Home > 久留米文学散歩 > 久留米文学散歩 vol.85

久留米文学散歩 vol.85

怪火⑪

文/増原 達也

この時代「木炭自動車」が主力だったのです。母方も「農地改革」(自動農創設特別措置法)で小作に出していたものが、この法律で前にも書いたとおり所有地(田圃)の四分の三を失った上に祖父の死で金銭的にも可成り苦しかった様です。その為か人に勧められて「木炭車」目当ての「炭焼き」すなわち「木炭製造」を創ったのです。併し男手がない為、当時戦地から帰ってこられた人を近所の人の紹介で雇っていた様です。最初の内は良かったのですが、長く続くと、まもなく、その人達(二人)に入金(集金)のあった現金を「ゴッソリ」持って行かれたとかで、これも長くは続かなかった様です。外にも二〜三、それと同じ様な事があり、相当経済的には苦境に入っていたと云われています。それでも戦争中から戦後に掛けて実家を頼ってきた方の(すなわち帰省していた)人数は10人以上に登った程だったのです。それも女と子供ばかりです。私達家族三人もそうですが、そんな時だったと想いますが。祖母が、「どんな事があっても、女が中心になって家を守らねば・・・・・・・」と帰省して来た人達に云ったとか、後日耳にした事があります。それにもう一ツは戦争に負けて、進駐軍が入って来ると同時に世の中が大きく変化すると噂が流れ、日本の婦女子が、どの様に扱われるか判らない時期でもあったのです。「時代が変わっても女のすることは一ツ家族を食べさせる事」と云ったとか。昭和20年の末頃から「ヤミ物資」が動くようになり、これを取締まる為に武装警官が列車等に乗り込んで来て「ヤミ米」等を列車内でも次々に摘発したのも当時の事です。社会主義経済「片山哲社会党首」(昭和22年6月1日)が首相に就いたこともあって物資の統制は一層激しくなった様です。それに米の配給に最初は一人一日当たり二合五勺だったのが日を追うと米はなくなり、代わりに「ジャガイモ」とか、「キザラ」の砂糖が米の代わりに配給になっていました。

Comments:0

Comment Form
Remember personal info

Trackbacks:0

Trackback URL for this entry
http://kurumestyle.com/wp/wp-trackback.php?p=1942
Listed below are links to weblogs that reference
久留米文学散歩 vol.85 from くるめ-コラム

Home > 久留米文学散歩 > 久留米文学散歩 vol.85

Search
Feeds
Meta

Return to page top