Home > 久留米文学散歩 > 久留米文学散歩 vol.84

久留米文学散歩 vol.84

怪火⑩
文/増原 達也

そのトタンは幅三尺、長さ六尺位で、四方の下を支えているのも松で高さ20センチ程に切ってあり四隅にこれを敷き、その中央で、これも松だったと教えられていますが、燃やしていたのです。そして数行前にも書きましたごとく骨片が見分けがつく様になると、その部分の骨と土を一緒に今度は墓穴に入れると云うより撒いた様に記憶しています。記憶しているのはその辺迄で、その時、どの程度の作業中で私が帰ったかも、すでに記憶にはなくなっています。何でも二〜三日の作業だったと思いますが、その間若院家は、その側で、ずーっと佛教の衣姿でお経を唱えておられました。その御寺は母方では先祖からのもので、それ迄は彼の実父が佛事ごとには出掛けておられたとか、耳にした事がありました。そう、彼が復員してからは檀家廻りは、殆ど彼の仕事になっていた様です。忘れる処でしたが、彼は佛教大学から海軍に入った際は、私の祖父の処に挨拶に来たとか、耳にした事がありました。そして祖父が「坊主が刈り出されるようでは、日本も危ないのかもしれぬ・・・」と云っていたとか、祖母から聞いたことがあります。それでも人が少なくなっていたのか、終戦迄の間に一度祖父は村長にも就いていた様です。今から思えば現在のように選挙ではなかった時代なので、中央からの「官選」だった様です。人の運とは解らぬもので、短い期間でも戦時中、「長」に就いていた為、戦後直ぐに「公職追放」になった上、第一次の「農地改革」で小作に出していた田圃は四分の三を失っています。その時の祖父の落ち込みは酷いものであったと後で耳にしました。この時、何故か山林だけは占領軍は手を付けていません。只祖父の家は田圃は多く所有していた様ですが、山は多くは所有していませんでした。それに所有している山は、ほとんどが雑木林だった様です。戦後暫くして「バス」、「タクシー」等に「木炭車」時代が来た時は、この雑木林が役に立ちバス会社やトラック会社に「木炭」を造って出していた様です。併しこれも昭和27年〜29年頃迄だった様です。併しこの時、祖父はすでに亡くなっていました。

Comments:0

Comment Form
Remember personal info

Trackbacks:0

Trackback URL for this entry
http://kurumestyle.com/wp/wp-trackback.php?p=1935
Listed below are links to weblogs that reference
久留米文学散歩 vol.84 from くるめ-コラム

Home > 久留米文学散歩 > 久留米文学散歩 vol.84

Search
Feeds
Meta

Return to page top