Home > 落語スズメ > 新・落語スズメvol.15

新・落語スズメvol.15

『高座のはなし』
文/松田 一成

お手伝いさせて頂いている落語会、30人も入れば満杯の会場だが、開演前にお客様から、高座が高すぎるのではないかと質問があった。実際、前列のお客様から高座を見ると見上げる形になり、なかなか首が疲れそうな高さだ。高いから高座?ビールケース3段ほど、測ってみると1メートルちょっと、確かに顔は上を向くことになる。なぜこの高さなの?『高座』、語源は寺院、説教所で説教師が着く「講座」にあり、聴衆のいる平座より高く設けられたところから「高座」と書くようになりました~上野鈴本演芸場のホームページより~平たく言えば、上から目線での説教が始まりかと(お坊さんごめんなさい。お寺で使う本物の高座を見せて頂いたが座るというより、登るという表現がぴったり。)合点するにはもう一つの理由の方が合理的。落語を生でご覧になられた方は思い当たるところがあろうかと。落語を語る第一は表情だが、それと同じくらい仕草が噺を伝える。特に手の仕草は登場人物を描きわけるのに重要だと、それこそ初めて高座を設えたときに師匠から教わった。正座をして、太腿にニギリコブシを置く位置で人物の身分が分かると。なるほど、ニギリコブシが膝頭から遠ければ遠いほど、反り身になって偉そうにみえる。それを伝えるには、最後列のお客様からも膝頭が見えなければなりません。ホールのように見下ろす形であれば、座布団一枚で事足りますが、狭い会場では、すべてのお客様から演者が見えるようにするには、お客様が座った目線の位置と噺家の膝の位置が同じくらいの高さが必要なのです。先のお客様へそうご説明させて頂くと、納得のご様子。後ろの方に陣地を拵えられた。ちなみに最前列、まんまん中あたりの席を(やっぱり首は疲れますが)、符丁で唾被り(つばっかぶり)というそうで。なかなか受難のお席ですが、寄席の特等席だとアタシはおすすめいたします。機会があれば是非。

Comments:0

Comment Form
Remember personal info

Trackbacks:0

Trackback URL for this entry
http://kurumestyle.com/wp/wp-trackback.php?p=1926
Listed below are links to weblogs that reference
新・落語スズメvol.15 from くるめ-コラム

Home > 落語スズメ > 新・落語スズメvol.15

Search
Feeds
Meta

Return to page top