Home > 一枚の写真 > コーヒー産地を訪ねて…一枚の写真 vol.128

コーヒー産地を訪ねて…一枚の写真 vol.128

“2008年 ブラジル

ミナス・ジェライス クリスティーナ村”

写真と文 安達  和宏
adachi202001.jpg
ブラジルの買い付けは世界一のコーヒー産地という肩書き抜きにして、他の産地以上に思いが入ってしまいます。中でも2002年ブラジルCOEで見事一位になった、アグアリンパ農園の訪問は一際印象に残りました。サンパウロから北東300km程にある湧水で有名なサンローレンソの街へ、そこから車で10分いつも買い付けするカルモデミナスへ、そこからまた10分ほどでクリスティーナ村に入ります。農園主のジョゼ・カルロスさんは柔和に話し始め、乾燥の様子や小屋に保管しているこの年収穫のパーチメント(乾燥させまだ殻が付いたままの生豆)を見せてくれました。その光景と何より広がる空の青さが私の心を鷲掴みにしました。このところご無沙汰してしまったクリスティーナ村、また出向きたいものです。

Comments:0

Comment Form
Remember personal info

Trackbacks:0

Trackback URL for this entry
http://kurumestyle.com/wp/wp-trackback.php?p=1944
Listed below are links to weblogs that reference
コーヒー産地を訪ねて…一枚の写真 vol.128 from くるめ-コラム

Home > 一枚の写真 > コーヒー産地を訪ねて…一枚の写真 vol.128

Search
Feeds
Meta

Return to page top