Home > 久留米文学散歩 > 久留米文学散歩 vol.83

久留米文学散歩 vol.83

怪火⑨
文/増原 達也

もう50年以上も前のことですが、母方の墓地を、祖母が生きている内に「寄せ墓」にしようと云う事になり、私も呼び出され手伝わされました。その日は大変寒い日で、私は出て行くのが億劫だったのですが、金銭的に可成りな支援を当時受けていましたので、寒空を押して出掛けたのです。その墓地は実家の裏山の頂上に近い、草むらと竹薮を通った処に存ったのです。私が着いた時には作業は可成り進んでおり、墓地の中央には大きな穴が掘ってあり、その側で若院家が穴に向かって経を誦えている処でした。その大きな穴の中に墓石が既に多数入れられており、今度は墓石のない土の盛り上がった処に隠坊さんが長さ1米、直経1センチ程の鉄棒を押し込んでいる処でした。そしてどの様な手応えがあるのか、私に「坊ちゃん、ここを掘って下さい。手荒にすると瓶が崩れますから、回りから静かに」と注意をされた事だけは記憶しています。もう50年以上も前の事ですので、細かい事は忘れましたが、土の中から瓶が出て来て、その中にきれいな水が半分程有り、それに長い髪毛が多数浮いているのを記憶しています。「これが人間です。瓶だから遺ったのですが、木材ではそうはいきません。」と云った風な事を私に教えてくれました。その瓶の中には髪毛と一緒に昔の裁縫道具の様な物が底に沈澱して出て来ました。木で作った棺桶等では土の色が若干変わっている位で素人の私には、そこに人間が埋葬されているなど全然判りません。併し、陰坊さんと云われる人は、その位置の土を別に用意してあるトタンの上で炒るのです。そしてその土の中から骨らしい物を彼等は見い出すのです。素人の私には全然判りませんが、その土と骨とを一緒に大きな穴の中に入れるのですが、撒き入れると云った方が良いかも知れません。そのトタンですが、現在市販されている物と同じだった様に記憶しています。

Comments:0

Comment Form
Remember personal info

Trackbacks:0

Trackback URL for this entry
http://kurumestyle.com/wp/wp-trackback.php?p=1927
Listed below are links to weblogs that reference
久留米文学散歩 vol.83 from くるめ-コラム

Home > 久留米文学散歩 > 久留米文学散歩 vol.83

Search
Feeds
Meta

Return to page top