう20年以上前だったと思う。落語好きが高じて、自宅を寄席にした人が居ると聞いた。狭い街なのですぐに辿りついたのだが、行ってびっくり、応接間あたりを畳敷きにした、20人くらいの寄席かと思ったら、ステージ付きの100人も入る立派なホールが玄関脇に建っていた。ホールの名前を『狸ばやし(今年から『たぬきばやし』に改名)』。落語趣味もここに極まれり。金持ちの道楽でも何でもない、いたって真っすぐな落語道を進んでいると、こんなホールが建ってしまったと、さも当たり前のように聞いたように思う。なんなら、あなたも、みたいな雰囲気があった。(だから最初の会を開くときに相談したのだが)その宮原さん、元サラリーマン、西日本新聞の記者をされていたが、4年前に退職され、昨年秋に本を出版されたという。もちろん落語の本。落語暦(らくごよみ)一年366日(閏年もおまけで入ってます)を落語で遊ぶ本と前書きに記してある。1月1日の『御慶』に始まり、12月31日の『芝浜』まで、今日は何の日?形式から、それにまつわる(こじつけた(笑))落語、俳句やうんちく、同僚下川光二氏に書かせたというイラストも秀逸な楽しい本だ。「書き上げるのに3年かかった」と宮原さんの力作には、友人だった直木賞作家『葉室麟』さんが以前寄稿された『狸ばやし騒動記』も収められている。(宮原さんの人なりは、さすが直木賞作家、涙なくしては読めない文章です)アタシの同僚もはまっているその『落語暦』、集広舎より出版、現在、近郊書店に絶賛平積み中とのこと。是非お手もとに。

Comments:0

Comment Form
Remember personal info

Trackbacks:0

Trackback URL for this entry
http://kurumestyle.com/wp/wp-trackback.php?p=1958
Listed below are links to weblogs that reference
新・落語スズメvol.18 from くるめ-コラム

Home > 落語スズメ > 新・落語スズメvol.18

Search
Feeds
Meta

Return to page top